●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

失恋ショコラティエ (第2話・1/20) 感想

フジテレビ『失恋ショコラティエ』公式
第2話『今夜も“妄想”と片想いが止まらない』の感想。
なお、水城せとな氏の原作漫画は未読。


爽太(松本潤)の店「ショコラ・ヴィ」の開店初日、人妻になった紗絵子(石原さとみ)が開店祝いに訪れ、爽太の妄想は爆発寸前に。紗絵子を振り向かせるため「悪い男」になると決めた爽太は、再び来店した彼女に冷たい態度を取る。爽太の策略を知り複雑な思いを抱く薫子(水川あさみ)。そんな折、人気ショコラティエ・六道(佐藤隆太)の店が開店。早速、買いに行った紗絵子が六道のチョコを褒めちぎり、爽太は嫉妬に苦しむ。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

【閲覧注意】本作を楽しんだ方は読まない方が良いです。

一応、備忘録として…

久し振りにオンタイムで観たのがいけなかったに違いない。冒頭3分半でリタイアしてしまった。しかし、夜中に改めて録画を音付き倍速再生で観たら、何とか完走できたから、感想を備忘録として残そうと思う。

コメディ部分の描き方を工夫すれば…

コメディ部分とそうでない部分をキッチリ分けて描いた方が良いと思う。どうも二つの要素の境目が解り難くて、結果的に互いが障害物となり、メリハリがつかずテンポも悪くなっているのではないだろうか。

もっと演出で視覚的にコメディ部分だけ表現を変えたらどうだろう。そうすれば、少なくとも私の「このシーンはどっち?」と言うイライラ感は無くなるはずだ。

狙ってるんだと思うが…

ラブシーンが美しくないと思う。別に『月9』のラブシーンは清く正しく美しくなんて思わないが、性的ないやらしさに加えて、つくり手の大人の事情的ないやらしさが見えてきて、急激に醒めてしまう。

出演者のファンはうっとりと満足できるのだろうが、もう少し普通に挿入できないものだろうか。まあ、出演者のファンが楽しむドラマだから、それ以外の人間が茶々を入れる必要もないか。

あとがき

もしかすると感想は今回が最後になりそうなので、ちょっと第2話の感想から話を逸らします。私は基本的に原作と比較しない立場なので、ここからは飽くまで私の“勘”ですが、原作漫画のドラマ化と言うか映像化に失敗している気がするんです。

その理由は、この設定や登場人物たちが、このドラマの中で魅力的に映らないからです。
※決して、演者が魅力的でないと言う意味ではありません。

ただ、漫画の世界だからこそ活きてくる物語や生き生きとする登場人物ってのがあると思います。これは、逆にテレビドラマだからこそ、劇場映画だからこそ、小説だからこそ、外国映画だからこそ、絵画だからこそとかと同じように。

それがメディアの違いであり、表現者のクリエイティビティだと思います。ですから、私は原作とテレビドラマは比較せず、個別の創作物として楽しみたいし感想を書いています。まっ、本作の感想とは関係ないですが…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
失恋ショコラティエ ショコラなしでは苦すぎる (フラワーコミックスルルルnovels)
失恋ショコラティエ コミック 1-7巻セット (フラワーコミックスアルファ)
失恋ショコラティエ 1 (フラワーコミックスアルファ)
Bittersweet(初回限定盤)(DVD付)


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5172/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/385804060.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

失恋ショコラティエ 第2話

念願のチョコレート専門店「ショコラ・ヴィ」をオープンさせた爽太(松本潤)は、初日から賑わう店内を見て、幸せな気分に浸っていました。 そこに、お祝いの花籠を持って現れた紗絵子(石原さとみ)を見た爽太は気分をますます高揚させて、紗絵子の方は華やかなチョコレートやスイーツの数々に目を輝かせます。 いくら大好きなチョコレートがいっぱいだからと言って、ここにベッドを入れて住みたいと言い出す...

失恋ショコラティエ 第2話

「誘ってる?これって 誘ってる?  いや いや いや。そんなわけ ないでしょ とはいえ メール送ってくるってことは やっぱり・・・・。 いや待て駄目だ 駄目。 すぐ返信したら 軽く見られる 俺は 悪い男になるって決めたんじゃないか----! でも・・じゃあ いつ?いつ 返信したらいいんだ~~??」 結局メールの内容は↑なことで・・。 一喜一憂してた爽太はかわいいけど ホン...

失恋ショコラティエ二話感想

二話、なかなかよかったな。一話は妄想シーン激しいし、いきなりパリいっちゃうし(苦笑)好きな女のために、しかも完全に振られた片想いのために突っ走る男が主人公・松本潤。 一番好きなチョコメーカー・ボネールのショコラティエになって、自分の作ったチョコを食べておいしいと思ってもらいたいという野望。キモイ・・。が、この一念が日本で自分の店まで持ち、チョコレート王子と言われるまでになる。。すげー(笑)

失恋ショコラティエ #02

『今夜も“妄想”と片想いが止まらない』

失恋ショコラティエ 第2話:今夜も”妄想”と片想いが止まらない

爽太、やってもた・・・Σ( ̄▽ ̄ノ)ノえっ! う〜ん、爽太ってば紗絵子さん一筋なくせに、えれなとそうゆう関係に なっちゃうんだ・・・ そして、わざとそっけなくしたり、駆け引きもしちゃうのね まぁ、常に紗絵子さんに尻尾ふりまくりじゃ割りに合わないから こうゆうのも...

失恋ショコラティエ 第2話

「今夜も“妄想”と片想いが止まらない」 内容 ついに念願だったショコラティエをオープンさせた爽太(松本潤) 紗絵子(石原さとみ)が結婚したことを気にも止めず、 オープン初日にやって来たことだけで、爽太は舞いあがり妄想する。 当の紗絵子も、チョコを見て大喜び...

【失恋ショコラティエ】第2話 感想

気持ちは見せなきゃいけないけど、なめられても駄目だから。 ただ犬みたいに真っすぐ追い掛けたって紗絵子さんはそんな男に心動くタイプじゃない。 そもそも学校中のイケメンを食い倒してきたような女だよ? こっちがあえて敷居を少し高くして甘い蜜をたっぷり用意してさ。 …こう。 向こうから寄ってくるようにいっぱいワナを仕掛けなくちゃいけないんだ。 何ていうかな。 俺はもっと… ...

失恋ショコラティエ - 松本潤 石原さとみ

失恋ショコラティエ 月曜 21:00 フジテレビ 2014年1月13日~ [キャスト] 松本潤 石原さとみ 水川あさみ 水原希子 溝端淳平 有村架純 加藤シゲアキ(NEWS) 佐藤隆太 竹中直人 ほか [スタッフ] 原作:「失恋ショコラティエ」水城せとな (小学館フラワーコミックスα) 脚本:安達奈緒子 演出:松山博昭 ...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR