花子とアン (第3回・4/2) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』公式
第1週『花子と呼んでくりょう!』【第3回】の感想。


はな(山田望叶)は、家の生活が苦しいことに気を遣い、「女学校なんか行きたくない」と嘘をつく。ますます家の手伝いに励み、小学校も休みがちに。幼なじみの朝市(里村洋)は、そんなはなが心配だ。ある日、道端で地主・徳丸(カンニング竹山)に出会ったはなは「奉公先を紹介して欲しい」とじか談判する。数日後「奉公先が決まった」と知らせが届き、何も知らない母・ふじ(室井滋)と祖父・周造(石橋蓮司)は驚く…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

早くも前作の亡霊が…

・ヒロインが水に落ちる
・ヒロインの幼馴染が成人後も絡みそう
・肝心な時に父親が不在
・突然ヒロインが女学校へ行く話になる
・ヒロインの犯罪(いたずら)はスルー
今日の15分だけで、こんなに『ごちそうさん』の亡霊が見えてきた。今作には期待しつつの様子見状態だが、早くもこうくるか。これらが朝ドラの定石ってのならしょうがないか…

子役のキラキラと輝く目が良い。ただそれにすがって…

安東はなの幼少期を演じる山田望叶さんを始め、子供たちの表情、特にが本作の救いだ。はなが自らの過ちを認め深々と謝り、怒りをぐっと堪えた朝市(里村洋)は二人の演技が光った。

ただ、7歳の少女が親に内緒で奉公先を見つけて健気だねとか、夜の教会の図書館に忍び込むのは勇気があるねとか、逃げる際のランプで山火事にならずに済んで良かったねと思えちゃうのは、飽くまで演技力のお蔭。正直、話としては、かなりご都合主義だと思うのだが…

あとがき

良くも悪くも「朝ドラの定石」を踏んできたって感じなんでしょうか。第1、2回に比べると第3回は一気に盛り込んできましたね。このまま週末まで3つ位ずつネタを入れて進めるんでしょうか。“手を抜かず丁寧に”の願いが早々に裏切られないことを祈るばかりです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 花子とアン Part1 (NHKドラマ・ガイド)
アンを抱きしめて―村岡花子物語
村岡花子: 「赤毛のアン」の翻訳家、女性にエールを送りつづけた評論家 (KAWADE夢ムック 文藝別冊)
『赤毛のアン』と花子: 翻訳者・村岡花子の物語 (ヒューマンノンフィクション)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5390/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/393537466.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
1 2

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「花子とアン」第3回★はな(山田望叶)池にはまった…

連続テレビ小説「花子とアン」 第3回(4月2日) とても無難な滑り出しを見せている『花子とアン』 −◆− <はなと朝市はあの石盤事件以来ず〜っと口を利いていませんでした。> 当時のノートである石盤。 この石盤にロウ石などを加工した石筆で記入して、それを消しては繰り返し使っていた。 なるほど、1900年当時のタブレットみたいな感じかな・・・。 3年間の研究で実験...

連続テレビ小説 花子とアン(3)「花子と呼んでくりょう!」

はなは、家の生活が苦しいことに気を遣い、「女学校なんか行きたくない」と 嘘をつく。本当は行きたいのに、家のことを考えて諦めようとするはなの気持ち がせつない。 幼なじみの朝市君との誤解も解けたというのに、はなは 自分から地主の徳丸に奉公先を世話してほしいと頼んだ。 はな君という子はなんて優しい子なんだ。 ふじさんと徳丸は幼なじみ。 はなの奉公をなかったことにしてほしいとふじさんは頼...

連続テレビ小説 花子とアン(3)「花子と呼んでくりょう!」

はなは、家の生活が苦しいことに気を遣い、「女学校なんか行きたくない」と嘘をつく。本当は行きたいのに、家のことを考えて諦めようとするはなの気持ちがせつない。 幼なじみの朝市君との誤解も解けたというのに、はなは自分から地主の徳丸に奉公先を世話してほしいと頼...

花子とアン 第3回

内容 はな(山田望叶)に“女学校に行きたくない”と言われ困惑する吉平(伊原剛志) 実は、家計が苦しいことを知り。。。嘘をついたのだった。 その後、学校に行くことが少なくなり、今まで以上に家の手伝いをするはな。 そんなある日。手伝いの最中、地主の徳丸(カンニ...

【花子とアン】第3話「奉公へ?」感想

今回は、はなの奉公が決まった事と、朝市(里村洋)との友情が主でした。 でも、この

NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第3回 感想

はな(山田望叶)は、家の生活が苦しいことに気を遣い、「女学校なんか行きたくない」 と嘘をつく。 ますます家の手伝いに励み、小学校も休みがちに。 幼なじみの朝市(里村洋)は、そんなはなが心配だ。 ある日、道端で地主・徳丸(カンニング竹山)に出会ったはなは「奉公先を紹介して欲しい」と じか談判する。 数日後「奉公先が決まった」と知らせが届き、何も知らない母・ふじ(室井滋)と祖父・...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR