福家警部補の挨拶 (第3話・1/28) 感想

フジテレビ『福家警部補の挨拶』公式
第3話『プロジェクトブルー』『(ラテ欄)シュールな死体…!?凶器は偽物か本物か』の感想。
なお、大倉崇裕氏による原作小説は未読、NHK版ドラマ(2009年)も未見。


人気フィギュア造形作家の新井(北村有起哉)は、同業者の西村(片桐仁)を殺害する。新井は以前、希少なロボットフィギュア「ミリバール」の偽物を作って売りさばいており、それを知った西村に脅迫されたのだ。新井は、持参した本物のミリバールを凶器に使い、偽物を持ち帰る。福家(檀れい)は、犯人が持ち去った西村のフィギュアを特定するため、新井を訪問。そして、犯人が貴重なミリバールを凶器としたことに疑問を抱く。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

好みの問題として、映像としての面白味に欠ける…

決して面白くないのでは無いが、個人的な好みとして、どうしても本作に物足りなさを感じてしまう。原作があって福家のキャラがあって演者が決まっていてと言う状況では、本作のような表現になってしまうのはしょうがないと思う面もあるし…

ただ、ここまで福家(檀れい)が喋りっ放しだと、いくらカット割りに凝っていろんな福家を映し出しても、(壇さんのファン以外には)台詞を中心に魅せると言うスタイルは多くの視聴者には訴求力に乏しいと思う。

もう少し“味わい”みたいな“らしさ”が欲しい!

石松(稲垣吾郎)が中途半端なのも残念。今更だが、いっそ上手い感じで映像化できるなら、福家と犯人の二人芝居みたいな描き方に徹したら、本作らしい味わいが出て来たかもしれない。ホント、今更だが…

あとがき

壇さんファンのための“福家警部補が犯行と犯人を言葉巧みに紹介するドラマ”として見ると、犯行が起きている様の見せ方も、解き明かす過程の描き方も納得しやすいので、そう言うドラマだと思えば良いのかな。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


   

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
福家警部補の挨拶 (創元推理文庫)
福家警部補の再訪 (創元推理文庫)
福家警部補の報告 (創元クライム・クラブ)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5196/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/386428751.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話 第2話
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

福家警部補の挨拶 第3話

『プロジェクトブルー』 「シュールな死体…!?凶器は偽物か本物か」 内容 フィギュア造形作家・新井信弘(北村有起哉)は、 新発売のフィギュア造形に忙しくしていた。 そんなある夜のこと、 呼び出しを受けていた同業者の西村浩(片桐仁)のもとへ向かう。 西村がと...

「福家警部補の挨拶」第3話 感想

 福家がいつから新井を犯人と疑っていたのかなぁ。  現場のゴミ入れにあった綿棒を見ていましたが、偶然フィギュアの専門家に話を聞こうと訪れたオフィス。  新井が同じ形状に綿棒を折って捨てます。  その時から怪しいと睨んだのでしょうか?  …たぶんそうなんでしょうね。  いつから犯人と疑かったのかを、犯人も質問しないし福家も特に説明しようとはせず。  決定的な何かを閃いたり何かを掴ん...

福家警部補の挨拶 #03

『シュールな死体…!?凶器は偽物か本物か』

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR