ごちそうさん (第122回・2/25) 感想

NHK総合・連続テレビ小説『ごちそうさん』公式
第21週『悠太郎の卵(らん)』【第122回】の感想。


め以子(杏)と静(宮崎美子)は、ふ久(松浦雅)の疎開を頼みこもうと、静の一張羅を持って、和枝(キムラ緑子)の農家を訪ねる。すでに食糧と引き換えに、多くの着物や骨とうを手にしている和枝が出した条件は、西門家の家屋を譲ることだった。め以子たちはあえなく引き下り、ふ久の疎開は桜子(前田亜季)を頼ることに。そんな折、悠太郎(東出昌大)が担当する建物疎開の現場で、大事故が起きる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

冒頭のイケズ和枝への疎開交渉のくだりって必要か?

冒頭の6分間も割いたイケズ和枝(キムラ緑子)にめ以子(杏)と静(宮崎美子)がふ久(松浦雅)の疎開を頼むくだり。残念ながら私にはくだらないコントもどきにしか見えなかった。
更に交渉も中途半端で終わらせるなら、このくだりそのものは必要だったのかと思う。それ以前に気になるのは、なぜ、今になって急に疎開を題材にするのかだ。

戦争の緊張感を描かずに、急に疎開と言われても…

め以子がふ久や孫のために必死に疎開先を探している風には見えない。終戦まであと1年と言う部分で、戦況厳しい中での希望の灯りでも無さそう。そう、本作では戦中なのにその緊張感、緊迫感、切迫感、絶望感がほぼ描かれてこなかったから、今更「疎開」と言われても「のんびり田舎暮らし」にしか受け取れないのだ。
それに本当に娘や孫の命を考えたら家や財産を手放そうと考えるシーンがあってしかるべきだし…

暗黒の戦争でなく、明るさを添えるにしても…

戦争を暗くジメッと描かずに、コミカルな場面を入れて、朝に相応しく明るさを添えると言うなら理解する。人はどんなに辛く厳しく過酷な状況下でも、小さな笑いや幸せを見つけそれを夢や希望に繋いで生きるのだから。
しかし、本作からそのような意図は感じない。ただ笑いを強制させる“おふざけ”を入れてるだけにしか観てとれない。作者が確信犯なら余程悪意があるのか、センスが無いのか…

あとがき

今日は、藤井課長(木本武宏)が悠太郎(東出昌大)からぬか壺を貰うシーンで、「女房と嫁は孫連れて疎開しよったし」って言ってましたね。正に重隅ですけど“女房”と“嫁”は同じでは?その位に撮影現場は切羽詰った状況ってことですかね。それともこれも“笑えないおふざけ”なのかなあ。

昨日のそーたんばばさんのコメントのあったのは、『岡田恵和 今宵、ロックバーで~ドラマな人々の音楽談議~「森下佳子」(NHK-FM 2/22)』での森下さんの発言でしたね。発言を聞くと、「ふざける」のが脚本家ご自身なら良いですが、登場人物たち特にヒロインまでもがふざけてるように見えちゃうのは違うんじゃないかなと。まっ、今更言ってもしょうがないですが。

【追記】(2014/02/25 12:55)
「あとがき」に“女房”と“嫁”は同じでは?と書きましたが、匿名の読者さまの書き込みで、「女房は自分の女房、つまり配偶者=妻のこと。嫁は、家の嫁、つまり息子の配偶者です」と頂きました。確かに藤井課長は妻と不仲ってのはこれまで描かれており“配偶者”の存在は確認してますが、息子が結婚してるって描写が過去にあったか確認できていません。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
連続テレビ小説 ごちそうさん 完全版 ブルーレイBOX1 [Blu-ray]
連続テレビ小説「ごちそうさん」 O.S.T.「ゴチソウノォト」※「焼氷有りマスの唄」西門希子(高畑充希)収録
連続テレビ小説 ごちそうさん Part2 (NHKドラマ・ガイド)
NHK連続テレビ小説 ごちそうさん レシピブック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5279/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/389713629.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ごちそうさん 第122回★ぶくぶくに太った猫を抱いてる和枝(キムラ緑子)

連続テレビ小説「ごちそうさん」 第121回(2月25日) め以子(杏)と静(宮崎美子)は、ふ久(松浦雅)の疎開を頼みこもうと、静の一張羅を持って、和枝(キムラ緑子)の農家を訪ねました。 そこではすでに買い出しの列。 縁側で丸々と太った猫を抱いた和枝が上から目線で「次の方ぁ・・・」 深刻さの無い ややコミカルなBGMが流れる中、買い出し客が「お願いします。着物です。」 ...

連続テレビ小説 ごちそうさん(122)「悠太郎の卵(らん)」

和枝姉さんの農家を訪ねため以子と静さん。もめなければいいと思ったのだがやはりもめてしまった。 ふ久を疎開させる条件として西門家の家屋を譲れとめ以子と静さんに言った和枝姉さん。相変わらずいけず全開の和枝姉さんに静さんも怒り爆発。静さんの気持ちはわかるが・...

連続テレビ小説 ごちそうさん(122)「悠太郎の卵(らん)」

和枝姉さんの農家を訪ねため以子と静さん。もめなければいいと思ったのだが やはりもめてしまった。 ふ久を疎開させる条件として西門家の家屋を譲れと め以子と静さんに言った和枝姉さん。相変わらずいけず全開の和枝姉さんに 静さんも怒り爆発。静さんの気持ちはわかるが・・・・・ 結局め以子と静さんは引き下がって帰ってきた。 一方悠太郎を訪ねて藤井が来た。 藤井の大事な話とはなんだったんだろう?...

ごちそうさん 第122回

内容 ふ久のことを考え、静(宮崎美子)とともに 和枝(キムラ緑子)のもとを訪ねため以子(杏) だが、静の一張羅は要らないという和枝は、条件を告げる。 西門の家の権利を出せという。 敬称略 しっかしまぁ。。。くだらないコント。。。もどきである。 たしかに、...

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2014-02-25│11:49 |
  • [edit]

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR