ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


2

相棒season12 (第13話・1/22) 感想

テレビ朝日『相棒season12』公式
第13話『右京さんの友達』の感想。


右京(水谷豊)は紅茶愛好家の集まりで毒島(尾美としのり)と知り合う。程なく、毒島から茶会に誘われた右京は、享(成宮寛貴)と共に自宅アパートを訪問。1年前、隣室で住人の静香(佐藤寛子)が刺殺され、恋人で小説家の烏森(加藤厚成)が逮捕された事件を調べ直すことになる。やがて右京は、無職だという毒島が、ミステリー小説批評家としてインターネット上で信頼される存在であることを知る。(内容変更の場合あり)
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

「相棒」ファン好みの洒落たエッセンスが満載!

前回、前々回が右京(水谷豊)と享(成宮寛貴)が別行動の回だったのに対して、珍しく二人がベッタリと容疑者と向き合うと言う文字通り“相棒”らしい話。そんな脚本は『相棒』は初担当の真野勝成氏、演出はいつもの橋本一氏。

『相棒』でお馴染みの脚本家とは違った“相棒らしさ”を、「相棒史」みたいなのをチラリと覗かせつつ、不思議な香り満々な紅茶愛好家・毒島(尾美としのり)との三つ巴を巧みな構成で描いて、脚本と演出が相乗効果を生んで面白かった。

3人の距離感の魅せ方が見事!

特に絶妙だったのは、右京と享、右京と毒島、享と毒島、“相棒”と毒島と言う4種類の人間関係のベクトルの脚本的な描き方や映像的な魅せ方だ。付かず離れず押したり引いたりの心理的な駆け引きを、小説や紅茶や愛犬などのアイテムを遣って自然に描いていたと思う。

難があるとすれば…

ただ、難があったとすれば2つ。1つは上記の4つの距離感を描くのに時間を割いたためだろうか、毒島の隣室に住む静香(佐藤寛子)と恋人でミステリー作家の烏森(加藤厚成)のカップルの脚本的な描き込みが薄くなり、映像的な見せ方もあっさりしてしまったところ。

もう1つは、こう言う話は好みがハッキリしてしまうところ。しかし、謎解きやミステリー好きならたまにはこんなドタバタせずにじっくり紅茶の香りを楽しむような回も味わいがあって良かったと思う。

あとがき

今回は面白かったです。物語の世界観に吸い込まれてしまいました。って、私も毒島のように酷評ばかりじゃないって意思表示では無いです。まっ、私の場合は好き勝手に感想を書いてるだけで、批評の類では無いですが…

次週1/29(水)の放送はお休みです。次回第14話『顔』は2月5日(水)21時から放送です。それにしても、尾美としのりさん、良い味出しますねえ。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
相棒season12 オリジナルサウンドトラック (2枚組ALBUM)
「相棒 捜査一課 伊丹憲一」 オフィシャルフォトブック (ぴあMOOK)
みんなが好きな『相棒』特命研究ファイル ドラマ『相棒』が100倍おもしろくなる本
相棒 season 11 ブルーレイBOX (6枚組) [Blu-ray]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5177/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/385861977.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話(元旦SP) 第11話 第12話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

この記事のリンク先を修正しました。
ご指摘、ありがとうございました。

http://dmesen.seesaa.net/article/385861977.html
非公開コメント

トラックバック

相棒(12)第13話

「右京さんの友達」 内容 ある日、右京(水谷豊)は馴染みの紅茶店で毒島幸一(尾美としのり)と出会う。 妙に紅茶に詳しい毒島。 “信用出来るのは犬と紅茶だけ。。。” 1週間後、その毒島から“お茶会”に誘われた右京は、 享(成宮寛貴)を連れて、毒島のアパートへと...

「相棒 12」第13話

孤独と孤高は違う… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201401230000/ 【送料無料選択可!】相棒season12 オリジナルサウンドトラック[CD] / TVサントラ (音楽: 池頼広)価格:3,150円(税込、送料別)

相棒 「右京さんの友達」〜孤独と孤高は違う。あなたはその能力ゆえに孤高なのでしょう

 毒島幸一(尾美としのり)は言う。 「自分をわかってくれる人に本当のことを話したかったから」  そうなんですよね、人は<本当の自分>をわかってほしいと思っている。  特に孤独を感じている人間は。  右京(水谷豊)は、そんな気持ちに寄り添い、自作の小説『孤...

相棒12

第13話『右京さんの友達』 

相棒 season12 第13話「右京さんの友達」★尾美ワールド全開「孤独と孤高は違います。」

相棒season12 第13話「右京さんの友達」 今回はアキ(能年玲奈)ちゃんのパパ・尾美としのりさんが中心となった「会話劇」のような 静かなエピソード。 中盤やや退屈だったのですが、最終版の仕上げ部分が素晴らしく出来の良い味わい深い一品となりました。 −◆− なじみの紅茶店でたまたま毒島(尾美としのり)という紅茶に詳しい男性と知り合った右京(水谷豊)さんは、名刺を手渡しまし...

相棒12 第13話

右京さん(水谷豊)は、馴染みの紅茶店で紅茶に詳しい毒島(尾美としのり)と知り合います。 毒島に興味を持った右京さんは、彼に名刺を渡すのでした。 後日、毒島から自宅アパートでの「お茶会」に誘われた右京さんは、亨(成宮寛貴)を連れて出かけます。 毒島の紅茶の淹れ方は、右京さんと同じなので、亨は驚いていました。 彼が右京さんと出会った時に抱いていた犬は、亡くなってしまったよ...

相棒12 テレ朝(1/22)#13

第13話 右京さんの友達 公式サイトから右京(水谷豊)は、なじみの紅茶店で紅茶に詳しい毒島(尾美としのり)と知り合った。毒島から自宅アパートでの“お茶会”に誘われた右京は、享(成宮寛貴)を連れて出かけると、毒島は2人の目の前で右京のようにポットを高く上げて紅茶を注ぐのだ。驚く享…。毒島には紅茶と犬しか楽しみがなく、ほかは信用できないという。右京同様、少々変わり者のようだ。 どうやらそんな毒島...

相棒 シーズン12 - 水谷豊 成宮寛貴

相棒 Season 12 水曜 21:00 テレビ朝日 2013年10月16日~ [キャスト] 水谷豊 成宮寛貴 鈴木杏樹 真飛聖 川原和久 大谷亮介 山中崇史 山西惇 六角精児 神保悟志 小野了 片桐竜次 石坂浩二 ほか [スタッフ] 公式サイト 相棒|テレビ朝日 P DAY プロデ...

相棒 season12 第13話「右京さんの友達」

右京さんの新しい友人は紅茶友達。出会ったのは喫茶店? 紅茶のお店? 随分と趣のあるところだったけど。まるでガーデンパーティみたいですね。右京さんの馴染みの店なのかな。 友人から誘われた最初のお茶会にカイト君を連れて行ったのはなぜだろう。一人で行くことに抵...

相棒感想 相棒Season12 第13話「右京さんの友達」

右京さんの友人、その真意とは

相棒12第13話(1.22)

『右京さんの友達』  脚本:真野勝成 監督:橋本一 杉下@水谷豊はひょんなことから 毒島幸一@尾美としのりという中年男性と知り合いになる 紅茶好きで孤独、どこか似たよったこの人物に誘われて、 毒島のアパートに茶会に招かれた杉下と甲斐@成宮寛貴は 隣の部屋で殺人事件があったことを聞かされる・・・。 「貴方のことを孤独と言いましたが、それは間違いでした。 孤独と孤高は違います。 貴方はその能力...

【相棒12】第13話感想と視聴率「右京さんの友達」

「右京さんの友達」 第13話の視聴率は、前回の18.6%より少し下がって、17.

相棒 season12 第13話 右京さんの友達 感想

冒頭の独白、左文字さんかと思いましたよw 公式HPよりあらすじ 右京(水谷豊)は、なじみの紅茶店で紅茶に詳しい毒島(尾美としのり)と知り合った。 毒島から自宅アパートでの“お茶会”に誘われた右京は、享(成宮寛貴)を連れて出かけると、毒島は2人の目の前で右京のようにポットを高く上げて紅茶を注ぐのだ。驚く享…。毒島には紅茶と犬しか楽しみがなく、ほかは信用できないという。右京同様、...

相棒12「右京さんの友達」

久々に右京さんと、紅茶とミステリーでシンクロする人物、登場。3人のお茶会が舞台となり、さりげなく、相棒史も織り込まれ、なかなか味のある面白いオハナシでした。そんな人並みすぐれた能力をもつ人物の孤独と孤高についても考えさせられ、興味深かったです。でも、「自分をわかってくれる人に本当のことを話したかったから」 のですから、久々に出ました、右京さんの小説の形で真相が推理され、嬉しかったでしょうね。...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: