ごちそうさん (第130回・3/6) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『ごちそうさん』公式
第22週『い草の味』【第130回】の感想。
なお、本作は2/25にクランクアップしたため、ざっくり観てますので、楽しくご覧になっている方や細部に拘る方は読まない方が良いです。


め以子(杏)は、足をくじいた和枝(キムラ緑子)の代わりに家事をして、和枝が学童疎開の子どもによりよい野菜を仕分けていたことを知る。和枝の足はやがて回復し、泰介(菅田将暉)は学校に戻ることに。め以子は落ち込むが言葉には出さない。泰介は和枝に、め以子と食事をともにしてくれるよう頼むが、「女は一人で食べられるようになるべきだ」と断られる。め以子と泰介が最後の農作業をしていると、思いがけない知らせが。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

「私がやるんですか!?」

親戚の家に“田舎暮らし体験ツアー”に来た設定でもあるまいし、なぜめ以子(杏)は腰を痛めた和枝(キムラ緑子)のお粥を作ってと言われて、目をギョロっとさせ「私がやるんですか!?」と言ったのか。ずっとおぶって来て疲れた上にってことで和枝には嫌味を兼ねて、視聴者には苦笑をと言う意味なら、言いたくないが演技力に問題あり過ぎる…

泰介よ。そこは母ちゃんの手料理だろ!?

いつ泰介(菅田将暉)が京都帝大生になったか知らないが(読者さま、どなたかご存じですか?)、あれだけ和枝に“母ちゃんは料理一筋の人だ”と売り込んでおいて、出征前に食べたいのは和枝の“柿の葉寿司”とは驚いた。私の(拙い)記憶では正蔵爺ちゃんと孫たちが食べてたなって程度で、泰介の好物でもなさそうだし。もちろん、和枝がいるからと言う大人の事情だろうが、だとしても…って感じだ。

真実は定かで無いが…

化粧品のCMに出演中だから老けメイクは超薄っすら、モデルだから食べるシーンも極力少なく、調理の過程も覚えるのが大変だからと出来るだけ省略、身長の高さを感じさせないようにアップの多用。これらが杏さんや周辺スタッフからの要望だったのかは私の勝手な想像だ。

ただ、実際に仕上がった作品を見ると、これらすべての要素が作品に悪影響しか与えていないと感じる。それに杏さんとめ以子のキャラが被ってしまい、杏さんの好感度も私の中では急降下している。真実はどうかわからないが、少なくとも27歳の母ちゃんと21歳の息子には違和感を覚えて仕方ない…

あとがき(今回は少しカット割りのことを書いてみます)

舞台なら一人の女優さんが10代から80歳まで演じても、それなりの老けメイクと完成度の高い演技力があれば成立すると思います。しかし、実写映像作品ではなかなかそう上手くはいきません。

映像的に言うと、引き(ロングショット)の画なら多少の演技やメイクはごまかせるので、台詞や全体の雰囲気で時代背景を見せることは出来ると思います。逆に顔の寄り(アップ)は演技力もメイクも全部バレてしまいます。本作はとにかくめ以子はアップが多過ぎるのが特徴だと思います。

で、例えば今日の畑で泰介に伝令が来るシーン。め以子が泰介の手を取って励ますくだりは、顔のアップで始まり、膝から上のやや引きのミディアムショットからズームアップで再び顔のアップになり、そのまま屈んで手元が映らない作業に繋がりここでカット。そして水を撒くドン引きのロングショットで終了。

私なら二人の握り合った手のアップが欲しい所ですが、27歳と21歳の手ですから却下。だとしたら、せめて一人になった時の土仕事をする汚れた母親の手のアップを入れて母の息子への想いを描き、続いて水撒きのロングショットで孤独感をってのが普通だと思うんですけど、そう言うカット割りが少ないのも今作の特徴なんですよね。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 ごちそうさん 完全版 ブルーレイBOX1 [Blu-ray]
連続テレビ小説「ごちそうさん」 O.S.T.「ゴチソウノォト」※「焼氷有りマスの唄」西門希子(高畑充希)収録
連続テレビ小説 ごちそうさん Part2 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 ごちそうさん レシピブック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5305/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/390663596.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ごちそうさん 第130回★食卓を囲むことに すべてをかけてきたような人

連続テレビ小説「ごちそうさん」 第130回(3月6日) 足をぐねった和枝(キムラ緑子)を抱こうがおんぶしようが どうでもいいわ。 め以子=杏が40歳代の女性に見えない(演じられていない)ことも くどくなるのでスルー。 −◆− 唯一、気を引いた場面。 京都の下宿に帰ることにした泰介が和枝に「一つ、お願いがあるんですが。」 和枝「何でっしゃろ?」 泰介「時々、母と...

連続テレビ小説 ごちそうさん(130)「い草の味」

め以子は、足をくじいた和枝姉さんをおんぶして寄合に連れていったり 和枝姉さんの代わりに家事をしたり大忙し。そんな状態でも和枝姉さんの いけずは全開。しかし、ハナちゃんの話から和枝姉さんの優しさを感じた。 泰介は学校に戻ることになった。泰介は和枝姉さんに「母と一緒に食事をとって ほしい」頼むが「女は一人で食べられるようになるべきだ」と言われる その言葉は和枝姉さんの経験からの言葉なの...

ごちそうさん 第130回

内容 和枝(キムラ緑子)に呼ばれるめ以子(杏) 足をくじいたらしく。。。自分を運べと言い始める。 そのうえ、食事の準備もしろと。。。アレコレと仕事を命じられるめ以子。 その中でめ以子は、和枝の気遣いに気づくのだった。 そして泰介(菅田将暉)が学校へ戻ること...

連続テレビ小説 ごちそうさん(130)「い草の味」

め以子は、足をくじいた和枝姉さんをおんぶして寄合に連れていったり和枝姉さんの代わりに家事をしたり大忙し。そんな状態でも和枝姉さんのいけずは全開。しかし、ハナちゃんの話から和枝姉さんの優しさを感じた。泰介は学校に戻ることになった。泰介は和枝姉さんに「母と...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR