花子とアン (第15回・4/16) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』公式
第3週『初恋パルピテーション!』【第15回】の感想。


北澤(加藤慶祐)と話し込んでいて女学校の門限を破ってしまったはな(吉高由里子)は、ブラックバーン校長(トーディ・クラーク)の怒りを買い、罰として学校中の大掃除を命じられる。年末で人がほとんどいなくなった校内を、白鳥(近藤春菜)に厳しく指導されながら一生懸命掃除するはな。一方、茂木(浅田美代子)は孤児院の牧師から、はなが門限に遅れた本当の理由を知り、それを聞いたブラックバーンは一計を案じる…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

今日は普通に楽しめた!

冒頭の5分間(と言っても全体の1/3だが)を昨日と繋げれば1日で済んだのに…と言う野暮なことを言うのは今日はやめよう。そう思える程に普通に楽しめた15分間だった。毎回この程度に違和感無く、丁寧に描写されれば、毎朝観るのが楽しくなる。

今日こそ“妄想”で本作らしくできたのに…

しかし、折角だから言っておく。丁寧でイラッとしなくて良いと思うが、何せ“本作らしさ”が足りな過ぎると思う。今日だって、5日間も校内掃除をしたのならホウキで大空を飛んでも良かったろうし、5年ぶりに帰郷するなら汽車と競争しても良かったのではないだろうか。“妄想”一つで“らしさ”は創出出来ると思う。

あとがき

門限破りをしたけど、実は学校側も納得できる理由があって、労働の対価として帰郷のための汽車賃を差し出す、ただそう言う捻りの無い話だったのが、良かったんでしょうね。無理に英語ネタや『赤毛のアン』絡みのエピソードが入ると、途端に妙な感じになりますから。それにしても、話が進まない…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 花子とアン Part1 (NHKドラマ・ガイド)
アンを抱きしめて―村岡花子物語
村岡花子: 「赤毛のアン」の翻訳家、女性にエールを送りつづけた評論家 (KAWADE夢ムック 文藝別冊)
『赤毛のアン』と花子: 翻訳者・村岡花子の物語 (ヒューマンノンフィクション)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5434/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/394791333.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 1213 14

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第15 感想

北澤(加藤慶祐)と話し込んでいて女学校の門限を破ってしまったはな(吉高由里子)は、 ブラックバーン校長(トーディ・クラーク)の怒りを買い、罰として学校中の大掃除を 命じられる。 年末で人がほとんどいなくなった校内を、白鳥(近藤春菜)に厳しく指導されながら 一生懸命掃除するはな。 一方、茂木(浅田美代子)は孤児院の牧師から、はなが門限に遅れた本当の理由を知り、 それを聞いたブラ...

花子とアン 第15回

内容 親しくなった北澤(加藤慶祐)と話していたことで、 門限を破ることになったはな(吉高由里子) ブラックバーン校長から、罰として学校と寄宿舎の大掃除を命じられる。 白鳥(近藤春菜)の監視下で、必死に掃除をするはな。 そのころ、孤児院を訪れていた茂木(浅...

「花子とアン」第15回★ブラックバーン校長、三円渡して「Hana.Go Home!!!!」

連続テレビ小説「花子とアン」 第15回(4月16日) 門限を破ってしまったはな(吉高由里子)。 ブラックバーン校長に「Go to bed forever and ever、ですね…。」 校長「はな。そんな軽い罰で済むと思ってるんですか?」           氷の女・富山先生は「校長、最も重い罰を。停学か、退学か。」      結局はなは門限を破った罰として、学校と寄...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR