花子とアン (第16回・4/17) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』公式
第3週『初恋パルピテーション!』【第16回】の感想。


ブラックバーン(トーディ・クラーク)の計らいで、5年ぶりに甲府へ里帰りすることになったはな(吉高由里子)。道で偶然再会した朝市(窪田正孝)は、見違えるようにきれいになったはなに驚くばかり。それは実家の家族も同じだが、ふじ(室井滋)や周造(石橋蓮司)ははなを温かく迎える。夕食時、吉平(伊原剛志)ははなの頑張りをほめちぎるが、兄・吉太郎(賀来賢人)や妹・かよ(黒木華)ははなにそっけない態度を見せる…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

今日も話はのろのろしか進まないが、まあ普通かな…

5年ぶりに帰郷して、貧しい田舎の現実を知るヒロインと言ったところだろう。これからヒロインが勉学することの大切さや勉強することの幸福感を知り、そして家族や田舎のことをいろいろ考えて再び学校へ戻ると言う章の導入だから、今日の15分の物語には、話の進みが遅い意外不満は無い。ただ…

今日の美輪さんは喋り過ぎ!!!

今日は冒頭から美輪さんの語りが喋りっ放しの印象だ。確かに終始画面を見ていなくても音声だけでも話が解るのが朝ドラの特徴だ。しかし、冒頭の「ブラックバーン校長の取り計らいで…」なんて毎日見れば解るし、今日が初見なら不要な情報。

5年ぶりの帰郷は登場人物たちの台詞でいくらでも表現できるはず。いや、演技で表現するべきだ。はな(吉高由里子)と朝市(窪田正孝)が偶然再会したくだりも邪魔なだけ。これじゃ“動く紙芝居”と同じじゃないか。

5年ぶりの再会は意外とあっさりだった!?

意外だったのが、5年ぶりのはなと家族の再会シーンのあっさりさ。名前を呼び合うだけで、すぐに夕飯時。せめて5年前はおかあにおぶさってた“ももの成長”には一言欲しかった。いくら話がすぐにかよ(木村心結)になるとは言っても。こう言う所の描き込みは手抜きして欲しくない…

あとがき

物語とは関係ない部分のことですが、甲府の安東家の人たちが汚すぎると思うんです。確かに貧しい生活を送っているわけで、そう言う美術(化粧)処理をせざるを得ないと思いますが、特に気になるのがおかあの髪型。手櫛でまとめる位のことはしても罰は当たらないのでは。前作のあって無いような汚しメイクよりマシなんですが…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 花子とアン Part1 (NHKドラマ・ガイド)
アンを抱きしめて―村岡花子物語
村岡花子: 「赤毛のアン」の翻訳家、女性にエールを送りつづけた評論家 (KAWADE夢ムック 文藝別冊)
『赤毛のアン』と花子: 翻訳者・村岡花子の物語 (ヒューマンノンフィクション)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5439/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/394881708.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 1213 14 15

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「花子とアン」第16回★川で水を汲むはな(吉高由里子)が美しい

連続テレビ小説「花子とアン」 第16回(4月17日) 今回はストーリーを追いかけません。 なんか、そういう気にならないから・・・。 一番の感想は、川で水を汲むはな(吉高由里子)が美形だなぁ・・と思ったこと。 最近 毎回書いてるけど、おとなしくしてる吉高は綺麗やと思う。 その部分では、徳丸武くんと同意見。 で、田舎の貧しい暮らしをしていて顔もろくに洗ってな...

花子とアン 第16回

内容 ブラックバーン校長の計らいで、 5年ぶりに、甲府へ帰ってきたはな(吉高由里子) あまりの変わり様に、家族達は驚くばかり。 だが夕食時。 吉平(伊原剛志)が、はなの頑張りを褒めるのだが、 吉太郎(賀来賢人)かよ(黒木華)は。。。 敬称略 無駄に説明が...

連続テレビ小説 花子とアン(16)「初恋パルピテーション!」

汽車の中ではなを見ていた学生は、地主・徳丸の息子武だった。 武は、はなと気づかずときめいたようだ。そのときめいた女性は 昔いじめていたはなとは気づかない・・・・ 一方はなはまず朝市君と再会。見違えるように綺麗になったはなに 朝市君は驚くばかり。朝市君だけではない実家の家族も同じだ。 周造さんやふじさんは、はなを温かく迎えるが、兄・吉太郎や妹・かよ はそっけない態度。夕食の時の吉平...

NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第16回 感想

ブラックバーン(トーディ・クラーク)の計らいで、5年ぶりに甲府へ里帰りする ことになったはな(吉高由里子)。 道で偶然再会した朝市(窪田正孝)は、見違えるようにきれいになったはなに驚くばかり。 それは実家の家族も同じだが、ふじ(室井滋)や周造(石橋蓮司)ははなを温かく迎える。 夕食時、吉平(伊原剛志)ははなの頑張りをほめちぎるが、兄・吉太郎(賀来賢人)や 妹・かよ(黒木華)はは...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR