●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

花子とアン (第73回・6/23) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』公式
第13週『その恋、忘れられますか?』【第73回】の感想。


思わぬきっかけで、雨の中、英治(鈴木亮平)と熱い抱擁を交わしてしまったはな(吉高由里子)。それを、偶然通りかかった醍醐(高梨臨)が目撃してしまう。翌朝、やたらそわそわしているはなを見て、かよ(黒木華)ははなと英治の間に何かあったのではと感づく。はなが出勤すると、なにやら不機嫌そうな醍醐にランチに呼び出され、いきなりライバル宣言をつきつけられる。そんな中、英治が新雑誌の打合せで聡文堂を訪れ…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

純真無垢なはなも、嫉妬心丸出しの醍醐さんもがんばれ!
今朝は少女漫画風恋バナにうっとり…

する訳がない! とキッパリ言い切りたいところだが、こんなベタな恋バナも朝ドラらしいとは思うし、下で触れるがヒロインの恋バナを悪いとも思わない。それに、あれでも一応はな(吉高由里子)は恋愛初心者で純真無垢って表現には見えたし…

ただ、醍醐(高梨臨)も絵に描いたような恋のライバルで、間に挟まれた英治(鈴木亮平)も悪気は無くて…って、今どきの小学生でも喜ぶかどうかわからぬ稚拙な展開が見え見えの脚本に問題が無い訳では無いが…

うっとりする間もなく、蓮子でブツ切れになるはず!

見え見えなのが問題では無い。問題はこう言う安易な思いつきで書いたような雑なくだりは、これまでもほぼ長続きせず、更にお決まりの蓮子(仲間由紀恵)の話を挿入して、ブツ切れで終わると言うことまで想像がついてしまうことだ。これではいつになっても話が進まない。

他力本願で自分本位のヒロインでこの先何を描くのか?

ただ、こんなベタで幼稚な恋バナでも、ヒロインが中心のエピソードであることには間違いが無い。これと言った特徴も無いヒロインがメインの(この時点で問題だが)数少ないエピソードすら一週間完走できない(と思う)状態では、この先、この他力本願で自分本位のヒロインで、どんな感動を描こうと言うのか全く見えて来ない…

いつになったら題名の「花子」と「アン」が繋がるの?

折角、先週かなり強引ではあるが、はなが長年の夢だった(ことになってた)翻訳を始めたのに、週明けには翻訳の「ほ」の字も消え失せ、村岡印刷の一社員の恋バナになってしまったのが、残念でならない。いつになったらタイトルの「花子」と「アン」が繋がるのだろうか???

あとがき

当時の紳士が帽子を忘れるなんてヘマはしないと思いますし、編集会議のゆるゆる感も納得できませんが、そんな小さなことに注目している一週間ではないと思うんです。

今日の15分を観る限り、今週の見所は、白蓮の歌集を読んで心変わりをするカフェの常連学生・龍一(中島歩)のくだりだと思うんです。だって恋バナに無理矢理挿入してきましたから。ってことは、今週も肝心のヒロインの有名翻訳家への道は一時停止状態になるのが確実ってことです。本作の主人公って誰?????

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 花子とアン Part1 (NHKドラマ・ガイド)
アンを抱きしめて―村岡花子物語
村岡花子: 「赤毛のアン」の翻訳家、女性にエールを送りつづけた評論家 (KAWADE夢ムック 文藝別冊)
連続テレビ小説 花子とアン オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5723/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/400085975.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 中間総括 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「花子とアン」第73回★肉食女子・醍醐(高梨臨)が「はなさん。明日も負けないわよ。」

連続テレビ小説「花子とアン」 第73回(6月23日) 本日の注目は、 1)なんと言っても村岡(鈴木亮平)とはな(吉高) 2)お邪魔虫の醍醐(高梨臨)。 3)地味に帝大生の宮本龍一(中島歩)と謎の紳士(中原丈雄) −◆− さて本編。 雨の中、はなを抱きしめた村岡(鈴木亮平)。 たまたま通りかかった醍醐(高梨臨)が目撃。 よりによって、この女に目撃されるとは・・・。 ...

花子とアン 第73回

『その恋、忘れられますか?』 内容 雨の中、英治(鈴木亮平)と熱い抱擁を交わしたはな(吉高由里子) 翌朝、かよ(黒木華)に話を聞かれるが、はなの心は高揚したまま。。。 そんななか、出勤したはなは、醍醐(高梨臨)から話があると言われる。 何か様子がオカシイ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR