●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

花子とアン (第28回・5/1) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』公式
第5週『波乱の大文学会』【第28回】の感想。


はな(吉高由里子)が書きあがったばかりの脚本を真っ先に蓮子(仲間由紀恵)に渡したのを見て、醍醐(高梨臨)はしっとを抑えられない。一方、白鳥(近藤春菜)がジュリエットの代役を買って出る。その怪演ぶりに皆が内心困り果てていると、蓮子(仲間由紀恵)が現れ、脚本にいたく感動した、今日からまじめにけいこする、と宣言。喜びで演出にも力が入るはな。その頃甲府ではふじ(室井滋)が血相を変えて吉太郎(賀来賢人)に…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

ねぇ蓮子、いつからはなの翻訳力に目をつけてたの!

蓮子「脚本、最後まで読みました。率直に感動致しました。
シェークスピアがこんなに面白いなんて知らなかった。
あなた、やっぱり翻訳力だけは大したものだわ」
確かに英語力は主人公特権で学校一番ってことになっていたが、蓮子が「やっぱり翻訳力だけは」と言うのはいつ頃どの辺で描かれたのか。それにはな(吉高由里子)が渡したのは脚本だから、翻訳力と脚色の能力も違うような。

ドラマ上はまだ翻訳家の才能を発揮する以前の素人の脚本を読んで、主人公を絶賛する蓮子は、もはやドラマのスタッフの一員なのかと思ってしまう程の、調子と手際の良い対応。どうしていつも蓮子ははなよりドラマの中で良いポジションにいるのだろうか…

朝市の父親の戦死を知らなかったの?

個人的には、もう甲府のくだりはしばらくお預けで宜しいのだが、どうも作者は1話に1エピソード入れたいらしい。どうやら私が勝手に安東家と木場家はご近所さんでお付き合いも程々あったように脳内補完していたようだ。まっ、明らかに甲府のくだりはいつも適当に書いてるのは見え見えだからしょうがない。

またお得意の『赤毛のアン』からの引用か?

『赤毛のアン』も『ロミオとジュリエット』も詳細な内容は忘れてしまったが、今回の台詞の変更のくだり、あれは『赤毛のアン』の中のマリラの台詞「あざみとかスカンク・キャベツとかいう名前だったら」のエピソードでは?それを強引に引用して、シェークスピアの台詞まで自分流にアレンジしちゃうのは、翻訳家の卵としってどうなんだろう?これ史実なのか???

はなの翻訳力、脚色力を際立たせたいのはわかないでもないが、それ以前にはなが翻訳や脚色にどう興味を持ち、蓮子が絶賛するのかも描いていていない段階で、はなをベテラン翻訳家のように描いてどうしたいのか。だって、そんなことをやっても相変わらず蓮子が中心に物語は回ってるんだから。

あとがき

蓮子ってキャラがどう言うものなのか描写途中だからってことで、はなの翻訳をべた褒めするのは良しとしても、はなが例の台詞に違和感を覚えて変えた理由がわかりません。

「自分がこっちの方が良いから」などと言う理由で無く、固有名詞に対する拘りみたいな部分で。これは幼少期の「私を花子と呼んでくりょう」の延長線と言う理解で良いのでしょうか。と言うか実は「花子と呼んで」の根拠もあやふやですが…。もうどうでも良いですけどね。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 花子とアン Part1 (NHKドラマ・ガイド)
アンを抱きしめて―村岡花子物語
村岡花子: 「赤毛のアン」の翻訳家、女性にエールを送りつづけた評論家 (KAWADE夢ムック 文藝別冊)
連続テレビ小説 花子とアン オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5505/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/395982124.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「花子とアン」第28回★白塗りヂュリエット・白鳥(近藤春菜)

連続テレビ小説「花子とアン」 第28回(5月1日) 今日は特段の感想がないから気持ち的にはスルーなんだけど、「白塗り」については良くも悪くも印象に残っちゃった。 −◆− 早朝。まだ寝間着のはなに醍醐が声をかけてきます。 「はなさんはどっちを選ぶの? 徹夜で書き上げた原稿をあの方(葉山蓮子)に読ませるなんて。私より葉山様の事が好きなの?」 ”女学校パート”にそこはかとない苦...

花子とアン 第28回

内容 あいかわらず、稽古にやってこない蓮子(仲間由紀恵)に はな(吉高由里子)は、書き上げたばかりの脚本を手渡し、 このままじゃ、舞台に立つことさえ出来なくなると注意する。 一方で、蓮子ばかりを気にしているはなに、亜矢子(高梨臨)が嫉妬。 はなが、とまどっ...

連続テレビ小説 花子とアン(28)「波乱の大文学会」

はなが、書き上げたばかりの脚本を真っ先に蓮子に渡したのを見て、醍醐は 嫉妬を抑えきれない、女同士の嫉妬に限らず現代でもあるのかも知れない。 白鳥さんがジュリエット役を買って出た。白鳥さんの怪演ぶりに、皆が内心 困り果てているところを、蓮子が現れ、脚本にいたく感動した。これから 真面目に稽古に出ると宣言。皆よかったね・・・・・ はなは喜びで演出に力が入る。不安材料は醍醐の嫉妬。次から...

NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第28回 感想

はな(吉高由里子)が書きあがったばかりの脚本を真っ先に蓮子(仲間由紀恵)に渡したのを 見て、醍醐(高梨臨)はしっとを抑えられない。 一方、白鳥(近藤春菜)がジュリエットの代役を買って出る。 その怪演ぶりに皆が内心困り果てていると、蓮子(仲間由紀恵)が現れ、脚本にいたく感動した、 今日からまじめにけいこする、と宣言。 喜びで演出にも力が入るはな。その頃甲府ではふじ(室井滋)が血相...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR