●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

花子とアン (第69回・6/18) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』公式
第12週『銀座のカフェーで会いましょう』【第69回】の感想。


英治(鈴木亮平)と約束し、“人生初のあい引き”にそわそわするはな(吉高由里子)。ところが話を聞いた醍醐(高梨臨)から自分も行っていいかと聞かれ、その勢いにはなはうなずいてしまう。カフェーで醍醐から英治への恋心を打ち明けられ、返答に困るはな。そこへ英治が弟の郁弥(町田啓太)を連れてくる。英治に郁弥を紹介されたはなは、そもそも“あい引き”でなかったことに肩透かしを食らうが、郁弥は一冊の本を取り出し…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

今日の15分間を魅せるための3か月間だったのに…

今日の15分間のようなエピソードこそが、ヒロインの人格設定を視聴者に見せる重要な表現だ。ただ、‘見せる’のでなく恋バナ要素を利用して“魅せる”のも、これまでの本作の仕上りからしたら、決して悪くなく、むしろ幼少期以来の良い部類に入ると思う。出来るならさっさとやれと言いたいところだが、それは諦める…

数々の使い捨てられた挿話に割いた時間が恨めしい…

問題は、今日の15分間を多くの視聴者たちが「そうそう、これがはななんだ。英治たちにもはならしさを見せてやれ」とはなや作者を素直に応援出来ないこと。

理由は簡単、「英語が好きで、解らない単語はすぐに辞書で調べて笑顔になり、英語の本を読むと創作意欲が湧いてくる」と言うはなの特性を、間接的でも良いから、「女学校編」でも「甲府編」でもちょこちょこと挿入するべきだったのに…

そんな素人でも容易に解る連ドラとして重要なことを、本作はほぼ全くやってこなかった。その代りに家族や友人たちのコントのように描かれては捨てられてきたたエピソードに割かれた貴重な時間が、今となっては残念でならない

あとがき

昨日、今日と“ただの都合の良い作り話”がトントン拍子に進みますね。でも決して悪いと思いません。だって、ヒロイン・はなが何をしようとしているのか表現しようとしている訳ですから。ただ残念なのは、あまりにも思いついたように再開したようにしか思えない作風。で、明日はヒロインが乗っ取られるのかな?

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 花子とアン Part1 (NHKドラマ・ガイド)
アンを抱きしめて―村岡花子物語
村岡花子: 「赤毛のアン」の翻訳家、女性にエールを送りつづけた評論家 (KAWADE夢ムック 文藝別冊)
連続テレビ小説 花子とアン オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5705/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/399723432.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 中間総括 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「花子とアン」第69回★お邪魔虫・醍醐と洋書『THE PRINCE AND THE PAUPER/王子と乞食』

連続テレビ小説「花子とアン」 第69回(6月18日) 醍醐「はなさん、今日村岡さんと歓迎会やり直すんですって? 三田さんから聞いたの。私もご一緒してよろしくって?」 でたーーお邪魔虫。 顔が派手な醍醐は「逢い引き」だと知った上で、わざと一緒したいと言ってるんじゃないの!? −◆− 待ち合わせ場所の喫茶ドミンゴに先に着いたはな(吉高由里子)と醍醐(高梨臨)。 テーブル...

連続テレビ小説 花子とアン(69)「銀座のカフェーで会いましょう」

村岡と歓迎会のやり直しをすることになったはな。これはもしかしてあい引きか? と一瞬思ったはなだったが、醍醐も来ることになりさらに村岡の弟郁弥も同席して 期待外れに終わった。 醍醐は村岡のことが好きだ。このことではなとは恋のライバル になるのだがそれは先の話。 村岡の弟郁弥は外国帰りのきざな奴。かよちゃんを ナンパしようとしたが見事に断られた。かよちゃんの態度を見てかよちゃんは大丈夫 ...

花子とアン 第69回

内容 英治(鈴木亮平)から、歓迎会のやり直しを。。。と誘われ、 約束をしたはな(吉高由里子) 初めての逢い引きと。。。はなは、心ここにあらず。 だがそれを聞きつけた醍醐(高梨臨)もついてくることに。 英治を待っていたはなは、醍醐から英治への想いを告白され...

連続テレビ小説 花子とアン(69)「銀座のカフェーで会いましょう」

村岡と歓迎会のやり直しをすることになったはな。これはもしかしてあい引きか?と一瞬思ったはなだったが、醍醐も来ることになりさらに村岡の弟郁弥も同席して期待外れに終わった。 醍醐は村岡のことが好きだ。このことではなとは恋のライバルになるのだがそれは先の話。...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR