●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

花子とアン (第70回・6/19) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』公式
第12週『銀座のカフェーで会いましょう』【第70回】の感想。


聡文堂で働くはな(吉高由里子)に、福岡の蓮子(仲間由紀恵)から電話がかかって来た。娘の結婚式で東京に出てくる蓮子と再会する約束をし、喜びでいっぱいになるはな。それは蓮子も同じで、ご機嫌の余り記者・黒沢(木村彰吾)に大量のネクタイを贈ろうとするが、黒沢に断られる。再会の日、いつもよりおめかししたはなが、6時の約束に間に合うよう会社を出ようとした時、突然、宇田川(山田真歩)がやって来て…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

また、「蓮子一代記」が始まっちゃった!?

冒頭から(敢えて言う)うんざり気味に取って付けたような“蓮子パート”で始まった第70話。それも朝から気持ちが悪くなるほど二人とも妙にハイテンションで再会を約束した。まあ、劇中の世界ではそれはそれで成立している感情の高ぶりなのはわかるから、その辺は好みの問題としておこう。

しかし、問題はその後処理だ。再会まであと10分と言う直前まで、はな(吉高由里子)は編集者としての仕事と童話の翻訳をしただけで、蓮子(仲間由紀恵)との再会に胸をおどらせるカットは一切無し。

アポ無し再会で、とっとと話を進めようよ!

こんな調子で、折角動き出した「はなの物語」を中断してまで蓮子を登場させるのなら、いっそのことアポ無しで蓮子が「向学館」に乗り込んでサプライズ再会して、その足でカフェで一悶着始めれば、はなも物理的に関わるからマシになるのに、結局終わってみれば、カフェでドスを利かせた蓮子の顔しか印象に残っていない。

それにまさか、今日の15分間で、はなと蓮子が再開せず明日に持ち越すとは思わなかった。これでまた「はなの物語」が一時停止。と言っても、今週は「はなの恋物語」が主軸だろうから、翻訳&童話のくだりはどっちにせよ次週以降になるはず。

だからこそ、どんなシーンでもはなを登場させないと、また存在感が薄くなってしまうのに…

英語好きで洋書を読むと創作意欲が湧くカットは必修!

ただ、今日の唯一の収穫は、どうやら私の祈りが作者に通じたのか、「英語が好きで、解らない単語はすぐに辞書で調べて笑顔になり、英語の本を読むと創作意欲が湧いてくる」と言うはなの特性は一日1カットは挿入してくれるようだ。これを忘れれたら、また主人公は誰?状態の復活だ。

あとがき

やはり蓮子の存在、いや作者の蓮子の扱いに大きな疑問を持ちます。今日の話なんて本筋に全く関係ないですから。主人公が蓮子なら、『蓮子、久し振りに東京で吠えるの巻』として面白いですが、主人公は誰なんだってことです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 花子とアン Part1 (NHKドラマ・ガイド)
アンを抱きしめて―村岡花子物語
村岡花子: 「赤毛のアン」の翻訳家、女性にエールを送りつづけた評論家 (KAWADE夢ムック 文藝別冊)
連続テレビ小説 花子とアン オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5709/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/399799189.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 中間総括 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

花子とアン 第70回

内容 突然、蓮子(仲間由紀恵)から電話が入ったはな(吉高由里子) 東京に行くことになったと言う。 10年ぶりの再会。。。。 敬称略 この作者。意地でも蓮子を描きたいようだ。 確かに、オモシロ味はあるんだけど、 本格的に“主人公の物語”が動き出したという...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR