●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

花子とアン (第33回・5/7) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』公式
第6週『腹心の友』【第33回】の感想。


晶貴(飯田基祐)から、葉山家を救うために見合いをしてくれと懇願され、絶句する蓮子(仲間由紀恵)。そのころ出版社では、その日入稿予定の原稿が燃えてしまうというアクシデントが起きていた。社員たちが途方に暮れる中、はな(吉高由里子)は翻訳を買って出る。だが肝心の英和辞典が持ち出されており、英治(鈴木亮平)は修和女学校の辞書を借りようと飛び出して行く。しかしはなは、女学校が男子禁制だったことを思い出し…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

うーん。今日の脚本の手抜き具合は半端無いような…

今日は妙な15分間だった。良かった部分と良くなかった部分しか無かった珍しい回。と言うことで、感想も

良かった部分。

主人公・はな(吉高由里子)が翻訳と言う職業に何となく向いていく気配が感じられる描写があったこと、だけ。

良くなかった部分。

・葉山家の事情がコロコロ変わり過ぎてよくわからない。
・簡単に1ケ月経っちゃった。
・出版社なのに原稿の扱いが酷過ぎ。
・燃えた原稿の翻訳をはなに丸投げ。(翻訳できる人は他にいないの?)
・白鳥(近藤春菜)は英語を喋れないのか?
・ってことは、学校内で英語がまともに出来るのは富山(ともさかりえ)だけ?
・はなは何度も男子禁制で処分されてるのに、またか。
・校長の対応に違和感。学校と出版社に何か癒着でもあるのか?
・編集長が勤務中にプロポーズって、どれだけゆるい出版社なの?
・はながどれだけ見事な翻訳をしたのかの描写無し。
・給料の金額も不明。
・なぜ編集長はプロポーズのことをペラペラとはなに話したのか?
・更に、なぜはなはそのことを富山先生にペラペラ話すのか?
・そして、なぜ急に富山先生が人生観をペラペラと語り出したのか?
・なんで、はなはあんな姿勢で待ちわびるのか?

あとがき

もう今日の内容には触れません。でも、今日の15分間を観て再認識したことがあります。それは本作を“はなパート”と“蓮子パート”に分けると、明らかに人数は少ないのに“蓮子パート”の俳優陣の方に分があることです。だからこそ、はなをもっと丁寧に描いて欲しいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 花子とアン Part1 (NHKドラマ・ガイド)
アンを抱きしめて―村岡花子物語
村岡花子: 「赤毛のアン」の翻訳家、女性にエールを送りつづけた評論家 (KAWADE夢ムック 文藝別冊)
連続テレビ小説 花子とアン オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5529/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/396446160.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「花子とアン」第33回★村岡(鈴木亮平)が白鳥(近藤春菜)に腕をねじ上げられ…

連続テレビ小説「花子とアン」 第33回(5月7日) 面倒くさい醍醐(高梨臨)たちの《女学校パート》を苦手としているので、出版社での《バイト・パート》に時間を割いてくれるのは有り難いです。 修和女学校という”閉鎖空間”を飛び出して一般社会との交わりが出来てホッとします。 で、はな(吉高由里子)のバイトの様子から、なんとなくだけど、『カーネーション』の糸子(尾野真千子)がパッ...

連続テレビ小説 花子とアン(33)「腹心の友」

晶貴から、葉山家を救うため見合いをしてくれと懇願され、絶句する蓮子。 さんざん今まで蓮子を罵倒しておいて、困ったときに頭を下げるとは ちょっとむしのいい話では・・ まずは今までのことを心から蓮子に詫びることが 筋ではないのかい? その頃出版社では、その日入稿予定の原稿が燃えてしまうという アクシデントが起きた。社員たちが途方に暮れる中、はなが翻訳を買って出る。 だが、肝心の英和辞典...

連続テレビ小説 花子とアン(33)「腹心の友」

晶貴から、葉山家を救うため見合いをしてくれと懇願され、絶句する蓮子。さんざん今まで蓮子を罵倒しておいて、困ったときに頭を下げるとはちょっとむしのいい話では・・ まずは今までのことを心から蓮子に詫びることが筋ではないのかい? その頃出版社では、その日入稿...

花子とアン 第33回

内容 蓮子(仲間由紀恵)を訪ねてきた兄・晶貴(飯田基祐) 「葉山の家を救ってくれ」 一方、小間使いだけでなく、翻訳の手伝いもすることになったはな(吉高由里子) そして働きはじめて1ヶ月。編集部でボヤ騒ぎが起きて、原稿が焼失。 困っている英治(鈴木亮平)た...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR