BORDER (第9話 最終回・6/5) 感想 ※追記あり

テレビ朝日系『BORDER』公式
第9話 最終回『越境』『(ラテ欄)越境~石川安吾最後の決断』の感想。
なお、金城一紀氏による同名のメディアミックスプロジェクトの漫画と小説は未読。


商業施設で行方不明になった8歳の少年・弘志が、翌早朝、遺体で見つかる。犯人が遺体に唾液で「A」の文字を書き残していたことが検視で分かるが、唾液は血液型もDNAも検出できない非分泌型だった。石川(小栗旬)は、現れた弘志の霊の話から、玩具会社の社員・安藤を犯人だと疑う。しかし、安藤の犯行を裏付ける証拠は何も見つからない。石川は安藤を逮捕するため、便利屋のスズキ(滝藤賢一)を使うが…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

最終回は刑事ドラマと言うより、人間ドラマだった!

私はこれまで記事中に『BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係』と書いたことが無い。それはタイトルの“BORDER”と“警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係”の二つの言葉から得る印象の違いに何となく違和感を覚えていたから、敢えて『BORDER』と書いてきた。

そして、ついに迎えた最終回。終わってみれば、本作は刑事ドラマと言うより、主人公・石川安吾の人間ドラマだったのかもしれないと思った。人間の心の奥底にある脆弱さ、薄情さ、荒荒しさ、高慢さ、残酷さなどの闇の部分を描くのがテーマだったのかも。そう考えると「越境=境を越える」と言うサブタイトルの冴も見事だ。

連ドラの刑事ドラマとして残念なところもある…

ただ、連ドラの最終回として残念なところもある。本作は最初の3話くらいはきちんと事件解決しているが、それ以降は中途半端に終わっている回が多い。その面では最終回も同じ類。上に書いたのと矛盾するが、刑事ドラマなら、子どもが殺害される事件を扱ったなら、きちんと解決して欲しかった。

それに、刑事ドラマとしての最後の主人公の行動にも違和感を覚えてしまうし、石川の脳内の銃弾の件も積み残したまま。主人公の刑事が犯罪者になってしまっては、続編も難しいのも本作を楽しく観てきた一人として残念。でも、折角“BORDER”を越えたのなら、その先の主人公を観たいと思うが難しいか…

あとがき

斬新なエンディングだと思いますが、個人的には前回が「石川事件」の解決で終わったので、そのまま終わるべきだったのかもしれないとも思いますし、それでも創る最終回なら再び通常回として死者の声で事件を解決して余韻を残して欲しかったです。

まあ、事件が事件だけに石川の最後の行為も“善”として描かれても不思議でない訳で、その意味では安藤(大森南朋)の「こちらの世界へようこそ」は本作らしく意味深で良かったし、音楽も無く黒い画面にカットアウトするのも潔くて悪くなかったです。


【追記 2014/06/06 01:50】
先程、書き忘れたので追記します。それは、本作の主人公・石川安吾を演じた小栗旬さんの好演についてです。イケメン役や派手目な役も似合いますが、今回の“石川安吾”のような地味で陰がありモノを多く語らない役がすごく合っていると思いました。
特に、熱い思いを内に秘めた感情を押し殺した表現も実に見事だったと思います。その意味でも、この役を演じる小栗さんをもう一度観たいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
BORDER Blu-ray BOX
BORDER DVD-BOX
Tales of Purefly
BORDER(1) (カドカワコミックス・エース)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5650/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/398798278.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

BORDER警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係 第9話(最終話)

「越境〜石川安吾最後の決断」 内容 ショッピングモールで天川弘志(二宮慶多)という少年が姿を消す。 母・真理子が一瞬目を離した隙の出来事だった。 警察は、誘拐時間と考え、捜査をはじめたのだが。。。。 翌日、弘志の遺体が、公園で発見される。 駆けつけた石川...

BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係 #09 最終回

『越境~石川安吾最後の決断』

「BORDER」第9話(終)-越境★小栗旬 vs 大森南朋 衝撃のラスト

「BORDER-警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係」 第9話(終)-越境 ラストシーンが終わって「これが最終回なのか?」と思い、新聞のテレビ欄で再度確認。 まちがいなく最終回だった。 近年まれに見る最終回の最終シーンでした。 −◆− 詳細は省略。 とにかく小学生・弘志(二宮慶多)くんを殺した犯人が安藤(大森南朋)と言う男。 幽霊・弘志と会話して安藤(大森南朋)にたどり...

ドラマ「BORDER」第9話(最終回)あらすじ感想...

越境の意味。まさかのラストに驚きと、やってくれたなという気持ちいい裏切られ感に包まれた最終回だったかと。お見事でした。誘拐された子供が遺体となって発見される事件が発生---...

BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係

9話『越 境』 絶対的悪にと闘う為には 絶対的な正義にならなければならない----。 「BORDER」の意味がまさかこんなことだっとは~~!! ヤられた~~!!小栗君の涙にも ヤられた~~ 休日のショッピングモールから突然消えた8歳の少年は翌朝遺体で発見された。 死者の少年の情報、サイ&ガー君らの活躍で即 犯人を即突き止めた石川ですが、 犯人安藤(大森南朋)は証拠1つ残してい...

BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係 最終回「越境」

うわぁ、まさかのラスト!… タイトル「越境」とは、そういう意味だったのですね。たしかに、ゲストに大森南朋を迎え、タダでは済まない予感がしてたのですが… (゚o゚)ボーゼン映像や音楽も凝ってたし、「死者と話せる(見える)」という設定も斬新なら、主役の小栗旬も、すごく雰囲気で、いい演技でした。それに、エンケンさんを筆頭に、波瑠のクールビューティさや、天才ハッカーコンビ、サイモンとガーファンク...

BORDER

最終話「越境」

「BORDER」最終話

最終話「越境」 視聴率14.4% 

「BORDER」最終回 感想

 「どうして手術しなかったの?」と公園で聞く比嘉。  現れた少年を見る石川。  「どうしたの?」「何でもない。」と石川。

【BORDER】最終回感想と視聴率(衝撃のラストに驚嘆)

「越境~石川安吾最後の決断」 最終回(第9話)の視聴率は、前回の12.8%より上

「BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係」最終話

表裏一体… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201406060001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】BORDER(2) [ 小手川ゆあ ]価格:605円(税込、送料込)

BORDER 最終回

休日のショッピングモールで、一人の男の子が行方不明になります。 誘拐事件かと思われたのですが、翌朝、男の子は遺体で発見されます。 捜査は市倉(遠藤憲一)班に引き継がれて、石川(小栗旬)、立花(青木崇高)たちが捜査を開始します。 検死を担当したミカ(波瑠)によると、死因は舌骨の骨折による窒息死の可能性が高いと言います。 犯人は、医学的知識の高い人物? 駐車場で、殺...

BORDER 第9話 最終回「越境」

公式サイト 休日のショッピングモールで、8歳の少年が行方不明になった。誘拐事件と

『BORDER』 最終回

サブタイトルの『越境』って何だろうって思ってました。これが人間ってもんぞ。。。ラストにはゾクッとしましたね~。こう来たか!って最終回の最後まで、ヤラれましたわぁ。こう言う余韻、大好き。そして放心状態のまま『報道ステーション』が始まると、そこにはソフトバン

BORDERの意味とは

ドラマ「BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係」を見ました。 テレ朝にて 木曜9時からやってました またまた刑事モノですが・・・ 本作はなんと、死者と交信する能力があるという! ちょっと設定だけ聞いたら、ファンタジー色やコミカル系かと思いますが 徹底...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR