花子とアン (第58回・6/5) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』公式
第10週『乙女よ、大志を抱け!』【第58回】の感想。


朝市(窪田正孝)の好きな人がはな(吉高由里子)であると知って、ショックをひきずりながら帰宅したもも(土屋太鳳)。だが、家族たち、とりわけはなの前では、いつも通り明るく振るまうのだった。翌朝、ももは「縁談を受けて北海道へ行く」と宣言し、みんなをびっくりさせる。吉平(伊原剛志)は本当にいいのかとももに問うが、ふじ(室井滋)は「ももが決めたことだから」と賛成する。納得行かないはなは、朝市(窪田正孝)に…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

はなをこんなに無神経で鈍感な女に描く必要あるの?

今日は冒頭から、純粋で健気なもも(土屋太鳳)が鈍感カップルに振り回されそうな予感が満タンで始まったが、7分頃のはな(吉高由里子)のこの台詞で目が覚めた。

はな「心に思っていることを伝えないのは、
        思っていないのとおなじことだよ」
恋バナで相談を受けた登場人物のありきたりな背中を押す台詞をここで引用するのも工夫がないが、私の気になるのはそれではない。

自分はいつも受け身な女なのに、何故ももには???

この台詞は言わずもがなはながももに対して「積極的になれ」と言う意味だが、これまではなが積極的に何か人生を開こうとしたことは描かれたろうか。

東京の学校へ行く時も、どちらかと言えばおとう先行だったし、出版社でのアルバイトも学校からの紹介だし、田舎で教師をするのもおかあにねだられたような。校舎の屋根には積極的に上ったか?

いずれにせよ、ヒロインの説得力の無い台詞で、折角のももの諦めと覚悟が台無し。土屋太鳳さんの演技で本心を伝えたスッキリ感を何とか醸し出してはいたが、物語上ではももが不憫で泣けてくる…

家族全員でももを北海道に行かせたいのか?

父の吉平(伊原剛志)は極寒の未開地で会ったことも無い男と結婚しろと言い、姉のはなは意味不明な合コンを設定し、朝市(窪田正孝)の気持ちも知らずに初恋を告白させ、母のふじ(室井滋)は(ももが勝手に手紙を出したにせよ)あれほどはなに帰郷を求めたのに、ずっと家族を支えてきたももに対しては“ほうとう鍋”で背中を押すと言う。

どうしてももの見合い話は、家族が寄ってたかってももに気遣う振りをしてヒドイことをする話にしたのだろうか。おとうはしょうがないとしても、おかあは姉妹を差別し過ぎ。どうも“甲州編”は作者が書きたくない「はな物語」の革新的な部分だから、適当に書いてるのだろうか。それにしても朝ドラは家族愛を描くのではないのか?

あとがき

流石に、昨日と今日の展開で感動しろってのは厳しくないですかね。のちに『赤毛のアン』を豊かな想像力で見事な翻訳本を生み出す女性の物語としては、今回のヒロインの無神経さと鈍感さは頂けません。今後、余程の人生の転機があり、心が入れ替わるなら別ですが…

はなと朝市との関係も大よその視聴者は解ってる訳ですし、なぜももの純粋な気持ちをこんな“永遠の片思いの煌めき”風のおかしな描写にするのか、ホント理解が難しい本作です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 花子とアン Part1 (NHKドラマ・ガイド)
アンを抱きしめて―村岡花子物語
村岡花子: 「赤毛のアン」の翻訳家、女性にエールを送りつづけた評論家 (KAWADE夢ムック 文藝別冊)
連続テレビ小説 花子とアン オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5648/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/398757894.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 中間総括 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「花子とアン」第58回★もも(土屋太鳳)が母(室井滋)の胸で泣く

連続テレビ小説「花子とアン」 第58回(6月5日) 大好きな朝市の心の中にいるのは自分ではない事をしってしまったもも(土屋太鳳)。 月に向かって「朝市さんと、お姉やんなら、お似合いじゃん。」と笑顔。 この子は姉のはな(吉高由里子)を凄くリスペクトしてるから、潔く実を引いちゃう気になってるんでしょうか?? <その晩、ももは重大な決意をしたのです。> ご親切なナレーシ...

花子とアン 第58回

内容 朝市(窪田正孝)が、はな(吉高由里子)のことを好きと知ったもも(土屋太鳳) 吉平(伊原剛志)の勧める縁談話を受けることを家族に伝える。 笑顔で振る舞うももに、はなは。。。。 敬称略 “心に思ってることを伝えないのは、思ってないことと同じだよ” な...

NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第58回 感想

朝市(窪田正孝)の好きな人がはな(吉高由里子)であると知って、ショックをひきずりながら 帰宅したもも(土屋太鳳)。 だが、家族たち、とりわけはなの前では、いつも通り明るく振るまうのだった。 翌朝、ももは「縁談を受けて北海道へ行く」と宣言し、みんなをびっくりさせる。 吉平(伊原剛志)は本当にいいのかとももに問うが、ふじ(室井滋)は「ももが決めたことだから」 と賛成する。 納得行...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR