●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

Dr.DMAT (第6話・2/13) 感想

TBSテレビ『Dr.DMAT』公式
第6話『余命なき緊急手術』の感想。


春子(瀧本美織)が肺炎で危険な状態になり、絶望する響(大倉忠義)。そんな折、末期がんの工場主・土屋と、事故で右腕をつぶされた音大生・明日香(徳永えり)がERに搬送された。プロのバイオリニストを目指す明日香だが、凛(加藤あい)らは励ます言葉もない。やがて目覚めた土屋から延命治療を拒否された響は生かす意味について迷う。一方、二度とバイオリンが弾けないと知った明日香は、死を望む土屋と病院を抜け出す。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

主人公の“心の呟き”が多過ぎる!

劇中で、主人公・響(大倉忠義)が妹・春子(瀧本美織)の絶望的な状況に希望の光を信じたいのも解る。そこをどうにかして物語のベースに常に置いておきたい脚本家の気持ちも解る。良くも悪くもその“主人公のヘタレ具合”こそが本作らしさなのだから。だとしても、今回の脚本は主人公にその思いを呟かせ過ぎだ。

ご都合主義過ぎる!

その上、音大生・明日香(徳永えり)には交通事故、末期がんの工場主・土屋(小倉一郎)には工場で事故と事故三昧(まっ、災害が起こらないとDMATの出番が無い訳だが)。ICUから患者が逃げ出すのも現実的にどうかと思うが、行先くらい見当が尽きそうな話だし、グッドタイミングで足切断術を披露したりと、ご都合主義にも程がある。

“ヘタレ”とか“DMAT”以前の問題として…

医療ドラマなのに、医師の発言を軽視しているように感じた2つのシーンが気になった。一つ目は、凛(加藤あい)たちが明日香にどう右腕のことを話したのか描かれず、ランチのみかん話でごまかされたこと。

もう一つは工場で土屋の家族になぜ響は「僕は助けたいです」なんて言わせたのか?。DMAT以前に医師なら、救急救命士ならそこにある傷ついた人間を助けるべきだと思うが…

あとがき

今回のヴァイオリニストになると言う希望を断たれた音大生と末期がんの町工場の工場長の仕事や家族や社員たちへの想いを上手くオーヴァーラップさせて、『救命病棟24時』や『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』なら確実に感動的なお話になってたでしょうね。

しかし、本作には合わない感動話でした。主人公の設定と思いついたエピソードをくっつけただけって感じしか残りませんでした。視聴率も前回5.0%になりました。もうこの脚本家コンビでは尻上がりは難しいかもしれません…残念。
ちなみに、次回第7話は21時30分スタートです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
Dr.DMAT オリジナル・サウンドトラック
Dr.DMAT~瓦礫の下のヒポクラテス~ 1 (ジャンプコミックスデラックス)
ドラマ「Dr.DMAT」主題歌:関ジャニ∞「ひびき」(初回限定盤)(DVD付)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5243/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/388510387.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Dr.DMAT 第6話

第6話「余命なき緊急手術」2014.2.13 ON AIR ある日、有栖川総合病院のERに道端で倒れていた土屋(小倉一郎)という男性が運び込まれた。響(大倉忠義)たちが処置をしていると、さらに交通事故で右腕を開放骨折した明日香(徳永えり)という女性も運ばれてきた。土屋は通…

Dr.DMAT 第6話

「余命なき緊急手術」 内容 ERに道で倒れていた男性(小倉一郎)が運ばれて来た。 八雲(大倉忠義)らが処置をしていたところ、 交通事故で腕を骨折した女性(徳永えり)が運ばれてくる。 男性には、通院歴がアリ。名前は土屋哲也。末期ガン患者だった。 女性は、江...

Dr.DMAT #06

『余命なき緊急手術』

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR