●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

花子とアン (第34回・5/8) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』公式
第6週『腹心の友』【第34回】の感想。


蓮子(仲間由紀恵)が見合いした石炭王・伝助(吉田鋼太郎)は親子ほども年の離れた人物で、傍若無人に振る舞って蓮子を戸惑わせる。そんなことはつゆ知らず、はな(吉高由里子)は蓮子の帰りを待ちつづけるのだった。一方、社会運動への厳しい取締りを目の当たりした吉平(伊原剛志)はしばらく身を潜めることにし、久しぶりにはなの元を訪れる。蓮子は悩みつつ女学校へ戻って来るが、はなを見かけると意外なことを提案する…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

今日も蓮子のことばかり…

今回は昨日の蓮子(仲間由紀恵)のお見合いの続きと、明日からの蓮子が甲府の安東家初訪問の話への橋渡しだけ。本作のヒロインは何をしたかと思えば、おとうと「グッドイブニング」と話して、蓮子のツアコンをやっただけ。

そうそう、腹心の友になって半年以上経つのに、車中で家族構成を話してたっけ。これでは、感想の書きようがない…

「お母やん、初月給持って帰るから楽しみにしてくりょ」

脚本家は完全に女学校時代のはな(吉高由里子)には興味関心が無いような展開になっているから言ってもしょうがないが、バイト代とは言えはなの初給料の話はもっと膨らませても良かったのでは。

英英辞書を買ったり腹心の友に菓子を買うのも悪くないが、ここは「お母やん、初月給持って帰るから楽しみにしてくりょ」とか言って、そこに蓮子を便乗させて帰省するとかできなかったのか?

あの健気で賢くて空想好きな幼少期のはなはもういない…

甲府のシーンを見る度に、山田望叶さんが見事に演じたあの健気で賢くて空想好きな幼少期のはなはもういないのかと思ってしまう。厳しい学生生活で性格まで一新してしまったのか(違反ばかりしている印象が強いが)、蓮子にヒロインの座を奪われつつある今のはなを見ると、とても残念な気持ちになる…

あとがき

『腹心の友』と言うサブタイトルですが、実際に描かれているのは、蓮子の方だけですね。はなは一方的に蓮子にべったりしているだけで、どの辺が“腹心の友”なのか良く解りません。今となっては“腹心の友”のきっかけとなった復讐のくだりも何だったのか状態ですし。
朝ドラの放送時間の何倍も感想を書く方が時間を食うって…もう止めようかな。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 花子とアン Part1 (NHKドラマ・ガイド)
アンを抱きしめて―村岡花子物語
村岡花子: 「赤毛のアン」の翻訳家、女性にエールを送りつづけた評論家 (KAWADE夢ムック 文藝別冊)
連続テレビ小説 花子とアン オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5533/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/396533580.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

花子とアン 第34回

内容 初めての給料をもらったはな(吉高由里子)は、 きんつばを買って帰り、蓮子(仲間由紀恵)の帰りを待っていた。 そのころ、蓮子は、石炭王・嘉納伝助(吉田鋼太郎)と見合いをしていた。 一切しゃべらない伝助に、蓮子は困惑するが。。。。 そんななか、父・吉平...

連続テレビ小説 花子とアン(34)「腹心の友」

蓮子が見合いをした伝助は石炭王で、蓮子とは親子ほど年の離れた人物。 ワインばっかり飲んで一言もしゃべらなかった。伝助は蓮子がお見合いを 断ってくると思っている。しかし晶貴は蓮子を説得するという条件で 結納金を受け取ったという。あんたという男は蓮子の気持ちを考えてみろ・・・ 一方社会運動の取り締まりが厳しくなり、吉平さんはしばらく身をひそめることに 久しぶりにはなに会いに来た吉平さん...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR