●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

続・最後から二番目の恋 (第5話・5/15) 感想

フジテレビ系『続・最後から二番目の恋』公式
第5話『全く大人って生き物は…』の感想。
なお、『第1シリーズ(2012)』と『2012秋』は鑑賞済み、感想の記事あります。


薫子(長谷川京子)から思わぬ提案をされて戸惑う和平(中井貴一)は、バーで恋に浮かれる広行(浅野和之)と出くわす。一方、帰宅した千明(小泉今日子)は酔いつぶれた典子(飯島直子)を寝かせた後、涼太(加瀬亮)に脚本の感想を伝える。その後、自分の胸で子どものように眠る涼太に千明は複雑な心境になる。真平(坂口憲二)は知美(佐津川愛美)との結婚式を自分の店で行うと決めるが、知美はある不安を抱く。翌朝、涼太が鎌倉から去る。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

やっと一人減った!

これまでもずっと書いてきたこの続編の「クド過ぎ」についての違和感。その理由の一つが今日解決された。新加入した登場人物の内の一人・涼太(加瀬亮)が退場した(ようだ)からだ。

加瀬さんのファンには申し訳ないが、涼太が出て行ったお蔭で、千明(小泉今日子)と和平(中井貴一)の物理的な時間も増えるし、事実悩みを抱える者同士の楽しい会話が戻ってきた。この方向で進んで欲しい。

真平と知美の結婚式で盛り上がれば良いのに…

真平(坂口憲二)と知美(佐津川愛美)が結婚式を自分の店で行うことになった。式場側の気持ちになると突っ込みたくなるが、こう言う世間の型に捉われない自由な空気感の“内輪話”が本作の大切な持ち味だから、もっとこの部分を膨らませて、結婚観や人生観など描けば良いのにと思う。単なる一つのエピソードでは勿体無い。

クドさと馬鹿馬鹿しさを見直して欲しい!

もっと“クドさと馬鹿馬鹿しさのリストラ(再構築)”をやって良いと思う。特に、薫子(長谷川京子)の存在と典子(飯島直子)の悪乗りも何とかしたい。栗山はるか先生(益若つばさ)が登場し、千明とのバトル再びとなるようだが、ここも典子が絡むだろうから要注意。
『続』だからこそ、前作へのオマージュがもっとあっても良いと思う
のは、こちらが歳をとったからか?

あとがき

今回で良かったのは、和平さんと千明が無邪気に花火で遊ぶシーン。岡田恵和氏脚本のドラマ『ビーチボーイズ』第6話『それは花火で始まった』でラストで大人たちが海辺で花火に興じるシーンへのオマージュに見えました。さて、次回はもっとリストラを進めて、鎌倉情緒溢れる楽しい内輪話に期待したいです。

それと、劇中歌の小泉今日子さんと中井貴一さんによるデュエットソング『T字路』が6月4日発売決定です。わたせせいぞうさんのジャケットも良いし、初回特典版がお買得のようです。早速ポチっとしました。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
最後から二番目の恋 Blu-ray BOX
最後から二番目の恋 2012秋 [Blu-ray]
フジテレビ系ドラマ 最後から二番目の恋 オリジナルサウンドトラック
最後から二番目の恋 T字路(初回限定盤) [Single, CD+DVD] 小泉今日子&中井貴一


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5568/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/397149400.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
最後から二番目の恋 (最終回・第11話 3/22) 感想
最後から二番目の恋 2012秋 (11/2) 感想
第1話 第2話 第3話 第4話
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

続・最後から二番目の恋 第5話 感想

第5話 酔っぱらい劇場 酔っ払った演技がみなさま上手で。。。 そして面白いのは朝食シーンですな(`・ω・´) 和平さんと千明、SPまでは距離が縮まったのに ずーっと停滞していると ...

続・最後から二番目の恋 第5話:全く大人って生き物は…

どした?真平???(; ̄ー ̄)...ン? つか、急にプツってなったからテレビおかしくなったのかと思っちゃったじゃん 真平と金太郎、結婚目前のラブラブカップルだというのにまだらしい・・・ もしかしたら病気が進行してるのかなと思いきや、体調の方はいいみたいだし 真平...

夫婦喧嘩は犬も食わないとあきらめろ(小泉今日子)

才能の有無とは悩ましい問題である。 このドラマの脚本家はおそらく才能があるわけで・・・その才能をプロデューサーがあると認めているわけである。 こうしてレビューを書いているキッドもそれについては肯定的である。 しかし・・・「才能がない人」に引導を渡すのは別問題である。 現在の毎日放送されているドラマの

続・最後から二番目の恋 第5話

「全く大人って生き物は…」 内容 涼太(加瀬亮)が書き上げた脚本を読んだ千明(小泉今日子) だが、今まで読んだ中で、一番つまらない内容だった。 親友の祥子(渡辺真起子)啓子(森口博子)に愚痴る千明だったが、 逆に諭され、涼太と話をするよう言われてしまう。 ...

続・最後から二番目の恋 第5話

千明(小泉今日子)は、涼太(加瀬亮)と万理子(内田有紀)に連続ドラマの脚本を書かせることになります。 しかし、出来上がった涼太の脚本は、まったく面白くないものでした。 千明は、親友の啓子(森口博子)と祥子(渡辺真起子)に話を聞いてもらっていましたが、みんなに言われて飲み会を切り上げて涼太と話をするために帰宅します。 一方、和平(中井貴一)は、薫子(長谷川京子)からセフレにな...

「続・最後から二番目の恋」 第5話 全く大人って生き物は・・・

 さて・・・涼太が脚本家として起死回生をかけて書き上げた本は・・・・ 『死ぬほどつまんない。今まで読んだ本の中で一番つまんない』ものだったらしい・・・(´-ω-`) それを涼 ...

続・最後から二番目の恋第5話(5.15)

原田薫子@長谷川京子との付き合い方に悩みつつ 弟真平@坂口憲二と大橋知美@佐津川愛美の結婚を喜ぶ長倉和平@中井貴一 でも真平も知美も何か悩んでいる様子。 一方吉野千明@小泉今日子にドラマの脚本を任せられたものの 期待に応えられなかった高山涼太@加瀬亮は静かに千明の元を去っていったと。 『続』になってからいまいち楽しめなかったのですが、 (登場人物それぞれにストーリーのための役割が不自然に与...

続・最後から二番目の恋 #05

公式サイト 急きょ連続ドラマを制作することになった千明(小泉今日子)は、涼太(加

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR