●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

花子とアン (第20回・4/22) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』公式
第4週『嵐を呼ぶ編入生』【第20回】の感想。


勝手気ままな振る舞いを続ける蓮子(仲間由紀恵)を指導するべく白鳥(近藤春菜)が部屋に向かうが、あっさり退けられてしまう。はな(吉高由里子)は、そんな蓮子のお世話係をすることに。授業を勝手に抜け出す蓮子に、はなは「私は家族のためにも勉強しなくてはならない」と言い、蓮子はそんなはなを不思議な目で見る。ある夜、はなが蓮子に呼び出され部屋を訪れると、蓮子は「ぶどうで作った薬」という飲み物をはなに勧める…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

“ダイアナのラズベリー水”のくだりの引用か…

今日は、『赤毛のアン』の中のダイアナが美味しくて飲み過ぎた“ラズベリー水”が実は“赤ワイン”でたいそう酔っ払い、ダイアナの母が怒って飲ませたアンに暫く会わせないってくだりの引用だろうか。では、蓮子(仲間由紀恵)とはな(吉高由里子)はどうなるのか?蓮子の「家族のために勉強してるの?」の台詞が気になる…

何のドラマだっけ?

先週までと全く違ったドラマのようになってしまったが、イラッともしないし面白いかと聞かれれば普通って感じ。ただ、どうなんだろう。まだ登場二日目とは言え、蓮子のキャラが濃過ぎる上にまだどこぞの女将にしか見えず、何の物語なんだか状態のような。はなもギリギリ酔っ払って存在感を見せた程度だし。まあ、悪い訳では無いのだが…

悪くないだけに、全体の統一感があれば良いと思う…

幼少期の妄想のくだりも、本好きのくだりも影を潜め、取って付けたように甲府のシーンがインサートされる最近の今作。もう少し全体の統一感って出ないものだろうか。いや、そんなに悪い仕上がりで無いからこその注文なのだ。

あとがき

視聴率24.6%で番組最高を更新 3週連続で「ごちそうさん」超え』だそうですね。こう言うほんわかした笑いありほんのりした涙あり、ケンカあり成長ありみたいなの、これが朝ドラなんでしょうね。退屈と言えば退屈ですが、イライラせずに観られるので、まだ継続視聴できそうです。

いよいよ6月18日にオリジナルサウンドトラックが発売されますね。作曲の梶浦 由記さんの作品は、北野武監督作品『アキレスと亀』から意識したのですが、郷愁あるメロディや美しいピアノの旋律が良いですね。今作も郷愁が程良く表現されていると思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 花子とアン Part1 (NHKドラマ・ガイド)
アンを抱きしめて―村岡花子物語
村岡花子: 「赤毛のアン」の翻訳家、女性にエールを送りつづけた評論家 (KAWADE夢ムック 文藝別冊)
連続テレビ小説 花子とアン オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5462/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/395273392.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 19

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「花子とアン」第20回★葉山蓮子(仲間由紀恵)の葡萄酒で酔っ払った吉高

連続テレビ小説「花子とアン」 第20回(4月22日) 若秩父がもの凄い顔して・・・若秩父じゃねーよ、それに若秩父って若い人は知らないし・・・ で、白鳥(近藤春菜)が粘土をこねたような凄い顔をして「葉山蓮子さんのお部屋はどこですか?」 畠山さんが「廊下の、一番奥です。」 葉山蓮子の個室の前に行って「食事をみんなと一緒にしない不届き者がいると聞いて参りました。葉山蓮子さん、...

花子とアン 第20回

内容 はな(吉高由里子)より8歳年上の編入生・蓮子(仲間由紀恵) その行動は、皆を困惑させる。 そんななか、校長から蓮子の世話係を命じられてしまうはな。 蓮子の指名だと言うことだった。 その後も、蓮子は、教師を挑発するような態度を取るだけで無く、 勝手な行...

連続テレビ小説 花子とアン(20)「嵐を呼ぶ編入生」

勝って気ままな振る舞いをする蓮子を指導すべく白鳥が部屋に向かうが、 あっさり退けられてしまう。この場面一瞬だが蓮子よくやったと思った。 その八つ当たりをはなにぶつけてはダメでしょう?白鳥さん。 はなは、蓮子のお世話係をすることになったってはなは使用人か? 授業を勝手に抜け出す蓮子にはなは「私は家族のためにも勉強しなくてはならない」 と言い、蓮子はそんなはなを不思議な目で見る。 一...

連続テレビ小説 花子とアン(20)「嵐を呼ぶ編入生」

勝って気ままな振る舞いをする蓮子を指導すべく白鳥が部屋に向かうが、あっさり退けられてしまう。この場面一瞬だが蓮子よくやったと思った。その八つ当たりをはなにぶつけてはダメでしょう?白鳥さん。はなは、蓮子のお世話係をすることになったってはなは使用人か?授業...

NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第20回 感想

勝手気ままな振る舞いを続ける蓮子(仲間由紀恵)を指導するべく白鳥(近藤春菜)が部屋に 向かうが、あっさり退けられてしまう。 はな(吉高由里子)は、そんな蓮子のお世話係をすることに。 授業を勝手に抜け出す蓮子に、はなは「私は家族のためにも勉強しなくてはならない」と言い、 蓮子はそんなはなを不思議な目で見る。 ある夜、はなが蓮子に呼び出され部屋を訪れると、蓮子は「ぶどうで作った薬」...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR