花子とアン (第17回・4/18) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』公式
第3週『初恋パルピテーション!』【第17回】の感想。


かよ(黒木華)が女工として製糸工場へ行くことを朝市(窪田正孝)から聞き、ショックを受けたはな(吉高由里子)は、自分だけ東京で勉強させてもらっていることがいたたまれなくなる。はなは地主の徳丸(カンニング竹山)のもとを訪れ、女学校をやめて働くので働き口を世話して欲しい、と頼み込む。その話をリン(松本明子)から伝え聞き、ふじ(室井滋)や朝市たちは驚くばかりだが、かよはなぜか怒り出すのだった…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

元旦なのに、おとうは何処へ行っただよ!

昨日の放送で、はな(吉高由里子)が暮れに帰郷した時は家にいたのに、元旦にはおとうがいない。確かに石橋蓮司さんの演技は魅力的だが、おとう吉平(伊原剛志)がいないのは不自然なような…

普通に楽しめた!

今日は普通にドラマを楽しめた。理由は簡単。美輪さんの語りが(いつもに比べて)極端に少なかったからに違いない。お蔭で、俳優さんたちの演技にも台詞にも自然の風景も普通に楽しむことが出来た。語りを楽しみにしている視聴者も多いだろうが、テレビドラマは全体のバランスが大事。それが良く解った15分間だった。

はなの見送りが朝市と美輪さんだけ?

おとうが居ないのはしょうがないとして、はなが上京するのに見送りが朝市(窪田正孝)と美輪さんの語りだけってのは寂し過ぎないだろうか。まあ甲府ロケの香盤表の都合もあるだろうが、ならばセットでお別れのシーンでも良かったような。でも、まあ普通の朝ドラの15分だったのは間違いない。

あとがき

昨日の美輪さんの出番が多過ぎたので、今日の少なさは極端すぎると思いますが、ドラマとしての仕上がりとしては、語りで補完せず、俳優の演技と舞台背景で魅せるのが正当だと思います。この路線で行って欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 花子とアン Part1 (NHKドラマ・ガイド)
アンを抱きしめて―村岡花子物語
村岡花子: 「赤毛のアン」の翻訳家、女性にエールを送りつづけた評論家 (KAWADE夢ムック 文藝別冊)
『赤毛のアン』と花子: 翻訳者・村岡花子の物語 (ヒューマンノンフィクション)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5446/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/394951764.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 1213 14 15 16

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「花子とアン」第17回★はな(吉高由里子)は百姓の手じゃねえ

連続テレビ小説「花子とアン」 第17回(4月18日) んん・・・なんだろう? なんかシックリこない・・・。 −◆− はな(吉高由里子)が朝市(窪田正孝)に「知らなんだ。おら 恥ずかしい。みんなの苦労も知らんで。おら、穴があったらへえりてえ。今すぐここに穴掘ってへえりてえだ。」 家族の貧困を知らずに修和女学校でのうのうと日々を過ごし、帰郷してなお家族の状況に思いが至らなかった...

花子とアン 第17回

花子とアン 第17回 内容 久々の帰郷した、はな(吉高由里子) だが、(なにか様子のおかしい、かよ(黒木華) 翌日、朝市(窪田正孝)から、かよが年明けには製糸工場に行くと聞く。 はなは、すぐに徳丸(カンニング竹山)のもとを訪ね、 働く場所を紹介して欲しい...

NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第17回 感想

かよ(黒木華)が女工として製糸工場へ行くことを朝市(窪田正孝)から聞き、 ショックを受けたはな(吉高由里子)は、自分だけ東京で勉強させてもらって いることがいたたまれなくなる。 はなは地主の徳丸(カンニング竹山)のもとを訪れ、女学校をやめて働くので 働き口を世話して欲しい、と頼み込む。 その話をリン(松本明子)から伝え聞き、ふじ(室井滋)や朝市たちは驚くばかりだが、 かよはな...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR