花子とアン (第36回・5/10) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』公式
第6週『腹心の友』【第36回】の感想。


ふじ(室井滋)の温かい言葉に蓮子(仲間由紀恵)がひそかな決意をした翌朝、はな(吉高由里子)と蓮子は近くの池へ魚釣りに出かける。楽しそうだが「今日を決して忘れない」などと言う蓮子に、はなはどうしたのかと問うもののはぐらかされる。そこへ朝市(窪田正孝)と吉太郎(賀来賢人)もやってきて、4人は大きな魚を釣り上げる。朝市や蓮子の言葉に背中を押され、帰京したはなは高等科への進学を決意する。しかし、蓮子は…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

だ、か、ら、誰の思い出を描こうとしてるの?

冒頭。例の老けメイクのはなのシーン(昭和20年設定だから52歳前後と言うことになる)での語りを聞き、改めて今作の主人公は誰なのか解らなくなってしまった。

Na「はなにとって腹心の友蓮子さんとの思い出は
楽しいものだけでなく辛いものもあったのでございいます」
「一代記」と言っても、本作の原作は村岡花子さんの孫娘・村岡恵理さんの手による「一代記」であり、ある意味で誰かの「思い出話」であるから、主人公はな(吉高由里子)の思い出の中で、今週の出来事がどれほど印象的だったかと解釈するとしよう。だから、自分(はな)のことよりも蓮子(仲間由紀恵)のことが多く描かれたと…。本当にそれで正しいのか?

なぜ、主人公の描写が時間経過と語りであやふやなのか?

確かに、はなと蓮子は腹心の友であり、生涯に亘って互いに影響し合い成長していくのだろうから、第1話からを「第1章」として悪かったとは思わない。でも、やはり気になるのは、主人公は誰なのかと言うことだ。本作が「村岡花子一代記」なら、花子の視点での蓮子を描いて貰わないと面白味が半減してしまわないだろうか。

だって、いくら主人公にとって大切な「思い出」だろうと、主人公以外の登場人物たちの描写はしっかりと丁寧にやっているのに、肝心の主人公については、時間経過と語りで、さも成長し話が進んでいるかのようにあやふやにされては、いつまでも「花子一代記」に興味を持てない。

もう今月中には全体の4分の1が終わってしまう。それまでに「はながこの先どうなるのか?」に興味関心を持てるようなドラマにして頂きたい。

あとがき

結局はなぜ蓮子が突然に甲府へ行きたいと言い出したのかは、解らず仕舞いで今週は終わりました。「腹心の友」と台詞で言い合うだけの1週間だったような。さて、来週こそはな中心になるのか。とにかく私の視聴ポイントは先を観たくなるかどうかですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 花子とアン Part1 (NHKドラマ・ガイド)
アンを抱きしめて―村岡花子物語
村岡花子: 「赤毛のアン」の翻訳家、女性にエールを送りつづけた評論家 (KAWADE夢ムック 文藝別冊)
連続テレビ小説 花子とアン オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5546/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/396754040.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

花子とアン第6週(5.5-10)

出版社でアルバイトした安東はな@吉高由里子は 村岡英治@鈴木亮平という青年と出会いつつ、 翻訳の仕事がしたいと思うようになる 一方、実家の窮乏を知った葉山蓮子@仲間由紀恵は 年齢の離れた富豪嘉納伝助@吉田鋼太郎との結婚を余儀なくされたと。 うーん、登場以来、蓮子が主人公のドラマに変貌してしまったな 原作ありきの作品ですし、 はなと蓮子のモデルとなった人たちが親友だったのは事実のようなので ...

花子とアン 第36回

内容 はな(吉高由里子)の母・ふじ(室井滋)の優しさに触れた蓮子(仲間由紀恵) 翌朝、お手伝いを。。と蓮子が言ったところ、出来るようなモノが無く。 そこで、はなと蓮子は、近くの池で釣りをすることに。 一匹も釣れなかったが。。。。 今日を忘れないという蓮子...

「花子とアン」第36回★蓮子(仲間由紀恵)と嘉納伝助(吉田鋼太郎)が婚約

連続テレビ小説「花子とアン」 第36回(5月10日) どうしても小生の心が反応しない「花子とアン」 仕方ないので、人様の反応を想像したりしながら視聴。 −◆− 水辺で魚釣りにトライしながら語り合うはな(吉高由里子)と葉山蓮子(仲間由紀恵)。 蓮子「この時間が永遠に続けばいいのに。私、はなちゃんとこうして一緒にいられる事が、たまらなく嬉しいの。」 はな「蓮様。」 蓮...

NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第36回 感想

ふじ(室井滋)の温かい言葉に蓮子(仲間由紀恵)がひそかな決意をした翌朝、はな (吉高由里子)と蓮子は近くの池へ魚釣りに出かける。楽しそうだが「今日を決して 忘れない」などと言う蓮子に、はなはどうしたのかと問うもののはぐらかされる。 そこへ朝市(窪田正孝)と吉太郎(賀来賢人)もやってきて、4人は大きな魚を釣り上げる。 朝市や蓮子の言葉に背中を押され、帰京したはなは高等科への進学を決...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR