●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

花子とアン (第56回・6/3) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』公式
第10週『乙女よ、大志を抱け!』【第56回】の感想。


もも(土屋太鳳)の好きな人が朝市(窪田正孝)だと知ったはな(吉高由里子)は、ふたりを近づけるため、はな・もも・朝市・武(矢本悠馬)で合同の茶飲み会を開く。はなはももと朝市をふたりきりにするため、思惑に気づかない武をなんとか巻き込んで、こっそり家に帰る。そうとは知らず、朝市とふたり残されたももは…。そんなある日、小学校に小包が届き、はなは差出人を見て驚く。絶交していた蓮子(仲間由紀恵)からだった
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

また、“合コンもどき”の現代風アレンジか!?

フィクションだから基本的に何をどう描いても良いと思うが、流石に今日の“合コンもどき”の茶飲み会と言う設定もどうかと思うし、それを「合同パルピテーション会」と名付けるセンスは如何なものかと。見合いや結婚するまで互いの顔も知らずになんてことが日常的だった時代にこの現代風アレンジ。これを視聴者が楽しむと思って作っているのだろうか???

今日は“語り”に驚いた!

しかし、今日一番の驚きは下記の美輪さんの語りだ。

語り「忘れかけていた物語への情熱が蘇ってきました」
おいおい、いつ物語の情熱を描いたのか。そしてその情熱をいつから忘れていたと解釈すれば良いのか。結局、また勝手に設定を追加して、視聴者に脳内補完を強制する作戦か。どうしてこんな違和感だらけの語りを書けるのか?

結局、火曜日から蓮子の登場か…

そして予想通り、つくり手たちはヒロインを茶飲み会から自主退場させてまで、蓮子(仲間由紀恵)の描写に力を注ぐ。思えば15分間ではながやったのは、茶飲み会の司会進行(それも途中で放り投げる始末で)だけ。つくり手の興味関心が蓮子にあるのは勝手だが、物語としてはきちんとヒロイン“はな”に直接関係のある話で魅せて欲しい。

あとがき

とにかくもっと主人公、ヒロインを描いて下さい。もうそれしかないです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 花子とアン Part1 (NHKドラマ・ガイド)
アンを抱きしめて―村岡花子物語
村岡花子: 「赤毛のアン」の翻訳家、女性にエールを送りつづけた評論家 (KAWADE夢ムック 文藝別冊)
連続テレビ小説 花子とアン オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5640/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/398574651.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 中間総括 47 48 49 50 51 52 53 54 55

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

花子とアン 第56回

内容 もも(土屋太鳳)の気持ちを知ったはな(吉高由里子)は、 朝市(窪田正孝)と武(矢本悠馬)とともに。。。。 敬称略 “どうでも良い” と言ってしまうと元も子もないのだが。 いや、ほんと。。。 事実がどうかなどは、この際、どうでも良いです。 その事実...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR