●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

花子とアン (第57回・6/4) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』公式
第10週『乙女よ、大志を抱け!』【第57回】の感想。


福岡の炭鉱でガス爆発が起こった事を全く知らされていなかった蓮子(仲間由紀恵)の元へ、炭鉱夫たちが怒鳴りこんで来た。ひるみながらもき然とした態度で対応する蓮子に、怒りの収まらない炭鉱夫たちがつかみかかろうとした時、伝助(吉田鋼太郎)が帰宅する。座敷で話し合うことになるが、蓮子は伝助に「女は邪魔だ」と言われ、入れてもらえない。蓮子が様子をうかがっていると、女中頭のタミ(筒井真理子)が思わぬ行動を…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

「蓮子劇場」を10分超の大作にする必要ってあるの?

予想通り、水曜日は「蓮子劇場」の日になった。それも思い切り昼メロ風の10分超の大作で。別に描くなとは言わないが、残りの5分の「はな劇場」とのバランスを考えると、明らかにつくり手の重心を置くべき場所が違うと思う。

折角始まった「はな劇場」でヒロインは爆睡のみ!

そして、やっと始まった「はな劇場」だが、作者の嫌がらせか創造力が無いのか知る由もないが、蓮子(仲間由紀恵)の語りがきっかけで開演。まっ、それでも蓮子の手紙に刺激を受けたとして、いよいよ書き始めるのかと思いきや、夕方に爆睡。僅か5分の「はな劇場」で主役がただ夕寝してるだけってどういうドラマなのか?

どうして「はな劇場」は違和感だらけなの?

それにしても今日の「はな劇場」は解せなかった。はなが夕寝で爆睡する程に教師の仕事でお疲れの様子は描かれていないし(それも教会の図書室で)、童話を書こうと言うくだりで寝るなら、夢の中で“想像の翼”で売れっ子童話作家にでもなれば良いのにそれも無し。

二十歳過ぎの教師をしている姉を妹が夕飯のために探しに行くのも段取り過ぎるし、眠るはなを見つめる顔色のおかしい朝市(窪田正孝)も素直に「はなが好き」とは思えぬ感じだし、本棚の間から二人を覗いたもも役の土屋太鳳さんの演技を見れば、美輪さんの語りで補完するまでも無いような…

あとがき

「寝る子は育つ」と言いますから、爆睡から目覚めたはなは物語を書く情熱が満タンになってて、ついに本題に入る…筈は無いですよね。なぜ昨日大発表した“はなの物語への情熱”を継続して描かないのでしょう。

それも今日は書き始めるかと思いきや爆睡って。明らかに「はなのことは書きたくない」って作者の宣言かと思っちゃいました。なら『蓮子とはな』にすれば良かったのに…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 花子とアン Part1 (NHKドラマ・ガイド)
アンを抱きしめて―村岡花子物語
村岡花子: 「赤毛のアン」の翻訳家、女性にエールを送りつづけた評論家 (KAWADE夢ムック 文藝別冊)
連続テレビ小説 花子とアン オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5644/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/398659734.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 中間総括 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「花子とアン」第57回★蓮子(仲間由紀恵)がタミとビンタの応酬

連続テレビ小説「花子とアン」 第57回(6月4日) 福岡の炭鉱でガス爆発が起こった事を全く知らされていなかった蓮子(仲間由紀恵)の元へ、炭鉱夫3人が怒鳴りこんで来ました。 ああだこうだの応酬があって、「お前だちが、仲間ば殺したも同然やろうが!」と炭鉱夫たちがつかみかかろうとした時、嘉納伝助(吉田鋼太郎)が帰宅してきて「やめんか! わしの留守中に、土足で上がり込むとは何たる無礼か...

連続テレビ小説 花子とアン(57)「乙女よ、大志を抱け!」

ガス爆発事故のことをまったく知らされなかった蓮子。 怒鳴り込んできた炭鉱夫にきぜんと振舞うところは蓮子らしさが 出ていてよかったと思う。女中頭のタミとのビンタのたたき合いも蓮子らしさが 出ていた。伝助が倒れて蓮子が看病をした。少し夫婦らしさが出ていたと感じた。 一方甲府では、ももちゃんが朝市君が好きなのは自分ではないと感じていた。 これでももちゃんは北海道に行くことになるだろう。 ...

連続テレビ小説 花子とアン(57)「乙女よ、大志を抱け!」

ガス爆発事故のことをまったく知らされなかった蓮子。怒鳴り込んできた炭鉱夫にきぜんと振舞うところは蓮子らしさが出ていてよかったと思う。女中頭のタミとのビンタのたたき合いも蓮子らしさが出ていた。伝助が倒れて蓮子が看病をした。少し夫婦らしさが出ていたと感じた...

花子とアン 第57回

内容 伝助(吉田鋼太郎)の屋敷に男たちが押しかけてくる。 困惑しながらも話を聞く蓮子(仲間由紀恵) 炭鉱で事故が起きたらしい。。。。 敬称略 分かっていたこととは言え。。。。なんかね。。。。(失笑) 面白くないとは言いませんが。 もういい加減、興味がな...

【花子とアン】第55~57回感想と第9週関東・高視聴率

今回は全体の3分の2(約9分)が蓮子の話。はなはセリフ1つもありませんでした(汗

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR