●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

BORDER (第2話・4/17) 感想

テレビ朝日系『BORDER』公式
第2話『救出~連続殺人…7人目の被害者は生きている!?』の感想。
なお、金城一紀氏による同名のメディアミックスプロジェクトの漫画と小説は未読。


石川(小栗旬)らが担当していた女子高生連続強姦殺人事件の捜査線上に、容疑者として不動産会社社員の村上(丸山智己)が浮かぶ。しかし、村上は自宅を訪ねてきた石川らの眼前で自殺。ぼうぜんとする石川の前に村上の霊が現れた。村上の言葉の通り、床下から7本の毛髪の束が出てきた。これまで発見された被害者は6名で、村上によると監禁中の7人目の被害者は、24時間以内に捜し出さないと死んでしまうという。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

個性的で面白い刑事ドラマになる予感がする!

初回では、幽霊と会話できる以外の類似刑事ドラマとの違いがあまり感じられなかったのだが、今回は主人公・石川(小栗旬)が亡くなった犯人・村上(丸山智己)とかなりの時間一緒にいたために、妙なオカルトらしさやシュールさまで感じられた。第2話にしてなかなか個性的で面白い刑事ドラマになりそうな予感だ。

気になる点もある。
しかし、他の刑事ドラマに無いものがある!

女子高生を見つけるまでの流れはちょっとトントン拍子過ぎるのと、比嘉ミカ(波瑠)のキャラがちょっと中途半端な位置付けなのは気になる。しかし、ラストに込められたメッセージは、他の刑事ドラマでは見られないようなシュールさと怖さ。それに少し映画『オーメン』のダミアンに似た男の子のカットアウトも印象的で良かった。

あとがき

裏番組と違ってこちらは物語がサクサク進みますし、何より刑事ドラマの多いい今期の中で個性的なのが良いです。小栗旬さんもハマリ役ではないでしょうか。次回に期待します。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
BORDER (角川文庫)
BORDER(1) (カドカワコミックス・エース)
Tales of Purefly [Limited Edition] MAN WITH A MISSION


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5443/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/394944734.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小栗旬「BORDER」第2話vs西島秀俊「MOZU」第2話★波瑠の透明解剖着

テレ朝の「BORDER」第2話とTBSの「MOZU」第2話を観ました。 『最後から二番目の恋』もあるし、BSでは海外リーガル・ドラマ『グッドワイフ』もあるし、木曜は忙しい・・・。 ◆「MOZU Season1 〜百舌の叫ぶ夜」第2話 重厚な映像。豪華なキャスト。見応えがあるはずなんだけどなぁ・・。 西島秀俊 香川照之 真木よう子 吉田鋼太郎 長谷川博己・・・。 ...

BORDER

第二話「救出」 

「BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係」第2話

日時指定… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201404180001/ 【送料無料】BORDER(1) [ 小手川ゆあ ]価格:605円(税込、送料込)

BORDER 第2話

首都圏で女子高生の連続殺人事件が発生します。 捜査に乗り出した石川(小栗旬)たちは、6人目の被害者が映った防犯カメラの映像から、一緒に車に乗り込んだ男を加害者と特定します。 男は10代の時に強姦などの前科がある村上(丸山智己)という会社員でした。 確保するために、石川と立花(青木崇高)は村上のマンションに向かいますが・・・ 石川たちに気が付いた村上は、証拠を隠滅して、...

「BORDER」第2話

第二話「救出」 視聴率9.7% 

BORDER 第2話「救出」

公式サイト 原案・脚本:金城一紀/演出:橋本一、波多野貴文/ゼネラルプロデューサ

コメント

borderに原作はありませんよ。

同名の小説や漫画は出ていますが、いずれも他の作品の原作にはなっていません。
作者や内容の異なる同時進行企画なのでしょう。
  • 2014-04-18│15:17 |
  • URL│
  • [edit]
Re: タイトルなし
☆名無しさん
コメントありがとうございます。

原作と言う表記は正しくないですね。
近いうちに修正しておきます。

実は、この件については本家の下記の記事で触れていました。

『拍手コメントへ返信 (2014/04/14の分)その2』
http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5423/
  • 2014-04-18│16:45 |
  • みっきー(管理人) URL│
  • [edit]
No title
今回も面白かったです。
ハードボイルドは苦手ですが、ホラーは平気なので。

けれど個人的にはガラスで手を切る下りは要らなかったかもです。
犯人や被害者以外に、安易に血を流しすぎるのもどうかなと。

それでも一話完結は視やすくて良いですね。
  • 2014-04-19│14:33 |
  • ばなな URL│
  • [edit]
Re: No title
☆ばななさん
コメントありがとうございます。

> 今回も面白かったです。
> ハードボイルドは苦手ですが、ホラーは平気なので。

なるほど。確かに“暗い”と言う部分では似てますもんね。

> けれど個人的にはガラスで手を切る下りは要らなかったかもです。
> 犯人や被害者以外に、安易に血を流しすぎるのもどうかなと。

最近は、無駄な流血シーンなどは随分亡くなったと思いますが、
やはりホラーらしさの味付けの一種でやっているんでしょう。
私も必然性は感じませんでした。

> それでも一話完結は視やすくて良いですね。

ホント、一話完結はありがたいです。
  • 2014-04-19│14:42 |
  • みっきー(管理人) URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR