花子とアン (第8回・4/8) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』公式
第2週『エーゴってなんずら?』【第8回】の感想。


女学校での生活は、規律厳しい日課や洋風な食事など、はな(山田望叶)にとって驚き、戸惑うことばかり。とりわけ英語の授業は、はなだけが全くついて行けず、教師の富山(ともさかりえ)に厳しく指導される。さらに毎週金曜日は「英語だけで話さなければいけない日」。はなは外国人教師たちに話しかけられないよう、校内を必死で逃げ回る。だが、ブラックバーン校長(トーディ・クラーク)に捕まり、謹慎を命じられてしまう…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

学校生活の厳しさの描き方も悪くない!

女学校での生活に戸惑うはな(山田望叶)が、いよいよスタートと言った感じの火曜日。正直これと言った事は起こっていないが、ミッションスクールの厳しさやホームシックになった同級生など、奇を衒わず普通に描いているのは良いと思う。

甲府の実家とのやりとりも悪くない!

また、甲府の実家との葉書のやり取りも悪くない。自然な流れの中で親子の絆を描くのも朝ドラらしいし、寮母・茂木(浅田美代子)が廊下でそっと聞いているのも良い感じだ。

美輪さんの語りも悪くない!

これまで違和感が拭えなかった美輪さんの語り。しかし、今回の最後の「うるせぇ」のナレーションは言い方も美輪さんらしくて、タイミングも良かった。はなの心の声を代弁するのに語りを使うなら、美輪さんの演技力が活かせるかも?

ただ、ほぼ“本作らしさ”がない!!!

ただ、気になる点もある。それは“本作らしさ”を感じ取れないこと。甲州弁と俳優陣(語りや子役含む)を取り除けば、普通の英語が喋れない田舎娘が東京のミッションスクールで大変な思いをしているってだけ。前作のように奇を衒う必要は無いが、ぼちぼち次の“もう一手”が欲しいところだ。

あとがき

ドラマ全体が明るくて、ヒロインが可愛くて健気で元気で、地方も忘れず、親子の絆も描いてと、普通に観るなら何の問題も無いし、ヒロインを応援しながら楽しめる朝ドラと思います。

ただ、朝ドラとしてはそれなりに巧みに作られているのは認めますが、ドラマとして面白いかと言うと疑問です。だって、このあと吉高さんにバトンタッチして村岡花子さんの生涯を描くのは解ってるのですから、現状では普通過ぎると思います。

『あまちゃん』放送終了から約半年が経ちました。未だ“あまロス”の私ですが、それを癒してくれる本を読みました。『あまちゃん』の大吉さんのモデルになった三陸鉄道の鉄道員が書いた完全復興までの3年間の手記です。『あまちゃん』の撮影秘話なども載っています。あのシーンを思い出しながら読むと、震災復興の大変さが伝わってきます。
[読書]線路はつながった 三陸鉄道復興の始発駅 (冨手 淳/著・新潮社) 感想

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 花子とアン Part1 (NHKドラマ・ガイド)
アンを抱きしめて―村岡花子物語
村岡花子: 「赤毛のアン」の翻訳家、女性にエールを送りつづけた評論家 (KAWADE夢ムック 文藝別冊)
『赤毛のアン』と花子: 翻訳者・村岡花子の物語 (ヒューマンノンフィクション)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5404/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/394101965.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
1 2 3 4 5 6 7

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「花子とアン」第8回★目が怖いブラックバーン校長「Go to bed!!!!」

連続テレビ小説「花子とアン」 第8回(4月8日) <では寄宿生の一日のスケジュールをざっとご紹介しましょう。朝6時起床のベルが鳴ったら速やかに起床。きちんと身支度を調えて7時から朝食を頂きます。> 前作の「ぬか床ナレ」と違って、「美輪ナレ」はドラマ進行をスムーズにしてるし、味わいもありますねぇ。 なにより上品な感じがするのも「ぬか床ナレ」との差異ですかねぇ。 で、朝食に...

連続テレビ小説 花子とアン(8)「エーゴってなんずら?」

はなの女学校での生活がはじまった。規律厳しい生活や洋風な食事など、はなにとって 驚き、戸惑うばかり。とりわけ英語の授業は、はなだけがまったくついてゆけず 教師の富山に厳しく指導される。はなの気持ちはよくわかる。ついていけない授業 ほどつらいものはない。毎週金曜日の「英語だけで話さなければいけない日」は はなにとって苦痛だった。外国人教師に話しかけられないよう校内を逃げ回った がブラ...

花子とアン 第8回

内容 女学校、寄宿舎での暮らしが始まったはな(山田望叶) 毎日が、見知らぬコトばかり。そのうえ、厳しい規律。 それ以上に戸惑わせていたのが。。。。。英語。。。 全く付いて行けず、逃げだそうとするが、捕まってしまい。。。おしおき。 敬称略 女学校での生活が...

【花子とアン】第8回(4/8)感想と第1週視聴率好調♪

今夜から「サイレント・プア」(NHK)と「ブラック・プレジデント」(フジ)が始ま

NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第8回 感想

女学校での生活は、規律厳しい日課や洋風な食事など、はな(山田望叶)にとって驚き、 戸惑うことばかり。 とりわけ英語の授業は、はなだけが全くついて行けず、教師の富山(ともさかりえ)に 厳しく指導される。 さらに毎週金曜日は「英語だけで話さなければいけない日」。 はなは外国人教師たちに話しかけられないよう、校内を必死で逃げ回る。 だが、ブラックバーン校長(トーディ・クラーク)に捕...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR