●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

トクボウ 警察庁特殊防犯課 (第13話 最終回・6/26) 感想

日本テレビ系『トクボウ 警察庁特殊防犯課』公式
第13話 最終回『悪の黒幕と最終対決!朝倉怒り“緊縛”執行』の感想。
なお、原作(高橋秀武氏による漫画作品)は未読。


鶴井(吉田鋼太郎)率いるツルイ警備は、警察庁の柏木警視長(宅間孝行)を監禁。柏木を武装集団の首謀者に仕立て上げることで、警察への批判を集める一方で自らの評判を上げ、政界進出を狙う計画だった。そんな中、鶴井は、朝倉(伊原剛志)が元大物議員・大藪(品川徹)の息子と知る。脅威を感じた鶴井は、朝倉に同調しそうな森田(川野直輝)の抹殺を指示。朝倉や美由紀(安達祐実)らは鶴井のもくろみを阻止すべく動きだす。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

話は悪くないけど、演出と編集の緩過ぎる!

もう30分も過ぎちゃったの?思う最終回もあれば、まだ30分しか経っていないのか?と思う作品もある。今回の最終回は正に後者。最終回としては、これまでの大きな謎解きをしつつ、害虫駆除と言う名の縄芸もふんだんに登場し、内容的には悪いと思わない。しかし、演出と編集の緩さだけは頂けない。

一話完結の頃が懐かしい。全13話の構成に失敗か?

引き伸ばしと言えば、やはり本作全13話の構成もおかしかった。第7話あたりから巨悪と父の物語が絡んできてから、それまでの一話完結のスタイルが崩壊し、この最終回までずるずると引き延ばしたのが何より残念。

このような勧善懲悪の、特に一話完結スタイルが面白かったような作品は、悪者の内容だけ上手く工夫すれば、正義の味方が一件落着するのは面白いパターンが出来ていればそれを繰り返すことこそ楽しいのに、折角そのパターンが出来てきた頃に自ら崩壊させるとは、正に自業自得。もったいない…

あとがき

一話完結を貫きつつ、巨悪の話をうまくコーディネートできなかったのでしょうかね。キャラも興味深いし、話自体は楽しいのに、脚本と演出が引き伸ばしをやり過ぎ。ホントは40分間位のタイトな時間枠に合った企画かも知れません。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
トクボウ 警察庁特殊防犯課 DVD-BOX
トクボウ警察庁特殊防犯課 1 (SHUEISYA HOME REMIX)
トクボウ朝倉草平 1 (ジャンプコミックスデラックス)
トクボウ朝倉草平 コミック 1-8巻セット (ジャンプコミックスデラックス)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5738/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/400392065.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トクボウ警察庁特殊防犯課 第13話(最終回)

「悪の黒幕と最終対決!朝倉怒り“緊縛”執行」 内容 朝倉(伊原剛志)により、計画を阻止された鶴井(吉田鋼太郎)は、 新たな計画を実行に移すため、柏木(宅間孝行)を利用しはじめる。 柏木の様子がおかしいコトに気づいた叶(安達祐実)は、尾行をはじめるが、 毒島...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR