●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

BORDER (第1話・4/10) 感想

テレビ朝日系『BORDER』公式
第1話 初回拡大SP『発現』『(ラテ欄)発現~一家惨殺事件重なった赤い足跡』の感想。
なお、金城一紀氏による同名のメディアミックスプロジェクトの漫画と小説は未読。


警視庁捜査一課の刑事・石川(小栗旬)は、元警官殺しの捜査中に頭を銃撃される。奇跡的に一命を取り留めた石川は、3カ月後、頭に銃弾が残ったまま仕事に復帰。一家惨殺事件の捜査に携わることになる。事件の起きた家を見つめる女に不審を抱いた石川が声を掛けると、石川の不在中に着任した特別検視官の比嘉(波瑠)だった。そんな中、現場で立ちくらみに襲われた石川の眼前に、幼い男の子(中野遥斗)が現れる。一家の写真を見た石川は、男の子が両親と共に殺された被害者の亮だと気付く。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

ちょっとオカルト系の刑事ドラマか…

主人公の刑事は、ある事件で死の淵を体験し頭の中に銃弾が残っており、そのせいなのか事件被害者の幽霊が見え話が出来て、その証言を基に捜査をし犯人を検挙する、そう言うちょっとオカルトチックな刑事ドラマらしい。

見所は証拠探しと取り調べ?

展開としては、冒頭で犯行自体は描かれないが、主人公も視聴者も幽霊から犯人を聞いている状態でスタートするから、倒叙モノの変形パターンだから、結局見所は証拠探しの段階と取り調べで犯人をどう落とすかだけ。今回は初見だから楽しめたが…

丁寧な描写で面白かった!

全体としては若干台詞に頼り過ぎな点は否めないが、演出を含め丁寧で、設定説明が多くならざるを得ない第1話の割には、安定感があったのは良かった。ちょっぴり海外ドラマ風の雰囲気もあって、面白かった。

今後、幽霊が主役を食わないか?

ただ良く考えると、被害者が幽霊で証言することを除けば、普通の刑事ドラマだ。今後もこのパターンだと主人公が幽霊に動かされているように見えてしまい、主役埋没の可能性も無きにしもあらずって気も。幽霊の描き方が今後の課題かも?

あとがき

それなりの新しさはありましたし、第1話からきちんと作り込んでるのは伝わってきました。次回の通常1時間枠で継続視聴か決めようと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
BORDER (角川文庫)
BORDER(1) (カドカワコミックス・エース)
Tales of Purefly [Limited Edition] MAN WITH A MISSION


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5413/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/394353195.html でも、TB受付けております。

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係「発現~一家惨殺事件重なった赤い足跡」

原作は、「SP」などを手がけた、金城一紀原作により2013年から開始された漫画、テレビドラマ、小説のメディアミックスプロジェクト、とのこと。臨死体験をして、スペック持ち、というか「幽霊が見えるようになった」刑事の活躍…小栗旬の刑事姿と、波瑠のクールな特別検視官ぶりが新鮮だったかな?じつは、密かな個人的・お目当ては、エンケンさん (^^*)「幽霊に導かれて」事件解決を斬新とみるか、「ちょっとズ...

小栗旬「BORDER」第1話vs西島秀俊「MOZU」★胸焼けしそう・・・

ジャイアンツの西村、フォアボールなんか出さずに9時までに試合終わらせてよ・・・。 で、9時からのテレ朝の「BORDER」第1話とTBSの「MOZU」を観ました。 ステーキを三枚食べてから、締めに豚骨ラーメンを食べたような気分です。 −◆− 先に『MOZU Season1 〜百舌の叫ぶ夜』第1話を観ました。 1974年の『三菱重工ビル爆破事件』を思い起こさせるような爆発現...

BORDER

初回の感想 

BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係 #01

『発現~一家惨殺事件 重なった赤い足跡』

新ドラマ「BORDER」第1話

幽霊が見える刑事… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201404110001/ 【送料無料】BORDER(1) [ 小手川ゆあ ]価格:605円(税込、送料込)

私の頭の中の銃弾~BORDER~(小栗旬)

「ノーコン・キッド〜ぼくらのゲーム史〜」の高野文美(波瑠)は波瑠史上最高に魅力的だったわけだが・・・このドラマの波瑠も相当に美しい。 それだけでも十分に視聴に耐えうるのだが・・・無駄のない展開・・・スタイリッシュな映像・・・そして・・・死んだ人間が犯人を指さすというオカルト展開・・・すべてが好みであ

BORDER 第1話

仕事一筋の警視庁捜査一課の刑事・石川安吾(小栗旬)は、仕事が一段落して家に戻る途中にコンビニで買い物をして出て来た直後、電話で元警察官が銃殺された事件の現場に呼び出されます。 石川は、現場に戻って来たまぬけな犯人を確保したことがあって、それが刑事になれたきっかけだったようです。 だから、現場に着くと儀礼的に周辺を見回ることをしていました。 しかし、今回の犯人の凶器は銃でした...

BORDER警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係 第1話

「発現〜一家惨殺事件重なった赤い足跡」 内容 殺人事件発生の一報を受け、現場へ向かった警視庁捜査一課の石川安吾(小栗旬) すでに立花雄馬(青木崇高)や班長の市倉卓司(遠藤憲一)の姿があった。 被害者は、元警官。射殺されたと言うことだった。 現場付近を見回...

「BORDER」第1話

第一話「発覚」  視聴率9.7%

【BORDER】初回(第1話)感想と視聴率「発現」

『BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係』 第1話「発現~一家惨殺事件重な

「BORDER警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係」1 ☆☆☆

この捜査、カンニングです(><) 1度死んだ影響か、取り出せない脳内の弾丸のせいか、死者が見える様になってしまった主人公石川(小栗旬)。 見えるばかりか 「このヒトは犯人 ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR