ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

明日、ママがいない (第9話 最終回・3/12) 感想

日本テレビ『明日、ママがいない』公式
第9話 最終回『私の名前を呼んで…最後までありがとう』の感想。


ドンキ(鈴木梨央)とピア美(桜田ひより)は新たな一歩を踏み出し、ボンビ(渡邊このみ)も養子縁組が決まる。一方、ポスト(芦田愛菜)は毎日のように放課後を朝倉(吉沢悠)の家で過ごし、瞳(安達祐実)の前で娘の‘愛’を演じていた。愛が踏切事故で亡くなったと知った佐々木(三上博史)は、ポストが朝倉家の里子となるのを望んでいると気付く。しかし、ポストの養子縁組にドンキたちは反対で…。(内容変更の場合あり)
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

明るく終わったのが良かった!

終わってみれば、一応オールハッピーエンドってことで、暗~い野島作品が苦手な私にとってそれほどでもなく良かった。ただ、現実に起こっている児童施設の問題や養子縁組の困難さについては、ドラマだから限界があるにせよ、かなり表面的で湾曲した表現が多かったのは残念。でも、明るく終わったのは評価したい。

もっと取捨選択を上手くやれば良かったのに…

終わったドラマに何を言っても無駄だが、子役ファンを喜ばせ泣かせるドラマと言うテレビ局としては“おいしい企画”を前面に出し過ぎたのが仇になったと思う。要は、子役の出番が多くて、可哀想なシーンがあって、笑顔も見せるってだけ。

結局、テーマ、登場人物、エピソードの取捨選択を十分にしなかったことで、具だくさんなのに薄味のカレーライスに、最後に福神漬けのように佐々木(三上博史)とポスト(芦田愛菜)トのプリクラを添えたみたいな。やはりポストを別格に扱うなら、他の子どもたちのとバランスをもっと取った方が良かったと思う。

感動したなら、何か行動を起こしたい!

本作で感動の涙々だった視聴者は多かったと思う。それが悪いとも思わないし、本作中のシリアスでデリケートな里親との関係や子どもの心の描き方は丁寧で良かったから、感動も当然だと思う。

だから、この感動を「面白かった」で終わらせず、これから児童福祉施設の情報に興味関心を持ったり、自分に何か出来ることがあればやってみると言うきっかけにしたら良いと思う。もちろん自分にも言っている訳だが…

あとがき

番組スタート当初は話題づくりだか奇を衒ったくだりがありましたが、終わってみれば普通のお涙頂戴ドラマでした。個人的には先週からのポストが自分の名を捨て…と言うエピソードが他の子どもたちと明らかに違うことに違和感を覚えてしまったので、最後の魔王の台詞もちょっと「じゃ、他の子は?」と思ってしまい、感情移入が中途半端に終わりました。でも、評判ほど悪いドラマではないと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
日テレドラマ「明日、ママがいない」 オリジナルサウンドトラック
日テレドラマ「明日、ママがいない」主題歌 誰か私を コトリンゴ >


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5326/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/391321002.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

明日、ママがいない

クサくて疲れますわ。

明日、ママがいない最終回感想

最後そうきたかーという、ホロッときたいいラストでした。安達祐実のところにいたらボロボロになっちゃうよね(泣) ボンビのシーンは、なんともいえないとてもよかった(感動)ボンビじゃなきゃだめなんです!ピア美もピアノ続けられるし、言うことなし。。それぞれがみんな幸せになれたよ。 なんだか色々物議をかもしだしたドラマだったけど、好きないいドラマだった。 みんないい味だしてたけど、魔王印象に残る...

明日、ママがいない 第9話(最終話) 感想

第9話 あらすじ みんなしあわせ〜〜 ドンキもピア美もボンビも次々に幸せENDでした。 水沢さんがまさかの美人すぎる市議〜に挑戦するとは思いませんでしたがねww 途中で路線 ...

明日、ママがいない #09 最終回

『私の名前を呼んで…最後までありがとう』

明日、ママがいない 第9話(最終回)

「私の名前を呼んで…最後までありがとう」 内容 ポスト(芦田愛菜)は、朝倉(吉沢亮)、瞳(安達祐実)の娘のフリをして 朝倉家に通い続けていた。すべては瞳のため。。。 一方、父と暮らすことにしたピア美(桜田ひより) 最後のピアノ。。。と思い弾いていたところ...

【 明日、ママがいない 】第9話 最終回 感想

一度しか言わないからよく聞け。 寂しい。 お前がいなくなると俺が寂しいんだ! お前は…愛という名前じゃない。 お前は… 俺の娘だ。 明日、ママがいない 第9話(最終回)     ポストは相変わらず先生の家に通っていた。 「ママ」「愛」と呼び合う日々。 不安定な瞳ママは時々、何かを思い起こしそうな様子も見せたが、ポストは それを否定し...

明日、ママがいない 最終回

子供が壊れるくらいなら  大人が壊れればいい---- 「手放された子供は辛いよね」 「手放した親も後悔して生きなくちゃならない」 「どうしたら いいのかな?」 「それを考える。 ず~っと考える」 「私も考える」 「みんなで考えるんだ・・・・」 後悔してる親ならまだすくわれるけど。。 今は理解不能な親が多くて泣けちゃうもんな~。 どうすりゃなくなるん...

「明日、ママがいない」ママがいない里子の現実の先に愛情の大切さを教えられポストは魔王の里子としてオツボネとロッカーと一緒に暮らしていく事になった

「明日、ママがいない」最終話はドンキが川島夫妻との縁組が決まり、ポストは朝倉家に通って瞳との親子になり切った関係を続けていた。そんな中ピア美は実の父親と一緒に暮らす事 ...

黄金色の橋の上で(桜田ひより)それでは皆さん御一緒に(渡邉このみ)正気になったらさようなら(安達祐実)優しくされたら泣いちゃうかもね(芦田愛菜)

大人の手は大きい。 子供の手は小さい。 病院の待合室で一心不乱にスマホを操作する二児のお母さん。 まさか・・・出会い系で客をとったりしてないだろうな・・・といらぬ心配をする。 それはウシジマくんの見すぎである。 子供たちは本棚の絵本を出してはしまう。 病気だけど元気だ。 でも手は小さいのです。 椅子

【明日、ママがいない】最終回(第9話)感想と視聴率

「私の名前を呼んで・・・最後までありがとう」 最終回(第9話)の視聴率は、前回の

明日、ママがいない #09 最終回

公式サイト ポスト(芦田愛菜)は瞳(安達祐実)のために、彼女の亡くなった娘・愛と
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: