●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

花子とアン (第41回・5/16) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』公式
第7週『さらば修和女学校』【第41回】の感想。


かよ(黒木華)を迎えに東京へやって来たふじ(室井滋)は、久しぶりにはな(吉高由里子)とかよの三人で布団を並べる。ふじははなに「東京で頑張れ、かよのことを頼む」と伝える。翌日、はなが下級生にいきいきと英語を教える様子を見たふじは、本心を告げることなく甲府へ帰ってゆく。それを聞いた妹・もも(土屋太鳳)ははなの鈍感を憤り、ある行動に出る。一方、梶原(藤本隆宏)からはなに、就職のための面接の知らせが入る…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

やはり、ヒロインは“はな”だったと再認識!

今日は、夜に小さな灯りで勉強しているはな(吉高由里子)で始まった。寮でまともに勉強しているはなを見るのは初めてかも。そんな期待感でスタートした。まず、何より主人公が“はな”であることが久し振りに再認識できたのは大収穫。

10年間を11分間に圧縮!それも台詞と語りで!!

そして、蓮子(仲間由紀恵)がいないと、これ程までに普通の朝ドラで平凡で内容が薄っぺらなのかも再認識。なにせ、上京してからの約10年間の話を11分程度で描けちゃう訳だし、説明台詞と語りで片付けてしまう作者の手口もスゴイ。そして、相変わらずヒロインの将来に関心が持てない作風は継続中って感じだろうか。

「落ちたんです」はないだろ!?

終わってみれば、結局は黒木華さんの出番を増やして、はなは甲府に帰って仕事を探すってだけ。一応は話が進んだ訳だが、そうなると出版社の就職面接のシーンは何だったのか疑問が残る。今後のキーパーソン・村岡英治(鈴木亮平)の出番づくりは良しとしても、それを強調するためにわざと「落ちたんです」と言わせるあざとい手口は気に入らない。

あとがき

男尊女卑の時代の貴重な就職面接の場所で、自分の運命にぶれて悩むヒロインの家族や故郷を慕う気持ちを感動的に描いた15分間でした。と思えば良いのでしょうか。薄っぺらな話をわざわざ遠回しにしているだけにしか見えませんでした。悪い話ではないと思いますが。

以前にも書きましたが、今月中には全体の4分の1が終わってしまいます。なのに、視聴者に提供されているヒロインの情報って、極端に少ないですよね。きっと葉山蓮子の再婚に至るまで歴史の方が皆さん詳しいのでは?結局、主軸でなく脇道ばかりを描いてきた影響が現状だと思います。

とにかく、ドラマ的に話が面白いかどうか以前に、今後どれだけの量のはなが描かれるかどうかで、『村岡花子一代記』として成立するか決まるような気がします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 花子とアン Part1 (NHKドラマ・ガイド)
アンを抱きしめて―村岡花子物語
村岡花子: 「赤毛のアン」の翻訳家、女性にエールを送りつづけた評論家 (KAWADE夢ムック 文藝別冊)
連続テレビ小説 花子とアン オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5570/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/397156667.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

花子とアン 第41回

内容 かよ(黒木華)を迎えにきたふじ(室井滋) 久々に、はな(吉高由里子)たちは、3人で過ごすことに。 娘たちの気持ちを知ったふじは、「東京で頑張れし」と。 翌朝、はなが下級生達に英語を教える姿を見たふじは感激し、 胸中を話さず甲府へと帰っていく。 何も言...

連続テレビ小説 花子とアン(41)「さらば修和女学校」

かよちゃんを東京に迎えに来たふじさんは、久しぶりにはなとかよちゃんの三人で布団を並べる。ふじさんははなに「東京で頑張れ、かよのことを頼む」と伝える。しかしそれは本心ではなかった。ふじさんははなが卒業したら甲府に帰ってくるのを楽しみにしていた。それを知っ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR