●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

花子とアン (第67回・6/16) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』公式
第12週『銀座のカフェーで会いましょう』【第67回】の感想。


再び東京へ出てきたはな(吉高由里子)がかよ(黒木華)の働き先を訪ねると、そこは銀座のモダンなカフェーであった。店内ではかよが女給として働いており、はなはびっくり。演劇論を交わしている帝大生の客・宮本(中島歩)にかよが絡まれるのを見たはなは心配になるが、かよは大丈夫だと言う。翌日、新しい職場・聡文堂に初出勤したはなは、梶原(藤本隆宏)や醍醐(高梨臨)らに迎えられ、早速企画会議に参加するが…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

何と凝縮した冒頭の1分40秒間だったろうか!?

語り「はなは、また、新しい曲がり角を
        曲がろうとしていました。
        夢を叶えるために…」
冒頭から「“また”っていつの曲がり角以来なの?」「曲がり角はお肌で、人生は分かれ道じゃないの?」「夢って出版社への就職?童話作家?童話の出版?なんなの?」と疑問符だらけの語りで始まった第12週。

しかも、アバンタイトル前から「1919年(大正8年)春 東京・銀座」と、今回は語りを使わずスーパーで時間経過表示。前作『ごちそうさん』のめ以子の家で悠太郎が下宿を始めたのが大正11年だから、朝ドラお得意の表面的な大正モダンもどきセットの登場。

かよ(黒木華)とも早々に再開して、ここでやっと主題歌。こうなると妙な文節と息継ぎの歌が長くて気になる。とまあ、このテキパキとした進行、今回の東京編はこれまでにないスタッフのやる気がみなぎっているようなオープニングだった!?だったら始めからやれって話だが…

あくまで、かよは残念な女の子の設定なのか?

かよが女給になった理由を、「綺麗な着物の女給さんたちに憧れてただ」と言ってた。まあ年頃の女の子なら理由の一つとして悪くない。しかし、記憶では洋服店の主人もいい人で住居も洋裁の勉強も面倒をみてくれたはず。結局、姉同様に1か所にじっとしていられない性格ってことで脳内処理して良いのかどうか…

それよりも何よりも気になったのが、かよが姉の英語の辞書を漬物石代わりにしていたことだ。床が濡れているとかならともかく「ちょうどいい重さだったから」は理由として頂けない。作者はどこまでかよを残念な女の子として描けば気が済むのか?

ついに本作の名物か?酒での失態ドタバタコント!

そして、本作2回目のヒロインの酒での失態ドタバタコント。確かに吉高さんの泥酔演技は平常の出来に比べると目を見張るものがあるが、今回の大事な「曲がり角」でもやるかって感じは否めない。

まあ、当時のカフェで扱うウイスキーは一般人では手が出ないような高級輸入スコッチウイスキーでなく、1911年(明治44年)から発売されていた模造ウイスキー・合成ウイスキー「ヘルメスウヰスキー」の類だろうから、語りの「はなにとっては痛い言葉でした」も心に届かぬ程に、はなも安酒で悪酔いしたと言う脳内補完しておくか…

あとがき

相変わらずヒロインが目立ってるようで目立っていないような中途半端な描写が続きますが、それでも単純に香盤表的な意味では、はなの出番が増えているだけマシとは言えます。

と言うことで、いよいよ今日から『花子とアン』の本編スタートです。これまでの66話分は脳内管理しておき、適度に進行に沿って修正しましょう。どうせ作者は過去も勝手に塗り替えますので(困)

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 花子とアン Part1 (NHKドラマ・ガイド)
アンを抱きしめて―村岡花子物語
村岡花子: 「赤毛のアン」の翻訳家、女性にエールを送りつづけた評論家 (KAWADE夢ムック 文藝別冊)
連続テレビ小説 花子とアン オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5696/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/399565585.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 中間総括 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「花子とアン」第67回★はな(吉高)泥酔でトリス状態!?

連続テレビ小説「花子とアン」 第67回(6月16日) はな(吉高由里子)が上京すると、かよ(黒木華)は喫茶ドミンゴで女給をしていました。 (うちのATOKでは「じょきゅう」から「女給」に変換できなかった・・・死語?) はな「洋服店はどうして辞めたでえ?」 かよ「前からカフェーで働きてえと思ってただ。きれいな着物の女給さんたちに憧れてただ。おら製糸工場逃げ出しておかあ...

連続テレビ小説 花子とアン(67)「銀座のカフェーで会いましょう」

久しぶりの花子とアンレビュー。 東京に出てきたはなは、かよちゃんが カフェーで女給として働いたことにビックリ。私もこの展開にビックリだ。 はなははじめてコーヒーを飲んだ。感想は「苦い」そりゃあはじめて飲んだ 人には苦い。かよちゃんの言うとおりだんだんなれてくるものだ。 そのかよちゃんだが、社会主義を口にする演劇の学生や色んな人物が出入りする このカフェー。かよちゃんは大丈夫と言って...

連続テレビ小説 花子とアン(67)「銀座のカフェーで会いましょう」

久しぶりの花子とアンレビュー。 東京に出てきたはなは、かよちゃんがカフェーで女給として働いたことにビックリ。私もこの展開にビックリだ。はなははじめてコーヒーを飲んだ。感想は「苦い」そりゃあはじめて飲んだ人には苦い。かよちゃんの言うとおりだんだんなれてく...

花子とアン 第67回

『銀座のカフェーで会いましょう』 内容 夢をかなえるため、東京へ出てきたはな(吉高由里子) 早速、かよ(黒木華)の働く場所へ向かうと。。。 そして梶原(藤本隆宏)の会社へと初出勤。 敬称略 時間も経過するし、シチュエーションも変わる。 だから、仕方な...

NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第67回 感想

再び東京へ出てきたはな(吉高由里子)がかよ(黒木華)の働き先を訪ねると、 そこは銀座のモダンなカフェーであった。 店内ではかよが女給として働いており、はなはびっくり。 演劇論を交わしている帝大生の客・宮本(中島歩)にかよが絡まれるのを見た はなは心配になるが、かよは大丈夫だと言う。 翌日、新しい職場・聡文堂に初出勤したはなは、梶原(藤本隆宏)や醍醐(高梨臨) らに迎えられ、早...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR