ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

Dr.DMAT (第7話・2/20) 感想

TBSテレビ『Dr.DMAT』公式
第7話『悪魔を救う医師』の感想。


遊園地で火災が発生したとの連絡を受け、響(大倉忠義)らDMAT隊が出動。だが、現場に到着した響らを待っていたのは、発煙筒の煙に紛れ、無差別に人を刺す犯罪の現場だった。安全のため、犯人確保まで待機を指示する小曽根(佐藤二朗)に対し、響や凛(加藤あい)、紅美(市川実日子)、長谷川(麻生祐未)らは反発。現場に駆け出していく。倒れている人の中には、寿退社したばかりの凛の後輩看護師・麻美らの姿があり…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

エピソードは悪くなかったのに…

今回は(事故でなく)事件が発生したから、犯人の命まで救うかどうかのトリアージまで盛り込んで、(ある意味)究極の助ける命の順番決めにDMATの医師たちがどう葛藤し乗り越えるか。上手く描けば、DMATの存在意義まで描けたなかなかのエピソードだった。のに…

全体のバランスが悪いと言うか…

前半の30分の事件現場のシーンは、現場のごちゃごちゃ感をテレビ的に整理せず見せるから、「まだ助ける助けないとか言ってんの?」って雰囲気で緊張感無し。後半の院内治療のシーンでは、描きたい患者が多い割に時間が少ないから、その患者のエピソードも薄めで中途半端。全体のバランスと言うか何と言うか…

詰め込めば良いってものじゃない!

要は、詰め込み過ぎで、何度も書くが“引き算”が出来ていないから、テーマはぼやけるし雑にも見える。だから、結果的に、犯人のくだりも、同僚看護師のくだりも、少女のくだりも要らないのと同じ。いつものように、主人公の妹のくだりと少年の両親の死をうまくオーバーラップさせるだけで良かったようなことになる。なんだかなあ…

あとがき

いろいろなことが同時進行していることを整理整頓して描けていないのです、脚本も演出も。
そして、これまでも他の作品で描かれてきた“トリアージ”に悩む医師やそう言う状況の話で感動できる人は良いですが、“DMAT”と言う新たなテーマだからこそ、それ以上のものを期待している私には物足りません。それだけです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
Dr.DMAT オリジナル・サウンドトラック
Dr.DMAT~瓦礫の下のヒポクラテス~ 1 (ジャンプコミックスデラックス)
ドラマ「Dr.DMAT」主題歌:関ジャニ∞「ひびき」(初回限定盤)(DVD付)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5267/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/389315317.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

Dr.DMAT #07

『悪魔を救う医師』

Dr.DMAT 第7話

「悪魔を救う医師」 内容 その日、有栖川総合病院では、寿大赦する看護師・藤原麻美(岡本玲)のため 送迎会が開かれていた。 数日後、遊園地で火災が発生で、DMATに出動要請。 現場に到着した八雲(大倉忠義)桜庭(石黒賢)は、状態をみて愕然とする。 火災は、...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: