ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

明日、ママがいない (第6話・2/19) 感想

日本テレビ『明日、ママがいない』公式
第6話『物言わぬ青年へ。愛と魂の大演説を聞け』の感想。


「コガモの家」に幼いニッパチ(寺田心)が加わる。そんな中、ドンキ(鈴木梨央)と外出したロッカー(三浦翔平)が、路上で男を殴りつけ、警察沙汰になってしまう。ショックを受けたドンキから、その様子を聞かされたピア美(桜田ひより)たちはロッカーを非難するが、ポスト(芦田愛菜)は何か理由があると考える。子どもたちがロッカーの作る食事を拒否する中、ボンビ(渡邉このみ)がロッカーの母親についての情報を聞き込む。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

想定内か?騒動対策か?軸足移動が完了!?

企画当初から想定内だったか知らないが、私にはこの世の中の騒ぎ対策として、脚本の軸足を子供たちから佐々木(三上博史)へ移したと感じた。それがあの子供たちへの佐々木の台詞だ。いや、作者や制作者たちの声と言って良いだろう。

感動的な魔王の台詞。そりゃそうだ、作者の声だから。

確かに一理あるし感動的でもあるし一つの結論でさえあるあの魔王の台詞。でも、その「つくり手の声=テーマ」をこれまで脇役に徹してきた魔王に語らせたらおしまいだ。それを子供たちで描いてこそ本作をつくる意味があるのだから。ただ、最終章の前に決着をつけておこうと言う意図はあるかもしれないが。

魔王の言葉でなく、子供たちで魅せ感じたかった!

当初の本作は、ポスト(芦田愛菜)たち親に捨てられた子供たちの視点から、現代の里親制度た養子縁組の様々な問題を浮き彫りして、あの魔王の台詞を視聴者に感じさせるドラマだったと思う。しかし、それを半ば放り出して、唐突にロッカー(三浦翔平)のくだりを持ち出して、佐々木の言葉で処理してしまった。

ならば最初から佐々木を主人公にすれば良かったのに…

もしこの展開が想定内ならば、当初から佐々木を主人公にしたとある施設の話にすれば良かったのだ。佐々木の言葉を「家訓」のように壁に貼り付けて、子供たちに毎朝お題目のように唱えさせれば良かっただけ。まっ、そんなドラマでは刺激も斬新さも無いのは作らなくても想像できるが。

神出鬼没なポストも困るが、魔王の大演説会には不在?

こうなると、主人公・ポストのキャラが周りから浮いてしまわないだろうか。今回もあちこちに顔を出しては咬みついたりなだめたりと大忙しだが、実際の物語の進行上ではほぼ必要ない状態だからだ。そして、最後の魔王の大演説会にはいない。あそこに主人公がいなくてどうすると言うのだ。

あとがき

佐々木の台詞にはホント一理ありますよ。だけど、初回か最終回ならともかく、折り返しの第6話で言っちゃうのはやはり唐突な気がします。テーマには興味がありますから継続視聴しますけど、私がこの“軌道修正版”に慣れるかどうかってところです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


 

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
日テレドラマ「明日、ママがいない」 オリジナルサウンドトラック
日テレドラマ「明日、ママがいない」主題歌 誰か私を コトリンゴ >


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5264/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/389198187.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

失恋ショコラティエ六話&明日、ママがいない六話感想

■失恋ショコラティエ六話 爽太(松本潤)は、えれな(水原希子)の失恋に駆けつける。えれなの好きな人には妻子がいたので、丁重にお断りされたようだ。だがえれなは、爽太のおかげでそれほど落ち込まずにすんだ。同時に爽太も気づく。えれなのこと、大切にしたいという気持ちに。つーかもっと早く気付けよ・・(苦笑)セフレとかわけわかんねえくくりにしてねえで。 で、紗絵子(石原さとみ)のことをあきらめずひた...

明日、ママがいない #06

『物言わぬ青年へ。愛と魂の大演説を聞け』

明日、ママがいない 第6話

「物言わぬ青年へ。愛と魂の大演説を聞け」 内容 お試し先の川島(松重豊)美鈴(大塚寧々)に気に入られたいドンキ(鈴木梨央) 思い切って、ロッカー(三浦翔平)に相談をする。 同じ頃、ピア美(桜田ひより)は、“先生”(高橋ひとみ)から。。。 そんなある日の、...

貴方を殺して私も死ぬ確率(鈴木梨央)小さな小さな世間(桜田ひより)誤解を招く表現に心から握手を(芦田愛菜)そして、ご褒美の雨はふりそそぐ(三浦翔平)

後半、一同爆笑につぐ一同爆笑である。 こんなドラマに誰がしたという・・・笑ってはいけない笑いの連続を堪能するのだった。 「表現の自由」を必至に死守するお笑い芸人の下ネタに・・・「知る権利」だとか、「報道の自由」だとかを尊大に主張する知識人たちはいつだって土下座するべきなんだな。 まあ・・・そんなこと

【明日、ママがいない】第6話 感想

そうだ。違うだろ?うんざりだろ? 上から目線で可哀想だなんて思われることに。 何が分かるってんだ冗談じゃない。 かわいそうだと思う奴こそが可哀想なんだ。 つまらん偽善者になるな。 つまらん大人になるな。 つまらん人間になるな。 お前達がつらい境遇にあるというのなら、その分、人の痛みが分かるんじゃないのか? 明日、ママがいない 第6話     ...

明日ママがいない 第6話

喧嘩する若い夫婦。 夫が妻を殴ろうとしたその時、  あのロッカーが豹変----。 「殴ったの人を。何度も何度も・・。 怖かった。  死んじゃうかと思った・・・。」 ドンキの話を聞き---子供たちも豹変・・ ロッカーの秘密とともに  子供たちにある新たな闇が明らかになる----。 ★1話~

「明日、ママがいない」ママがいない里子の現実6ロッカーの叫び・・・魔王は子供たちに臭い物に蓋をする大人になるな!自分を信じる事を説いてみせた

「明日、ママがいない」第6話はロッカーがドンキとコガモの家へ戻る途中で女性に暴力を振るう男性を発見してその暴力を止めようと殴った事で警察に捕まってしまう。それを見たド ...

明日、ママがいない #06

公式サイト 里親候補の川島(松重豊)と妻の美鈴(大塚寧々)にどうしたら気に入られ
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: