●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

花子とアン (第62回・6/10) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』公式
第11週『グッバイ!はな先生』【第62回】の感想。


はな(吉高由里子)がリン(松本明子)に連れられ家に駆けつけると、ふじ(室井滋)が見知らぬ女・サダ(霧島れいか)と対じしていた。サダは、かつて木賃宿で吉平(伊原剛志)と夫婦のように暮らし、一緒になると約束したから迎えに来た、と話す。ふじは「うちの人に限ってそんなことはあるはずない」と反論するが、サダは決定的な“証拠”を指し示す。周造(石橋蓮司)はじめ一同が絶句する中、吉平が帰って来る…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

大胆予想!サダは周造を倒すためにやって来た!?

今回の15分に語る言葉が無いのは、当blogの常連さまなら共感して下さるはず。そこで今日は、敢えて最大限に作者の意図を汲み取って、なぜサダ(霧島れいか)と言う女が登場したのか?と言う全く意味の無い予想をしてみた。

やはり、キーワードは『グッバイ!はな先生』だ。となると重要なのははな(吉高由里子)が教師を辞める理由。それは、はなの童話作家の才能を安東家全員が再認識し、東京へ行けと言うしかない。では、このゆるゆるの安東家で誰がそれを仕切るのか?

当然、今残る安東家の唯一の良心は、今日の激怒した周造(石橋蓮司)しかいない。そこで、こう考えてみた。周造が怒りで血圧が上がり倒れてしまうのだ。

その病床の周造で、はなか吉平(伊原剛志)のどちらかが、はなの最新作を読み聞かせたらあら不思議。あれよあれよと回復。周造がはなの才能を見つけ家族を説得。これで無事に次週へ繋がるはずだが、はなが教師を辞めるアリバイづくりだけってことになる… ※ハズレることを祈る…

「わたくし、作者に強制執行入ります」

上記の予想が当たろうがハズレようが、今日の15分間が本線からずれているのには変わりはない。なぜ、本作はヒロインの成長を、いやもはや成長しなくて良いからヒロインを描かず、脇役を、それも新たに増やしてまで脇役を描くのか?

折角、土曜日(第60回)の放送で、強引にも拘らず“はなパート”(パートであってはいけないのだが)が動き出すと思ったばかりなのに。吉平役を演じる伊原さんが主演しているドラマ『トクボウ 警察庁特殊防犯課』の主人公・朝倉の言葉を借りれば、「わたくし、作者に強制執行入ります」と言いたい。

あとがき

今回も、いつもの吉平の得意技“速攻土下座”で解決するかと思いきや引っ張りましたね。やはり私の意味の無い予想が的中するかも(苦笑)

それにしても、現在まで全62話を観て、これまでのはなの人生で記憶に残るのは、幼少期の明るさと健気さと想像の翼、そして女学校時代の腹心の友との出会いだけ。この状態でヒロインと呼ぶのは厳しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 花子とアン Part1 (NHKドラマ・ガイド)
アンを抱きしめて―村岡花子物語
村岡花子: 「赤毛のアン」の翻訳家、女性にエールを送りつづけた評論家 (KAWADE夢ムック 文藝別冊)
連続テレビ小説 花子とアン オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5668/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/399120015.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 中間総括 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「「花子とアン」第62回★修羅場:ふじ(室井滋)が強烈ビンタ

連続テレビ小説「花子とアン」 第62回(6月10日) ふじ(室井滋)と謎の女・サダ(霧島れいか)が対面して空気が凍り付いている安藤家。 サダって名前からして「阿部定」を連想しちゃう。 はなが 妙な色気を漂わす女に茶を出すと「お母さんと違って気が利くのね。はなさん。」 はな「何で私の名前をご存知なんですか?」 サダ「吉平さんがいつも自慢してたんですよ。娘のはなは東京の女...

NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第62回 感想

はな(吉高由里子)がリン(松本明子)に連れられ家に駆けつけると、ふじ(室井滋)が 見知らぬ女・サダ(霧島れいか)と対じしていた。 サダは、かつて木賃宿で吉平(伊原剛志)と夫婦のように暮らし、一緒になると約束 したから迎えに来た、と話す。 ふじは「うちの人に限ってそんなことはあるはずない」と反論するが、サダは決定的な “証拠”を指し示す。 周造(石橋蓮司)はじめ一同が絶句する中...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR