●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

極悪がんぼ (第7話・5/26) 感想

フジテレビ系『極悪がんぼ』公式
第7話『敵は銀行 友情と涙の救出劇!』の感想。
なお、原作漫画(田島隆/原作・東風孝広/作画)は未読。


金子(三浦友和)の幼なじみの本真商事社長・本真(平田満)の仕事を手伝った薫(尾野真千子)は、2人の仲の良さに好感を抱く。そんな中、本真商事が倒産間近だと判明。黙っていたことを怒った金子が本真に詰め寄ると、銀行が資金を強引に回収する「貸し剥がし」をしたせいで資金繰りに行き詰まり、どうにもならない状況だという。金子は、本真と妻・志保(朝加真由美)を夜逃げさせ、最も手強い銀行相手に勝負を挑む。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

ワルの手口を見慣れてきたからこその面白さ!

今回で第7話となり、視聴者が小清水経営コンサルタント、特に金子(三浦友和)の手口の巧妙さに慣れてきた頃に、冒頭からいつもの金子のやり方と違う方法を見せて、まるで視聴者が自分たちも小清水コンサルの一員として、金子先輩のお手並み拝見って感じの、今までと違った面白さを見せてきた。

これこそが連続ドラマの面白さの一つだと思う。ドラマを観ることで視聴者も知識が増え、より作品にのめり込み易くなる。刑事ドラマでの刑法や捜査方法なんかが同じだろう。その手法が悪徳金融のドラマでもやってのけるのだから、これまた面白い。

次週もせつない物語と熱い友情の物語をじっくり観たい!

今回は、劇場映画をも思わせる豪華キャストで始まったと思ったら、一話完結でなく二週跨ぎ。でも、いつもの単純な騙し騙されの関係で無い、複雑な手口と、金子と幼馴染の本真(平田満)と妻・志保(朝加真由美)のせつない物語と熱い友情の物語だから、ここはじっくり描いて欲しいと思う。

あとがき

すべての登場人物たちが個性的で、きちんと描き演じ分けられているのに感心するばかりです。配役も絶妙ですし、所々に挿入される劇画タッチの編集が、フィクションの世界と現実味を上手く調和させているのも見逃せません。次回も期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
(仮) 2014年4月クール フジテレビ系月9ドラマ「極悪がんぼ」オリジナルサウンドトラック
氣志團「喧嘩上等」
極悪がんぼ(1): 1 [Kindle版]
極悪がんぼ コミック 全16巻完結セット (イブニングKC)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5610/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/398015562.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

極悪がんぼ #07

『敵は銀行 友情と涙の救出劇!』

極悪がんぼ 第7話 感想

Story7 喧嘩上等!!! VS破綻銀行 名前が強烈すぎてですねwwww なかなか使いたくない銀行さんですね(笑) ちょっとだけ小泉今日子さんが出てました。 出番少なかったけど、 最 ...

いいくらしを捜して堕ちてみせます(平田満)そこは階段じゃありません(尾野真千子)

話題作りのために・・・ちょっとした遊びを入れるのは別に悪くはないが・・・そういうところしか話題にならないとしたら少しさびしいことになると考える。 なにしろ・・・基本的に楽屋落ちなのである。 これが・・・本編に重要な要素としてからんでくるなら別だが・・・要するに主演女優同士が・・・それぞれのドラマです

極悪がんぼ 第7話

薫(尾野真千子)、金子(三浦友和)、夏目(竹内力)は、不渡り手形を出して逃亡中だった会社社長を捕まえて、その男に3000万円貸していた本真商事の本真社長(平田満)に引き渡します。 金子と本真は旧友なので、今回の捜索も引き受けたようですね。 一件落着した薫と金子は、キリコ(仲里依紗)のスナックにやって来ます。 そこで、東京から来たと思われる女性(小泉今日子)とすれ違い・・・ ...

極悪がんぼ 第七話

「敵は銀行友情と涙の救出劇!」 内容 薫(尾野真千子)金子(三浦友和)夏目(竹内力)抜道(板尾創路)は、 不渡り手形を出して逃走中の鼠小太郎(半海一晃)を追いかけていた。 協力して取り立て屋から逃がし、本真商事の本真雄作(平田満)に引き渡す。 金子は友人...

極悪がんぼ七話&ビター・ブラッド七話感想

■極悪がんぼ七話 人気のない事務所のソファに、小清水元(小林薫)がうたた寝していた。そこへ冬月(椎名桔平)が帰ってくると、小清水所長は起きて理由を聞く。金子の知り合いのヤマの不渡り手形の回収で、みんな出払っていますと冬月が説明すると、「・・そうですか。それは、つまりませんねえ。最近、面白くないと思いませんか?神埼くんがうちに入って、もっとビューティフルに、楽しくなると思っていたんですがねえ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR