●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

ホワイト・ラボ~警視庁特別科学捜査班~ (第4話・5/5) 感想

TBS系『ホワイト・ラボ~警視庁特別科学捜査班~』公式
第4話『冤罪の連続殺人者』の感想。


女性の他殺体が見つかる。現場の状況から、神山(和久井映見)は野島(山崎銀之丞)という男を思い出す。野島は、5年前に神山が担当した連続殺人事件で逮捕されたが、証拠不十分で半年前に釈放されていた。野島を疑う神山らは上層部に極秘で捜査を開始。一方、一ノ瀬(北村一輝)は5年前の事件の唯一の生存者で、現在、植物状態になっている弘枝(西尾景子)の元へ向かう。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

前回よりは良かったかも?

3人目の脚本家投入で、前回の“主人公が一人で事件解決するだけの普通のドラマ”から、今回は“ちょっとチーム捜査らしきものを漂わせた普通の刑事ドラマ”に若干ランクアップしたと思う。特に少々強引でも5人の違いを描いたのは良いことだし、主役が完全に一ノ瀬(北村一輝)に確定したのも良かった。

これを科学捜査と言ってしまうか…

ただ、鳴り物入り?のタブレットも無くなり、滴下血痕と飛沫血痕の違いを見抜いた程度で警視庁特別科学捜査班を名乗るのは些か説得力不足。お涙頂戴のくだりが短縮されたのは喜ばしいが、事件は解決しても、あの娘の行為が消える訳では無いから、結局ドラマ的に不完全燃焼でなかったか…

あとがき

先週の書いたように10分で離脱するか決めようと観始めました。そして10分は観ていられましたが、30分頃から厳しくなりました。次回がいよいよ私の正念場?です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
TBS系 月曜ミステリーシアター ホワイト・ラボ~警視庁特別科学捜査班~ オリジナル・サウンドトラック
Destiny (初回限定盤)(DVD付)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5524/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/396352313.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホワイト・ラボ〜警視庁特別科学捜査班〜 第4話

「冤罪の連続殺人者」 内容 5年前発生した4件の連続殺人犯として、逮捕勾留され、 拘置所で、4年間勾留されていた野島賢治(山崎銀之丞)が 無罪判決を受け、釈放された。 釈放されたことで、被害者遺族・佐々木豊(尾崎右宗)らの罵声は飛ぶが。。。 それからしば...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR