●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

SMOKING GUN~決定的証拠~ (第8話・5/28) 感想

フジテレビ系『SMOKING GUN~決定的証拠~』公式
第8話『事件は遂に核心へ!容疑者の意外な出生?服役囚が隠す呪われた研究とは?』の感想。
なお、原作の漫画(原作/横幕智裕、作画/竹谷州史)は未読。


縁(香取慎吾)は、エミリ(倉科カナ)の恩師で自 殺した一之瀬(柴俊夫)の研究室で極秘の研究が進められていたことを知る。研究の中心者だった楠神(平山浩行)は、エミリが亡くなった地・山梨の出身だった。さらにDNAから、楠神がくるみ(濱田ここね)の父親と判明。真紀(鈴木保奈美)が撃たれた当日に面会していた服役囚の藤春(袴田吉彦)も一之瀬研究室の一員だった。縁は空白の12時間を取り戻すため山梨に向かう。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

結局、初回からの謎の引き延ばし方を失敗…

冒頭のご丁寧に作り込まれた1分間のダイジェストで始まった今作。サブタイトルの『事件は遂に核心へ!』と言うより『ドラマは遂に核心へ!』と言ったところだろうか。

しかし、残念ながら個人的には、“エミリ事件”に興味がないから、小出しにされるより今回のように一気に描かれた方が良い。結果的に核心部分は先送りだが、謎解きとしてはまあまあの仕上り。やはり、小出しの仕方が失敗したと言うことだ。

主人公が埋没してはダメ…

主人公の設定だからしょうがないが、喋り方や歩き方など縁(香取慎吾)が動くシーンは物語の進行速度が遅くテンポが悪くなる。それを補うために主人公以外があちこち動いて物語が進む。これ自体は間違っているとは言えないが、結果的に主人公が埋没しているのはダメだと思う。

あとがき

謎解きが進めば進むほど、実は大した真相で無いように見えてくるのが残念。おかげで30分頃には飽きてしまいました。それに、もはや物語を進めているのも出番が多いのも桜子(西内まりや)になってしまって、何のドラマか解らぬ状態です。もう視聴率巻き返しは難しいかな…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
Smoking Gun 1 民間科捜研調査員 流田縁 (ヤングジャンプコミックス)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5617/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/398171149.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SMOKING GUN~決定的証拠~ 第8話

縁(香取慎吾)は柏木(谷原章介)と井川(笠原秀幸)に、エミリ(倉科カナ)が殺害される2か月前に、彼女の恩師で大学教授の一ノ瀬(柴俊夫)が自殺していたことを話します。 一ノ瀬の死とエミリの事件の因果関係はわかりませんが、エミリの在学中に、一ノ瀬の研究室である研究が進められていたようです。 しかし、その研究の中心にいた研究生・楠神(平山浩行)との確執から、一ノ瀬はその研究を打ち切った...

SMOKING GUN〜決定的証拠〜 第8話

「事件は遂に核心へ!容疑者の意外な出生?服役囚が隠す呪われた研究とは?」 内容 エミリ(倉科カナ)の過去を調べる縁(香取慎吾) やがて、エミリが所属していた秀英大の一ノ瀬栄造(柴俊夫)の研究室に、 楠神多聞(平山浩行)という男がやって来たことで、 何かが...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR