●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

花子とアン (第66回・6/14) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』公式
第11週『グッバイ!はな先生』【第66回】の感想。


初雪の降る日、周造(石橋蓮司)は静かに息を引き取った。数日後、吉平(伊原剛志)は位はいの前で「行商をやめて百姓になる」と宣言し、ふじ(室井滋)を喜ばせるのだった。小学校に戻ったはな(吉高由里子)は、周造に言われた「見つけた夢を夢中で追いかけろ」という言葉を思い返していた。東京の出版社で働くことを諦めきれないはなは、朝市(窪田正孝)に相談しようと、教会の図書室に呼び出す。話を聞いた朝市は…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

やっと“甲州編”が終了…

いきなりはなが“夢”を語ったが、どういう経過で何が夢になったのかが描かれてこなかったから、全く感情移入できない。学校の生徒や同僚たちが熱く見送ったが、その交流もほぼ描かれてこなかったから、ここも感情移入できない。

そして注目のはなの旅立ちシーン。やはり本作定番の…と言いたいところだが、なんと今回ははな一人。先生も生徒も居なけりゃ、おとうもおかあも朝市もいない。いくらなんでもヒロインの旅立ちシーンにしては寂し過ぎると、ここだけ妙に感情移入。それにしても、別れのシーンの描写はいつもおかしいような…

あとがき

それにしても“甲州編”って何だったんでしょうね。はなに何か変化が起きたのかどうか。来週以降は、是非ヒロインをキッチリ描いて欲しいものです…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 花子とアン Part1 (NHKドラマ・ガイド)
アンを抱きしめて―村岡花子物語
村岡花子: 「赤毛のアン」の翻訳家、女性にエールを送りつづけた評論家 (KAWADE夢ムック 文藝別冊)
連続テレビ小説 花子とアン オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5685/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/399423455.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 中間総括 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「花子とアン」第66回★はな(吉高由里子)が故郷に別れを…

連続テレビ小説「花子とアン」 第66回(6月14日) 吉平(伊原剛志)が仏前で「おじぃやん。俺行商をやめて百姓をやる事にしたです。これっからはふじと力を合わしてこぴっと精進します。」 これではな(吉高由里子)の「東京行き」に向けてのお膳立てが 分かりやすく整いました。 父が倒れたり母が失踪したり地震が来たりで、どうしても東京に行けなかったユイ(橋本愛)ちゃんとは大違い。(...

花子とアン 第66回

内容 祖父・周造が亡くなり、吉平(伊原剛志)は行商を辞め、 ふじ(室井滋)と暮らすことを決意する。 そんななか、はな(吉高由里子)が。。。 敬称略 故郷に戻ってきたのは、 大好きなオジイのためでも無ければ 教師という職のためでも無く 朝市のためでも無い...

NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第66回 感想

初雪の降る日、周造(石橋蓮司)は静かに息を引き取った。 数日後、吉平(伊原剛志)は位はいの前で「行商をやめて百姓になる」と宣言し、 ふじ(室井滋)を喜ばせるのだった。 小学校に戻ったはな(吉高由里子)は、周造に言われた「見つけた夢を夢中で追いかけろ」 という言葉を思い返していた。 東京の出版社で働くことを諦めきれないはなは、朝市(窪田正孝)に相談しようと、教会の 図書室に呼び...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR