●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

花子とアン (第30回・5/3) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』公式
第5週『波乱の大文学会』【第30回】の感想。


開幕直前、蓮子(仲間由紀恵)から衝撃の過去を告白されたはな(吉高由里子)は、舞台に飛び出して行った蓮子を、祈るようなまなざしで見守る。客席には蓮子の宿敵とも言える兄・晶貴(飯田基祐)の姿があり、蓮子はジュリエットのセリフに思いの丈をのせ、晶貴にぶつけてゆく。物語は進み、はなが急きょ演じることになった小間使いの出番に。しかしはなは緊張のあまり転んでしまい、大事な小道具の薬瓶をほうり投げてしまう…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

『ロミオをジュリエット』が長過ぎ!

まず、『ロミオをジュリエット』の舞台のシーンも美輪さんの演目解説も長過ぎる。まあ高視聴率を支える多くのファンはこの“○塚歌劇もどき”を楽しく観ているのだろうが。敢えて言いたい。この朝ドラ、視聴者に何を見せたいのか!?

女学校時代の集大成がこれ!?

来週の予告編には女学校のカットはほぼ無かった。とすると、これが女学校時代の描写の集大成と言うことなのか。月曜に突然はな(吉高由里子)が翻訳と脚色を買って出てから、蓮子(仲間由紀恵)が配役問題起こして過去を自白して、亜矢子(高梨臨)がクラスをかき回しただけ。

で、蓮子の復讐劇に加担するのは“腹心の友”への伏線としても、伯爵の背中に貼り紙をつけるってどんだけ幼稚な発想なのか。小学生のいたずらでもあるまいし。伯爵も鑑賞が終わったらとっと帰宅すれば良いのに。そして何となくキャッキャッと騒いで、腹心の友が結成しちゃった。今週って何だったの?

始めから『赤毛のアン』を朝ドラ化すれば良かったのに…

ここで敢えてタイトルの『花子とアン』について考えてみた。花子とアンの共通点は(本作としては)“想像力が人生を豊かにすることを知る少女”と言う部分だと思う。本作でも第1週のはなの幼少期には、きちんとそれが描かれていた。しかし、最近はどうだろうか。

8割が“友情の物語”、2割が“家族の物語”になってやしないだろうか。別にこの2つの物語が面白くないのではない。肝心の“想像力が人生を豊かにすることを知る少女”が描かれてこその友情であり家族で無いのかと思うのだ。3つを描きたいのは解る。ならば『赤毛のアン』をドラマ化すれば良かったのに…

あとがき

結局、サブタイトル『波乱の大文学会』は、予想通り単なるはなの女学校時代の1ページ扱いでしたね。そして、作者が言いたかったのは「私の腹心の友になってくれて?」のはなの台詞だけ。最後のシーンも、あんな復讐の共犯(共働)で腹心の友になっちゃうのって感じですけど。

さて、次週こそ『村岡花子の一代記』が始まるんですかね。予告編を見る限り、来週も舞台を甲府に移して蓮子物語で終わりそうな予感しかしませんが…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 花子とアン Part1 (NHKドラマ・ガイド)
アンを抱きしめて―村岡花子物語
村岡花子: 「赤毛のアン」の翻訳家、女性にエールを送りつづけた評論家 (KAWADE夢ムック 文藝別冊)
連続テレビ小説 花子とアン オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5515/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/396148119.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「花子とアン」第30回★ロミオとヂュリエットに10分

連続テレビ小説「花子とアン」 第30回(5月3日) 困りましたねぇ・・・感想が浮かばない。 −◆− ロミオとヂュリエットを上演。 小生が苦手とする醍醐(高梨臨)は、ハイカラさんファッションよりは舞台衣装の方がマシ。 葉山蓮子(仲間由紀恵)は・・・経年変化した仲間由紀恵の容姿について色々思うけど、野暮なことは文字にすまい・・・。 で、小間使い役をするはな(吉高由里子)...

NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第30回 感想

開幕直前、蓮子(仲間由紀恵)から衝撃の過去を告白されたはな(吉高由里子)は、 舞台に飛び出して行った蓮子を、祈るようなまなざしで見守る。 客席には蓮子の宿敵とも言える兄・晶貴(飯田基祐)の姿があり、蓮子はジュリエットの セリフに思いの丈をのせ、晶貴にぶつけてゆく。 物語は進み、はなが急きょ演じることになった小間使いの出番に。 しかしはなは緊張のあまり転んでしまい、大事な小道具の...

花子とアン 第30回

内容 ついに、大文学会の日がやって来た。 蓮子(仲間由紀恵)の兄も渋々駆けつけるが、 妹が主役と知り驚き、校長に中止を求める。しかし舞台の幕が上がってしまう。 敬称略 あの〜〜〜〜〜〜 重ねようとする意図も分かりますが。 演目の解説が、長すぎ。。。。その...

花子とアン第5週(4.28-5.3)

女学校の行事でロミオとジュリエットの舞台をやることになり、 脚本の執筆に奮闘する安東はな@吉高由里子 だが、なぜか主役に立候補した葉山蓮子@仲間由紀恵は 練習に参加しようとせず、クラスの雰囲気は悪化、 蓮子を説得する中、複雑な家庭の事情を聴かされたはなは 舞台が無事成功に終わった後、蓮子と腹心の友となったと はなと蓮子が腹心の友となるまでを描いた話でしたな はなと蓮子のモデルである人たちは...

花子とアン 第5週「波乱の大文学会」〜箸が転がっても笑ってしまう少女

 今回はふたつの笑顔。  ロミオとジュリエットの舞台の幕が下りて、蓮子(仲間由紀恵)と醍醐亜矢子(高梨臨)が笑みを交わす。  これだけで、ふたりのわだかまりが解けたことが伝わって来る。  ふたつめの笑顔は、はな(吉高由里子)と蓮子。  伯爵の背中にいたず...

【花子とアン】第5週感想と第4週視聴率「ロミジュリ&蓮子の過去」

ネタバレでも紹介しましたが、5/6(火)午前5:15~5:50、NHK総合で、「

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR