極悪がんぼ (第9話・6/9) 感想

フジテレビ系『極悪がんぼ』公式
第9話『今夜号泣幼き兄妹へ愛の抱擁』の感想。
なお、原作漫画(田島隆/原作・東風孝広/作画)は未読。


小清水(小林薫)の監査結果報告があり、抜道(板尾創路)以外全員が注意を受けた。自ら仕事を探すよう言われた薫(尾野真千子)は、借金まみれの天枝(六角慎司)に目を付ける。天枝は寺の住職・史郎(片岡鶴太郎)の一人息子だが、寺を継ぐのが嫌で家出していた。薫は寺の経営への参画をたくらむが、厳格な史郎にはつけいる隙がなく、抜道の協力を得ることに。一方、小清水から東京行きを命じられた金子(三浦友和)が動きだす。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

まだ、サブタイトルさえ違っていれば…

主役が尾野真千子さんだから、シリーズに1話くらいは今回のようなど真ん中のお涙頂戴を描きたいのは理解できる。しかし、如何せん『今夜号泣幼き兄妹へ愛の抱擁』と言うサブタイトルが安直で狙い過ぎ。まるで朝ドラのサブタイトル並みの思慮の無さ。そこさえもう一工夫したら、もっと素直に泣けたろうに…

でも、観たいのはこう言う“人情話”じゃない!

尾野真千子主演ドラマとしての仕上りは悪くないと思う。でも、私が本作で観たい物語や尾野さんが演じる主人公・神崎薫の活躍は、こう言う“人情話”でない。あくまで主題歌『喧嘩上等』がピッタリハマるような“下衆な話”を観たいのだが…

あとがき

折角、前回までだんだん面白くなってきたのに、なんでこう言う話を入れちゃうかなあ。これじゃあ、普通のテレビドラマじゃないですか。次回は是非、原点回帰をお願いしたいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
(仮) 2014年4月クール フジテレビ系月9ドラマ「極悪がんぼ」オリジナルサウンドトラック
氣志團「喧嘩上等」
極悪がんぼ(1): 1 [Kindle版]
極悪がんぼ コミック 全16巻完結セット (イブニングKC)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5667/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/399098376.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

極悪がんぼ #09

『今夜号泣 幼き兄妹へ愛の抱擁』

極悪がんぼ 第9話

小清水所長(小林薫)による監査結果が発表されます。 前回下手を打った夏目(竹内力)にはウォーターフロントのビル1棟がほしいと言い、冬月(椎名桔平)には億単位の仕事をした方が良いと言い、薫(尾野真千子)にはそろそろ薫にしか出来ない仕事をした方が良いと言われます。 抜道(板尾創路)にはノータッチで、金子(三浦友和)には、東京進出の折には事務所を任せると言われてしまいます。 自分...

悪いことしておいて善人面ってむかつくわ(仲里依紗)

ものすごくドス黒い話である。 こんなドス黒い話を月9でやって・・・誰が得するんだ・・・と思わないでもない。 しかし、やってしまったものは仕方ないよなあ。 さらに言えば・・・ものすごくいろいろと神経を使っているので・・・ドス黒さが伝わっていないんじゃないかと危惧する。 つまり・・・これは「凶悪事件の犯

極悪がんぼ 第九話

「今夜号泣幼き兄妹へ愛の抱擁」 内容 小清水(小林薫)から、監査結果が告げられる。 冬月(椎名桔平)夏目(竹内力)抜道(板尾創路)それぞれに注意。 そして薫(尾野真千子)にも、自分にしか出来ない仕事を見つけるようにと。 最後に、金子(三浦友和)には、東京...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR