相棒season12 (第16話・2/19) 感想

テレビ朝日『相棒season12』公式
第16話『聞きすぎた男』の感想。


右京(水谷豊)らは、副業で盗聴探知機を開発する小曽根(山崎樹範)から相談を受ける。高級住宅街で盗聴の試験中に、夫の遺体を発見した妻が、知人男性と相談する一部始終を耳にしたというのだ。しかし、小曽根の匿名通報で警官がその家を訪ねたものの、夫婦らしき人物が応対に現れ、事件は発覚しなかったという。右京らが調べると、その家の主人・鍵谷は、顧客データの流出を疑われ、自宅謹慎中だったことが分かる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

今回も『相棒』としては、不完全燃焼のまま終了…

視聴者としては、 冒頭から角田課長(山西惇)が物語に関わると言うことは暴 力団か麻 薬関連ってのは見えちゃうし、いくら新キャラ・小曽根(山崎樹範)を登場させても、結局普通の“刑事ドラマ”の域を出ないし、『相棒』としては物足りないまま終了。『12』になって、この不完全燃焼のパターンが多いのが本当に気になる…

劇中の男女を魅力的に描けないのか!?

刑事ドラマと言えども、劇中の男女関係や男女それぞれが魅力的でないと面白くない。『相棒』だってこれまで妻に逃げられ離婚経験のある米沢(六角精児)や女性の扱いが苦手な伊丹(川原和久)、女房の尻に敷かれる角田課長や亀山(寺脇康文)、謎の女性遍歴の男・神戸(及川光博)と個性的で魅力あるキャラがあった。

しかし、『12』になって右京(水谷豊)と幸子(鈴木杏樹)の関係も中途半端なまま。享(成宮寛貴)のお相手も特に個性の無いCAの悦子(真飛聖)で忘れた頃に事件解決のための情報提供者的に登場するだけ。また、今や『花の里』そのものの必然性も皆無に近い状態で…

今回で言えば、ヒントを言うためだけに『花の里』に悦子がいたり、事件に関わったあの夫婦やシェフもこれと言った個性付けも無し。そう、男と女と言う性差が魅力的に描かれていないのだ。事件をトントン拍子に解決するだけでは稚拙すぎる…

なぜ相棒二人と小曽根の三人四脚で遊ばなかった!?

終わってみれば、あれこれ詰め込み過ぎた感じだ。個人的には昔の経緯ドラマには必ずと言って登場していた“情報屋”的に物語に緊張感や笑いのアクセントを添えるようなキャラクターとして、小曽根を陣川(原田龍二)のようにたまに登場したら面白いと思った。

それだけに物語は“盗 聴”と謎の“殺 人事件”だけに絞り込んで、相棒二人と小曽根の三人四脚に絞り込んだら良かったと思う。山崎さんのコミカルな部分を活かせばきっともっと面白くなったと思うのになぜ避けたのか疑問…。それと、ぼちぼち右京の勘頼りの事件解決に享が助手のように頷くだけみたいのはもうよろしいかと…

あとがき

『12』になって対立構造がほぼ無くなりました。これがドラマに緊張感やリアリティを感じない大きな原因だと思っています。以前はありました。官房長と特命係とか、特命委係と捜一トリオとか、そして特命係の二人の仲にも。

そう言う緊張があるから緩和が描けて、それが結果的にメリハリとなって作品に面白さを加えるんです。そんなこと今作のスタッフなら当然わかり切ったことなのになぜやらないんでしょう。

次週(2/26・水)の第17話『ヒーロー』の放送はお休みです。次は3/5です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
相棒season12 オリジナルサウンドトラック (2枚組ALBUM)
「相棒 捜査一課 伊丹憲一」 オフィシャルフォトブック (ぴあMOOK)
みんなが好きな『相棒』特命研究ファイル ドラマ『相棒』が100倍おもしろくなる本
相棒 season 11 ブルーレイBOX (6枚組) [Blu-ray]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5263/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/389194739.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話(元旦SP) 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「相棒 12」第16話

麻薬中毒… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402200000/ 【送料無料】相棒season11(下) [ 碇卯人 ]価格:777円(税込、送料込)

相棒 「聞きすぎた男」〜一流企業も高級住宅地もワクワクするのは最初のうちだけ

「だってワクワクしないんですもの。  一流企業も高級住宅地もワクワクするのは最初のうちだけ」  鍵谷里枝(嘉門洋子)の言葉だ。  人の幸せって何でしょうね。  案外、目的に向かってがんばっている時が楽しくて、幸せなのかもしれません。  目的を達成してしまう...

相棒12 テレ朝(2/19)#16

第16話 聞き過ぎた男 公式サイトから高性能の盗聴探知器を開発したという小曽根(山崎樹範)が花の里を調べると厨房から盗聴器が発見される!?  幸子は小曽根にお礼として1万円を渡すが、あとでその話を聞いた右京(水谷豊)と享(成宮寛貴)に詐欺ではないかと疑われてしまう…。 そんな小曽根が白金の住宅街で盗聴探知機の実験を行っていると、聞こえてきたのは悲鳴とともに「夫の遺体を見つけた」という女性の声...

相棒12 第16話

右京さん(水谷豊)と亨(成宮寛貴)が花の里にやって来ると、幸子(鈴木杏樹)から、お店に盗聴器が仕掛けられていたという話題が出ます。 亨の心配通り、幸子は盗聴器を見つけてくれた業者さんにお金を支払ったようですが・・・ 高性能の盗聴探知機を開発したという小曽根(山崎樹範)が、東京・白金の住宅地で探知機の実験を行っていると、悲鳴とともに「夫の遺体を見つけた」という女性の声を耳にします。...

相棒(12)第16話

「聞きすぎた男」 内容 “花の里“の前で怪しげな男を見かけ声をかける幸子(鈴木杏樹) 盗・聴器の電波が、店の中から発せられているという小曽根直哉(山崎樹範)。 その夜、右京(水谷豊)享(成宮寛貴)に話をする幸子。 見つかって取り外してもらったと、大喜びだっ...

相棒 season12 第16話 聞きすぎた男 感想

大山鳴動、鼠一匹 第16話 聞きすぎた男 公式HPよりあらすじ 高性能の盗聴探知器を開発したという小曽根(山崎樹範)が花の里を調べると厨房から盗聴器が発見される!?幸子は小曽根にお礼として1万円を渡すが、あとでその話を聞いた右京(水谷豊)と享(成宮寛貴)に詐欺ではないかと疑われてしまう…。そんな小曽根が白金の住宅街で盗聴探知機の実験を行っていると、聞こえてきたのは悲鳴と...

相棒12第16話(2.19)

『聞きすぎた男』  脚本:戸田山雅司 監督:和泉聖治 杉下@水谷豊たちがひょんなことから知り合った 電磁波の研究者小曽根直哉@山崎樹範は盗聴探知機の実験をしていたところ、 夫の死体を見て悲鳴をあげた女性の声を聴いてしまう 驚いて警察に通報する小曽根だったが、 警察官に対応したその女性鍵谷里枝@嘉門洋子はそんな素振りを見せない。 腑に落ちない小曽根から相談を受けた杉下たちは鍵谷家の周辺を調べる...

「相棒season12」第16話

第16話「聞きすぎた男」         

【相棒season12】第16話プチ感想と視聴率「聞きすぎた男」

「聞きすぎた男」 来週(2/26)はお休みで、次回は3/5(水)です。 第16話

相棒12「聞きすぎた男」

花の里からオハナシが始まるとは珍しいパターン!それも、「盗聴器を仕掛けられてる?!」というのですから、なんともサプライズなオープニングですよね。そして紆余曲折。「ひょっとして、謎の殺人事件?」と、右京さんのカンが冴え渡ります。それにしても、何ともトボケた味の小曽根(山崎樹範)って、そろそろ相棒ファミリーの一員でもイイ… かも。   (ストーリー) 高性能の盗聴探知器を開発したという小曽根(山...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR