●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

花咲舞が黙ってない (第3話・4/30) 感想

日本テレビ系『花咲舞が黙ってない』公式
第3話『臨店vs悪徳支店長!無能な部下なんていません!!』の感想。
なお、原作小説(池井戸潤/著)は未読。


舞(杏)と相馬(上川隆也)は、蒲田支店に‘臨店’ではなく‘応援’に行くことに。舞は高圧的な支店長の須賀(神保悟志)に反感を抱くが、久しぶりの窓口業務を生き生きとこなす。その夜、嘱託の金田(阿南健治)と居酒屋に立ち寄った相馬は、その話から、須賀が相馬と舞を痛い目に遭わせることで、真藤(生瀬勝久)への点数稼ぎをしようとしていることに気付く。翌日、舞は得意客の武内(丸山智己)の通帳の名義に不審を抱く。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

冒頭10分間は雑談レベル。その後30分間もダラダラと…

冒頭から舞(杏)のふくれっ面を見せらると、まるで『ごちそうさん』の卯野め以子がビジネススーツを着たままにしか見えず、嫌な予感。と思ってい観ていたら、結局冒頭の約10分間はプロローグとは程遠いどうでも良い話。その後も物語は杏さんのPVを観ているような感じで、似たようなエピソードの繰り返しで大して話も進まぬままダラダラ約30分…

15分もあれば十分じゃないの?

やっと事件が発生するのが39分過ぎ。さてどんな展開になるのかと思いきや、都合良過ぎる程の「アライソノコ」のネタで、まるで刑事ドラマ並みに流れるように詐欺師にたどり着く舞。そして最後に自分の意見を大声で発表し、本人と何もしない取り巻きだけがスッキリした感じて終了。この程度の内容なら15分もあれば十分じゃないの?

舞の“正義感”を描かなくて、何を描くつもりなの?

本作で最大に違和感を覚えるのは、主人公の舞の“正義感”がきちんと描かれていない点だ。まず、悪役の上司、次にその上司にこき使われる部下を作り出し、舞の活躍シーンを30分程繋げる。同期の連中も仲間同士で助け合うこともせず愚痴るだけ。そして最後に舞が上司の失敗を良いことに言いたい放題して、一人で手柄をとって終わり。

杏さんのPVと、舞のお手柄シーンだけで良いのか?

この一連の流れのどこに“正義感”や“痛快さ”があると言うのか。確かに舞がテラーの仕事では優秀なのは解る。しかし、舞と相馬(上川隆也)、また舞台となる各銀行支店の日常が全く描かれていないから、舞の発言が“正義感”によるものなのかが不明瞭なのだ。まずは舞の日常を基に“芯”をきちんと描き込むべきだ。

あとがき

この内容で、毎回6分延長枠なんですよね。その必要ありますか。話が単純すぎるし、痛快でも何でもない。杏さんの人気と個性的な俳優陣の演技で何とかそれなりに描こうとしているのは解りますが、原作ありきでしょうが、ドラマ的な面白さを模索して欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
新装版 不祥事 (講談社文庫)
新装版 銀行総務特命 (講談社文庫)
花咲舞が黙ってない オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5503/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/395971252.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

花咲舞が黙ってない「臨店VS悪徳支店長!無能な部下なんていません!!」

現代劇なのに、本作は、悪役が、いかにも… で、毎回、最後には、ぎゃふんだし、オハナシが単純で分かりやすい! でも、相棒のピルイーター・神保悟志、最近、とくにヒールづいてるけれど、今回は、「悪どい嫌な上司」に徹してましたね。嫌がらせの雨嵐。でも、舞(杏)パパの健康志向と、偶然、嫌がらせで押し付けられた業務で、目撃した通帳がつながってるとは、さすが、現代チャンバラ物語。個人的には、舞振り回される...

花咲舞が黙ってない #03

『臨店vs悪徳支店長!無能な部下なんていません!!』

花咲舞が黙ってない 第3話 ★机をバンッの須賀支店長(神保悟志)がギャフン

花咲舞が黙ってない 第3話 ヒロインをいじめる嫌な奴=須賀支店長(神保悟志)を、スーパーヒーロー花咲舞(杏)が八面六臂の働きでギャフンと言わせるストーリーは、超シンプルだから見ていて楽ですね。 あと、杏ちゃんはスーツや銀行の制服姿が似合っていて、『ごちそうさん』のめ以子が漂わせた違和感が皆無なのも好印象。 少々「粗」が目に付きますが、シンプルさや印象の良さでカバーできてるよ...

花咲舞が黙ってない 第3話:臨店VS悪徳支店長!無能な部下なんていません!!

またまたスッキリ〜!ε-(´▽`) ホッ 今回の支店長も嫌な奴だった〜!てか、今回はあまりに次々と真藤派の支店長が 相馬と花咲によって左遷させられるので、いっちょ二人を困らせてやろうと画策したのに このザマ!って結局それって真藤派にろくな人材がいないって事なのに...

花咲舞が黙ってない 第3話

「臨店vs悪徳支店長!無能な部下なんていません!!」 内容 芝崎次長の命令で、 蒲田支店への事務応援に行く事になった舞(杏)相馬(上川隆也) 舞は、久々に窓口の仕事が出来ると、大喜びだった。 ただ相馬からは、支店長の須賀住男(神保悟志)には注意しろと。。...

花咲舞が黙ってない第3話(4.30)

支店の応援に狩りだされる花咲舞@杏と相馬@上川隆也だったが、 そこには臨店班に赤っ恥をかかせたい支店長須賀@神保悟志の思惑があった 須賀支店長の嫌がらせにも負けず、業務をこなしていった舞は やがて支店を利用しようとした詐欺師の存在に気づいたと・・・。 「あなたはいつもこの支店に無能な人間は必要ないとおっしゃってますが、 だとしたらこの支店に必要ないのは、須賀支店長、あなたです!」 「無能な...

「花咲舞が黙ってない」問題を黙っている訳に行きません3行員たちは有能です!無能なのは支店長あなたです!花咲舞は行員の気持ちを代弁し拍手喝采を浴びた!

「花咲舞が黙ってない」第3話は花咲舞は相馬と共に蒲田支店へ事務応援に行くように命じられ、蒲田支店へと向かう。そこの支店長はとにかく行員を無能と言いはるばかりで行員たち ...

花咲舞が黙ってない三話&アリスの棘四話感想

■花咲舞が黙ってない三話 この人の原作、週に2本もやってるのかよ!という感じですが。まあ安定して面白いですねえ。杏と上川隆也のコンビが予想以上にいいのかも。半沢直樹の女版というか、作者が同じだからな。同じであたり前なのかもしれないけど(苦笑) このドラマもそうだけど、銀行大丈夫か?悪い人ばかりじゃん!?と思っちゃうんですけど。。そうなんですか?誤解ですか?いや、そうですよね。 三話は主...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR