●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

SMOKING GUN~決定的証拠~ (第9話・6/4) 感想

フジテレビ系『SMOKING GUN~決定的証拠~』公式
第9話『目覚めた仲間が語る真実と埋まりゆく記憶 禁断の研究と不可解な死の謎とは』の感想。
なお、原作の漫画(原作/横幕智裕、作画/竹谷州史)は未読。


服役囚の藤春(袴田吉彦)が縁(香取慎吾)らに、研究室で行われていた研究について明かす。楠神(平山浩行)の研究は、世界の食糧事情を一変するような画期的な発見だったという。そんな中、意識不明が続いていた真紀(鈴木保奈美)が覚醒するが、真紀は犯人に心当たりはないという。しかし、犯人は真紀を監視していると思われた。一方で縁らは、事務所に立て続けに舞い込んできた2件の浮気調査の証拠物の鑑定を進める。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

事件の真相を引っ張り過ぎ。最終回でまとめて!

今回もご丁寧なこれまでのあらすじ紹介で始まった。終わってみれば、楠神(平山浩行)の新登場で二つの事件の真相の行き着くところは大よそ予想がつく訳だが、それなのにとにかく引っ張る。どれだけ謎の真相を引き延ばしたいのか知らないが、本作は何のドラマかと考えると、私は謎の真相など、最終回で教えてくれれば良い程度の事なのだが…

肝心の民間科捜研は15分もあったかどうか?

肝心の民間科捜研の部分は、ゲストに寺島優さんとmisonoさんを招き、軽妙で如何にも民間の科捜研が取り扱う事件って感じで面白いのに、正味15分もあったかどうか。それも浮気事件の結末は、真紀(鈴木保奈美)と縁(香取慎吾)の唐突な回想シーンで尻切れに。なんか観たいドラマと違う…

あとがき

正直、今日明かされた研究ですが、人が死ぬほどのことですかね。そして、そんな事件の真相を先延ばしにするだけの脚本。残り何話か知りませんが、民間科捜研の案件解決の面白さが観たいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
Smoking Gun 1 民間科捜研調査員 流田縁 (ヤングジャンプコミックス)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5646/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/398753531.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SMOKING GUN~決定的証拠~ 第9話

柏木刑事(谷原章介)と一緒に、縁(香取慎吾)は服役中の藤春(袴田吉彦)に会いに行きます。 かつてエミリ(倉科カナ)と過ごした研究室で何が起こったのかをすべて話す条件として、縁の同席を希望し、たくさんの料理を持って来るように依頼する藤春ですが・・・ 藤春は、「本物の天才と出会ったことはあるか?」と話し始めて・・・ 彼が宝石強盗事件を起こしたのは、エミリに起きたような事件から身...

SMOKING GUN〜決定的証拠〜 第9話

「目覚めた仲間が語る真実と埋まりゆく記憶禁断の研究と不可解な死の謎とは」 内容 エミリ(倉科カナ)の事件を追う縁(香取慎吾) ようやく、楠神(平山浩行)に辿り着いたのだが、 エミリの死の前に事故死していた。 そんな折、柏木(谷原章介)から連絡が入る。 服役...

【SMOKING GUN~決定的証拠~】第9話感想と視聴率

「目覚めた仲間が語る真実と埋まりゆく記憶 禁断の研究と不可解な死の謎とは」 第9

「SMOKING GUN~決定的証拠~」第9話

9「目覚めた仲間が語る真実と埋まりゆく記憶   禁断の研究と不可解な死の謎とは」   視聴率6.1%

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR