花子とアン (第12回・4/12) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』公式
第2週『エーゴってなんずら?』【第12回】の感想。


スコット先生(ハンナ・グレース)の恋文を丸写ししたことがバレてしまったはな(山田望叶)は、ブラックバーン校長(トーディ・クラーク)から自室での無期限謹慎を命じられる。退学は免れないだろうという周囲の予想に醍醐(茂内麻結)は心配するが、はなは自分のこと以上にスコットを傷つけてしまったことを深く後悔していた。ある日、面会にやってきた吉平(伊原剛志)は、はなからことの次第を聞き校長に直訴に向かうが…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

無事に子役時代終了って感じ…

無事に山田望叶さん演じる安東はなの幼少期が終わった、そんな土曜日になった。で、この2週間で最も印象に残ったのは、山田望叶さんの存在感。健気で可愛くて元気な田舎娘を魅力的な演技で魅せたと思う。

ヒロインが個性的でない…

ただ、問題は山田望叶さんは素晴らしかったが、彼女が演じたヒロイン“安東はな”はヒロインとしてキャラが個性的で立っていたか?と言うこと。空想癖も中盤で無くなってしまったし、英語が出来ない田舎娘ってだけで、がむしゃらに永劫を勉強したのも数秒のカットだけ。ヒロインらしさが欲しかった。

あとがき

細かい所に突っ込みを入れたらキリが無いので、今日はやめておきます。相変わらず物語が「がんばれ、はなちゃん!」モードなのは良いですし、それなりに感動的でもあると思います。

ただ、物語の面白さはヒロインの存在感が、山田望叶さんに隠れてしまっていると思うんです。物語より演者が注目を浴びるのも朝ドラらしいとは思いますが、このまま吉高由里子さんに交代したら、ヒロインの急に立ってくるとは思えません。でも、期待して3週目も観ようと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 花子とアン Part1 (NHKドラマ・ガイド)
アンを抱きしめて―村岡花子物語
村岡花子: 「赤毛のアン」の翻訳家、女性にエールを送りつづけた評論家 (KAWADE夢ムック 文藝別冊)
『赤毛のアン』と花子: 翻訳者・村岡花子の物語 (ヒューマンノンフィクション)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5418/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/394448299.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

花子とアン

第2週「エーゴってなんずら?」

NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第12回 感想

スコット先生(ハンナ・グレース)の恋文を丸写ししたことがバレてしまったはな (山田望叶)は、ブラックバーン校長(トーディ・クラーク)から自室での無期限 謹慎を命じられる。 退学は免れないだろうという周囲の予想に醍醐(茂内麻結)は心配するが、はなは自分の こと以上にスコットを傷つけてしまったことを深く後悔していた。 ある日、面会にやってきた吉平(伊原剛志)は、はなからことの次第を...

「花子とアン」第12回★15歳になった花子(吉高由里子)、いきなり「Go to bed!!!!」

連続テレビ小説「花子とアン」 第12回(4月12日) はな(山田望叶)の論文ねつ造問題・・じゃなくて課題丸写し事件。 校長室に呼び出され、ブラックバーン校長(トーディ・クラーク)の前に立たされたはな。 今日も眉間にしわを寄せている富山先生(ともさかりえ)が「不正は不正です。厳しい処分を。」 処分を考えているのか、長いためを作ったブラックバーン校長。 カチ、カチ、カ...

花子とアン 第12回〜5年後のGO TO BED!

 手紙丸写し事件から5年。  成長したはな(吉高由里子)が登場した。  この登場シーンが素晴らしい。  本を読んできてわからない単語が出てくると、辞書で調べるために廊下を走る。  当然、ブラックバーン校長に怒られる。  しかし、5年前のはなとは違う。  しっ...

花子とアン 第12回

内容 課題のブラックバーン校長への手紙が、 スコット先生の書いた手紙を写した物とバレてしまったはな(山田望叶)は、 謹慎を命じられてしまう。 そんな折、父・吉平(伊原剛志)がやってくる。 事情を知り、一緒に謝ってくれる吉平。 するとブラックバーン校長は、は...

花子とアン第2週(4.7-12)

沢山の本を読みたいという夢を叶えるために 東京の女学校に編入した安東はな@山田望叶だったが、 図書室の本がすべて英語の本だったことに愕然、 英語の授業に悪戦苦闘して、脱走を試みたり、 盗作した文章を宿題として提出、退学の危機を迎えたりするが、 周囲の人々の温かい目のお蔭で難局を乗り越えたと 今週も面白かった。 そしてコピペで論文提出、タイムリーだった(苦笑) スコット先生の手紙の盗作と発覚・...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR