花子とアン (第9回・4/9) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』公式
第2週『エーゴってなんずら?』【第9回】の感想。


規律の厳しい寄宿舎生活になじめず、ホームシックにかかってしまったはな(山田望叶)と醍醐(茂内麻結)は、ブラックバーン校長(トーディ・クラーク)の悪口を言った罰として、外国人教師の部屋を掃除することになる。一生懸命に掃除し、部屋の主・スコット先生(ハンナ・グレース)に感謝されるものの、はなの心は晴れない。その後も英語の授業について行けないはなは、ある夜、寝室からこっそり抜け出して庭へ出る…
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

フィクション部分をもう少し丁寧に描いて欲しい!

はな「もし、本当に、神様がいらっしゃるなら、
       おらの願いを聞いてくれちゃ。早く家に帰してくれよ」
この台詞、冒頭でホームシックになったはな(山田望叶)が礼拝堂で神様にお願いするシーンでの台詞。はなって洗礼を受けていないのか。それとも信仰心が無いのかよくわからない。

私の記憶では実話では入学の数年程前に洗礼を受け、英語を勉強した上で入学した点を、ただ本が好きなはなを十分に英語の勉強もさせず、泥縄的に洗礼を受け父親が入学させると言うフィクションに置き換えた際の矛盾がそのまま出てしまっている。

もちろん全て史実に充実にしろなんて思わない。楽しくて面白い創作なら大いに歓迎だ。しかし、いくらフィクションとは言え、その中では矛盾や違和感が無いのが良いに決まってる。そこの粗さが目立つのが残念。それは次の部分でも当てはまってしまう。

話を進めたいのは解るのだが…

富山「あの子はここに馴染もうともしないし、
       英語の授業も全くついてこられません。
       このままではこれまでの給費生と同じように、
       学校を去ることになると思います」
と教師の富山(ともさかりえ)が言うが、この数日間で英語の授業やはなへの補習も描かれてはいないし、はなが自ら学校に馴染もうとしないなって描写も無かったような。ただ、強引に物語上で異分子を排除しようと言うくだりを作りたいだけにしか見えないのだが…

お伽話のようなのも悪くないが…

終盤、夜に逃げ出そうとするはなの前に偶然なのか、娘が心配でいつもいたのか知らないが父・吉平(伊原剛志)が登場するのも、どうも父の教育方針の描き方として違和感がある。歌で英語に目覚めるのは良いとして、夜に外に聞こえるような大声で歌わずに、教室できちんと歌って教えるのではダメだったのだろうか?

あとがき

つくり手が上手い所を渡ってるなと思います。今回の父親の偶然の登場や夜の大声での歌など、本作にどっぷり浸かってる視聴者なら気にすらならないでしょうし、むしろお伽話のように感動的に見えるでしょう。逆にどこか醒めて観ている視聴者には、都合良過ぎだし雑に見えてしまいます。前作同様に、話題性を重視するなら、この両極端な視聴者確保がベストですから。

私は、もっと“本作らしさ”が欲しいんです。例えば、掃除。亜矢子(茂内麻結)は出来なくても、はなは大得意なはず。英語はダメだけど掃除でみんなを驚かすみたいなはなの個性を活かした描写の積み重ねこそが、“本作らしさ”や登場人物としてのはなの人格を作り上げていくことだと思うんですが。なんか段々雑になっているような…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 花子とアン Part1 (NHKドラマ・ガイド)
アンを抱きしめて―村岡花子物語
村岡花子: 「赤毛のアン」の翻訳家、女性にエールを送りつづけた評論家 (KAWADE夢ムック 文藝別冊)
『赤毛のアン』と花子: 翻訳者・村岡花子の物語 (ヒューマンノンフィクション)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5408/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/394196716.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
1 2 3 4 5 6 7 8

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「花子とアン」第9回★スコット先生の透き通った歌声…

連続テレビ小説「花子とアン」 第9回(4月9日) 規律の厳しい寄宿舎生活になじめず、ホームシックにかかってしまったはな(山田望叶)は相変わらず英語の授業について行けません。 「ア、アイゲット アップ・・・。」 情けなさそうな表情を見せる山田望叶ちゃん、子役さんだけど味の有る顔つきするなぁ・・・。 はなは現在・過去・未来の基本形が分かんないのだけど、英語が得意ではない小生...

NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第9回 感想

規律の厳しい寄宿舎生活になじめず、ホームシックにかかってしまったはな(山田望叶)と 醍醐(茂内麻結)は、ブラックバーン校長(トーディ・クラーク)の悪口を言った罰として、 外国人教師の部屋を掃除することになる。 一生懸命に掃除し、部屋の主・スコット先生(ハンナ・グレース)に感謝されるものの、 はなの心は晴れない。 その後も英語の授業について行けないはなは、ある夜、寝室からこっそり...

花子とアン 第9回

内容 あまりの厳しさと、母からの手紙にホームシックになったはな(山田望叶) 何事も無かった様に見えた同室の亜矢子(茂内麻結)も同じで、 ふたりは、ブラックバーン校長の悪口をお祈りしてしまう。 それを知られてしまい、 罰としてスコット先生の部屋の掃除を命じら...

連続テレビ小説 花子とアン(9)「エーゴってなんずら?」

規律の厳しい寄宿舎生活になじめず、はなと醍醐はブラックバーン校長の 悪気口を言った罰として、外国人教師・スコットの部屋の掃除をすることに なった。2人の気持ちはわからなくはないが、神様の前で人の悪口はよくないなあ。 富山先生は鉄の女というだけあって厳しいが、茂木先生には優しさを感じる。 2人は一生懸命掃除をしスコット先生に感謝されるが、はなの心は晴れない。 その後英語の授業について...

連続テレビ小説 花子とアン(9)「エーゴってなんずら?」

規律の厳しい寄宿舎生活になじめず、はなと醍醐はブラックバーン校長の悪気口を言った罰として、外国人教師・スコットの部屋の掃除をすることになった。2人の気持ちはわからなくはないが、神様の前で人の悪口はよくないなあ。富山先生は鉄の女というだけあって厳しいが、...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR