●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

ホワイト・ラボ~警視庁特別科学捜査班~ (第3話・4/28) 感想

TBS系『ホワイト・ラボ~警視庁特別科学捜査班~』公式
第3話『ニセ札は笑う』の感想。


ホームレスの自立を支援するNPO団体「にこやか村」の職員の変死体が見つかり、一ノ瀬(北村一輝)らが臨場。遺体の口には札束が詰め込まれており、その札にはお香の匂いが染み付いていた。現場の銃弾の痕から、犯人が拳銃を所持している可能性も高い。一ノ瀬が、現場に現れたホームレス・重田(飯田孝男)の「神の怒りが天で弾けた」という言葉を気にする中、にこやか村がホームレスを食い物にする闇金業者と判明する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

ついに普通の刑事ドラマになったか!?

これまでで最も“刑事ドラマ”らしい回だった。そして、ついに「普通の刑事ドラマ」になってしまった。ホワイト・ラボと言う科学捜査も、科学捜査班と言うチームもほぼどうでも良い状態になり、主人公が一人で事件解決するだけ。

いくら物語自体はそこそも工夫されて面白味があっても、一ノ瀬(北村一輝)以外の個性が失われた段階で、本作らしさはほぼ感じない。それになぜか神山警部補(和久井映見)の出番は相変わらず。これなら最初から神山と一ノ瀬がバディの刑事ドラマにすれば良かっただけだ。

あとがき

どんどん本作の個性が無くなっていきますね。面白くないとは言いませんが、退屈です。それでなくても刑事・科学捜査のドラマが多い今期の中で、最も影が薄い。完全に脚本も演出も方向性が違うような気がします。次回の冒頭10分で離脱するか決めます。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
TBS系 月曜ミステリーシアター ホワイト・ラボ~警視庁特別科学捜査班~ オリジナル・サウンドトラック
Destiny (初回限定盤)(DVD付)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5492/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/395806372.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホワイト・ラボ〜警視庁特別科学捜査班〜 第3話

「ニセ札は笑う」 内容 都内の公園で変死体が発見される。 亡くなったのは、NPO団体“にこやか村”の職員・曽根崎将司(篠原さとし) 近くには、一万円札が散乱し、口には札束が押し込まれていた。 岸部刑事(デビット伊東)は、死因を窒息死だろうと推理する。 だが...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR