●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

S -最後の警官- (第7話・2/23) 感想

TBSテレビ『S -最後の警官-』公式
第7話『警察官の息子の覚悟家族のための突入!』の感想。
なお、原作:小森陽一氏、作画:藤堂裕氏による原作漫画は未読。


バスジャック事件が発生、一號(向井理)らはSATと共に出動する。バスには古橋(池内博之)の元妻・由紀子(白羽ゆり)と息子の史郎(山田日向)も乗車していた。古橋は、パンクで停車したバスに近づき、爆弾を持つ犯人の秋人(若葉竜也)と人質解放の交渉を始める。長時間の交渉の末、用意された別のバスに人質ごと移ることに。人質の一部は解放されるが、史郎は古橋の息子だと気付かれ、秋人に連れて行かれてしまう。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

“俳優・山田日向”の演技力に支えられた後編!

古橋(池内博之)の離婚した妻・由紀子(白羽ゆり)とその一人息子の史郎(山田日向)が事件に関わっている時点で、この手の作品の好きな人なら大よその結末は予想できるし、実際その程度のエンディングで終了。唯一の収穫は史郎役を演じた山田日向くんの名演に支えられ、何とか既視感を薄めることが出来たことだろうか。

もっと職業紹介ドラマ的要素を魅せればよいのに!

どんなドラマでもSATは格好良いのに、本作では犯人を仕留めろと怒鳴ってるだけ。NPSは単独行動ばかりな上にユルユルな日常を描いて、未だ存在理由さえ見えにくい状態。新旧の警察内組織を描くドラマなのに、対立構造だけで、最も大切な各職業(組織)の違いを、なぜ(ここが肝心)格好良く魅せないのだろう?

SATを無能に描いても、比較として面白くない!

人質がいて、犯人が爆弾を持ってるあの状況で、果たして本当に単独突入するのだろうか。今回もNPSをの有能ぶりを描くために、強引にSATを無能集団に描いてやしないか。制圧後のテレビニュース映像とアナの「突入した警察官によって犯人が確保されました」の声が白々しくさえ感じてしまった。

あとがき

結局、最後の最後に主人公・一號(向井理)が「オリャー!」って感じで突入して万々歳ってだけになって来てますね。それなら今回は後編だけで良いじゃないですか。この薄味の定番構成で二時間の劇場版作ってる訳じゃないですよね、って思っちゃいました。今回なら更に10分足して15分拡大版で十分だと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
日曜劇場『S-最後の警官-』OFFICIAL BOOK (小学館ビジュアルムック)
Sエス―最後の警官―(1) (ビッグコミックス)
小説 Sエス―最後の警官― 1 (小学館文庫 わ 9-8)
S-最後の警官- オリジナル・サウンドトラック


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5276/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/389614758.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

S-最後の警官- #07

『警察官の息子の覚悟 家族のための突入!』

S-最後の警官- 第7話

凶器を手にした秋人(若葉竜也)にバスジャックされたバスは、タイヤがパンクして、トンネル内で止まっていました。 バスを追いかけていた一號(向井理)と古橋(池内博之)は現場に駆け付けます。 その時、古橋に本部から人質解放の交渉を行うように指示が出ます。 秋人は、燃料を満杯にした代わりのバスと食糧、水を要求して来ます。 やりとりが続く中、秋人は世界で一番憎んでいる父親の話を...

S−最後の警官− 第7話

「警察官の息子の覚悟家族のための突入!」 内容 バスジャック発生の一報を受けた神御蔵(向井理)と古橋(池内博之) 話を聞いた古橋は、ショックを受ける。 バスには、 別れた妻・由紀子(白羽ゆり)と息子・史郎(山田日向)が乗っていたのだ。 その古橋の意向もあ...

S(エス)-最後の警官-七話&失恋ショコラティエ七話感想

■S(エス)-最後の警官-七話 バスジャック事件で二話も使うとは思わなかったな。。しかし・・個人で若者が作った爆弾にしては、やたら高性能で威力抜群だったな。こりゃ相当優秀な奴だろうに、バスジャックした動機はあまりに幼い・・これだけの物作れる奴なら逆にこんなずさんな犯行しないだろうと思うんだけど(汗)まあ・・最初のほうに銃撃三昧やMが敵だったから、ちょっと敵に迫力不足感が否めないかな。設定が...

「S -最後の警官-」最終事件解決手段7無謀な説得・・・全ての事案で犯人確保を前提とした方針に無理があると痛感させられたバスジャック事件

「S -最後の警官-」第7話はバスジャックで元妻と息子を人質に捕られた古橋は自ら説得に向かうが、犯人はそれに応じようとしない。その間に犯人の要求通りバスを用意し、乗り換えよ ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR