●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

リバースエッジ 大川端探偵社 (第4話・5/9) 感想

テレビ東京系『リバースエッジ 大川端探偵社』公式
第4話『FILE.04 アイドル・桃ノ木マリン』の感想。
なお、原作漫画(ひじかた憂峰氏原作、たなか亜希夫氏作画)は未読。


中年男(マキタスポーツ)がアイドル歌手の中古レコードを手にやって来て、現在行方の分からない?年代の幻のC級アイドル・桃ノ木マリン(小池里奈)を捜してほしいと依頼する。最近会社をリストラされた男は、もう一度彼女に会って、人生を変えたいというのだ。マイナーなアイドルとあって調査に苦戦する村木(オダギリジョー)だったが、ある驚きの情報に突き当たる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

今回は、アイドルとファンの究極のピュアな物語で来たか!

前回は見事な大人の男女の純愛物語だったが、今回は同じ大人でもだいぶ捻じれた男同士の純愛物語とでも言えば良いだろうか。いや、結果的に男同士なだけで、アイドルとファンの究極のピュアな物語と言った方が正しいかもしれない。

30年間右手を洗わずにいた中年男(マキタスポーツ)の純粋さも美しくも笑えたし、性別を偽ってアイドル・桃ノ木マリンを演じていた水野裕美(宇野祥平)の30年間色褪せないアイドル魂にもほろりとさせられた。うーん、今回も配役、脚本、演出、音楽と抜け目のない大人が楽しめるドラマだ。

あとがき

今回も、ちょいと緩くて深くて粋で洒落てて面白い世界観は全くブレなかったですね。どんどん面白く完成度も高まってます。本作の面白さは言葉で表現するのは難しいのが何とも…。とにかく次回も期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
リバースエッジ大川端探偵社 1巻 (ニチブンコミックス)
リバースエッジ大川端探偵社 2巻 (ニチブンコミックス)
リバースエッジ大川端探偵社 3巻 (ニチブンコミックス)
BRIGHT TIME [Single, Maxi] EGO-WRAPPIN’


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5545/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/396753279.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【 リバースエッジ 大川端探偵社 】第4話 感想

芸能界ってのはバケモノ屋敷だな。 アイドルって何なんですかね? そうだな。う~んと…。 永遠の…幻か? リバースエッジ 大川端探偵社 FILE.04 アイドル・桃ノ木マリン    大川端探偵社は、「浅草、観音裏隅田川沿い、小さな探偵社」。 社員は、調査員の村木。所長の大川端。 そしてコテコテメイクで胸が自慢の受付嬢・メグミの3人。 ...

「リバースエッジ 大川端探偵社」 第4話 アイドル・桃ノ木マリン

 メグミちゃん(小泉麻耶)はいつも元気だねぇ・・・(*´ω`*) 元彼の置いていった大量のレコード類を売りに行きましたぞ。 でも買取価格は全部で3千円。 すぐに奥の手を使って3 ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR