●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

極悪がんぼ (第3話・4/28) 感想

フジテレビ系『極悪がんぼ』公式
第3話『仕返しだ暴力男に怒りの制裁』の感想。
なお、原作漫画(田島隆/原作・東風孝広/作画)は未読。


金子(三浦友和)は不動産屋・地揚(ラサール石井)から、解体が決まったマンションに居座る飛騨(要潤)を追い出す仕事を依頼される。飛騨は建設会社のエリート社員で、妻・満利子(猫背椿)も県会議員の娘という一筋縄ではいかない相手。金子は色仕掛けで飛騨を陥れろと薫(尾野真千子)に命じる。薫は拒否するが、キリコ(仲里依紗)から飛騨が金持ちに目がない男だから簡単だと説得され、資産家を装って飛騨に接近する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

きちんと主人公の成長と挫折が描かれた!

前回までは自分の新しい職業(と言うか金儲け手段)に疑問を持ちつつの主人公だったが、今回は自身の立場を承知の上で自ら行動した結果で、成長と挫折がきちんと描かれた。いくら外道たちの話と言っても、やはり主人公の成長と葛藤がなければドラマが生まれない。第3話でそれが表現されたのは、なかなか良かったと思う。

主人公のキャラも定まってきた!

負けん気が強いだけでなく、実はちょっと臆病で弱い者を助けたくなる人情の持ち主と言う薫(尾野真千子)が定まってきた。お蔭で、“金髪”こと金子(三浦友和)らとの絡みも面白くなった。やはり主人公のキャラクターは早期に固定された方が、他者との距離感が解り易くなって面白味が増す。

話はベタだが、主人公の成長がマンネリ防止になってる!

そして、何と言っても本作の見所である、薫とワルおやじたちとの関係が意外と複雑に絡み合って生み出させる良い人なのか悪い人なのかわからなくなるような妙な世界観が、回を重ねる毎に複雑化し楽しくなるのが良い。話はベタだが、薫の成長によって、結末までの流れに回毎に変化が生まれている。そこも上手い脚本だと思う。

あとがき

相変わらず『月9』の王道路線とは真逆で評価が割れているようですが、私は結構楽しんで観ています。次回にも期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
(仮) 2014年4月クール フジテレビ系月9ドラマ「極悪がんぼ」オリジナルサウンドトラック
氣志團「喧嘩上等」
極悪がんぼ(1): 1 [Kindle版]
極悪がんぼ コミック 全16巻完結セット (イブニングKC)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5493/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/395809468.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

極悪がんぼ #03

『仕返しだ 暴力男に怒りの制裁』

極悪がんぼ 第3話

薫(尾野真千子)は、膨れ上がった借金に頭を抱えていました。 夏目(竹内力)には、冬月(椎名桔平)に借金などするからだと言われていましたw そんな時、小清水経営コンサルタントに、不動産会社の地場(ラサール石井)がやって来ます。 地場の話では、土地買収を行っている地域で、古い集合住宅に住む夫婦が立ち退きに合意せず、困っていると言います。 立ち退かない夫婦の夫・林五郎(要潤...

夫(要潤)と妻(猫背椿)とすけこましをいてこまし(仲里依紗)

スケコマシは女性をいろいろとアレする人でいてこましは痛い目をいろいろアレすることである。 仲里依紗のしてるのは男の人の欲望につけこんでアレコレするツツモタセのお手伝いだろう。 ものすごく・・・面白い話なのに・・・眠たくなるんだようなあ。 この演出家のマジックはすごいよな。 すべてを平淡にしてしまうと

極悪がんぼ 第3話★DV男・飛騨林五郎(要潤)にボコられた薫(尾野真千子)

極悪がんぼ 第3話 休日なので簡潔に・・・。 アブラカタブラ石油の令嬢に化けて、DV男・飛騨林五郎(要潤)をハニートラップで引っかけて、ニャンニャン写真を撮ろうと企んでいた薫(尾野真千子)でしたが、見破られちゃって殴るの蹴るの・・・。 要潤は、こういう役所も似合ってるなぁ・・・。 三枚目からDV男までウイングが広い。 で、なんとか救出されて「小清水経営コンサルタント...

極悪がんぼ 第参話

「仕返しだ暴力男に怒りの制裁」 内容 なんとか上手くやって、金子(三浦友和)のヤマを奪い取り、 金を作ることができた薫(尾野真千子) 金子の借金は返すことは出来たが、冬月(椎名桔平)の借金は返せず。 そんな折、小清水経営コンサルタントに 不動産会社を営む...

「極悪がんぼ」金から逃れられない女3薫は色仕掛けに失敗するも相手の情報を入手に成功し成功報酬を手にするも同情の悪い癖で警察に捕まってしまった

「極悪がんぼ」第3話はさらに借金が膨れ上がった薫は開発工事の土地買収を行っているエリアで立ち退きに合意しない夫婦がいた。立ち退かない理由はぎりぎりまで立ち退きをせず立 ...

極悪がんぼ三話&ビター・ブラッド三話感想

■極悪がんぼ三話 アブラカタブラ石油(笑)おもろいなあ。尾野真千子のしとやか演技、わかってる、わかっているけど、男はああいうのに弱いんじゃ。。このドラマの仲里依紗も妙に艶っぽくてハマってるよね。けど、ド派手なスーツにヤクザみたいな奴らが、広島弁を繰り広げているのが何より良い。 主人公はお節介で身を滅ぼしてるよな。なんだかんだで発想はいいんだけど。一話の時から成長してないのだね。金子(三浦...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR