S -最後の警官- (第2話 10分拡大SP・1/19) 感想

TBSテレビ『S -最後の警官-』公式
第2話 10分拡大スペシャル『爆弾魔が銀行襲撃!掲げる信条の激突!』の感想。
なお、原作:小森陽一氏、作画:藤堂裕氏による原作漫画は未読。


営業時間外の百貨店で爆破事件が発生。警察庁特殊急襲捜査班(NPS)隊長の香椎(大森南朋)は、爆破が別の事件の予告ではと警戒する。続いて銀行襲撃事件が発生。犯人は、警察が動き出したら各所で爆発が起きると脅迫する。出動した一號(向井理)らだが、再びNPSの指揮下に入るよう命じられた蘇我(綾野剛)ら警視庁特殊部隊(SAT)は納得できない。一號は状況把握のため蘇我と共に共同溝から行内に潜入することになる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

ただ銃の前に立ち塞がるだけでは主人公に共感できない!

まだ第2話で主人公の素性も良く解らない状態なのに、兎に角主人公が何が何でも犯人を殺さず逮捕することだけを描いていては、いつになっても主人公に共感できない。当blogでは幾度も書いていることだが、主人公が何を原資に何に対して葛藤し行動しているのかが描かれないと面白くないからだ。

しかし、今回も劇中で解るのは、昔の事件がトラウマになっていて犯人は殺したくないと言うことだけ。これでは、一號(向井理)が蘇我(綾野剛)と犯人の間に立つ理由に乏しくないだろうか。

SATもNPSも同じでは意味が無い!

これが警視庁特殊部隊(SAT)が犯人を射殺しまくって事件を制圧し続ける組織として描かれる中で、主人公が葛藤しつつ、その結果として蘇我の銃の前に立ち塞がるならまだ解る。

しかし、今回の事件解決は、警察庁特殊急襲捜査班(NPS)の速田(平山浩行)銃の発砲によるものだ。こうなると事件現場でやってることは、SATもNPSも変わらないではないか。

まずはSATもNPSの違いを見せて欲しい!

そもそも本作は、SATの機動力と警視庁特殊犯捜査係(SIT)の捜査力を併せ持ち、犯人を生かしたまま確保することを目的として新たに組織されたNPSと、一人の警察官として同じ目的意識を持つ主人公の物語ではないのか。

だとすれば、まず劇中でやるべきは捜査権を持つNPSとそうでないSATの違いを“見える化”だ。それをせずして、主人公が幾度も蘇我と犯人の間に立っても、本作らしさを創り出すことは難しいと思う。

あとがき

主人公の警察官がトラウマを抱えつつ必死になって事件を解決するドラマなら、他の作品と変わりません。それらとの差別化こそが、この原作を選択した目的だろうし(私は未読ですが)、それをしてこと面白いドラマになると思います。

ただ、予告編を見る限りでは、差別化よりも合同訓練をするみたいなので、期待薄って感じですけど…

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
日曜劇場『S-最後の警官-』OFFICIAL BOOK (小学館ビジュアルムック)
Sエス―最後の警官―(1) (ビッグコミックス)
小説 Sエス―最後の警官― 1 (小学館文庫 わ 9-8)
SODA 2014年 3/1号 【表紙 グラビア&インタビュー】 向井理


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5166/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/385602314.html でも、TB受付けております。

【これまでの感想】
第1話
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

S-最後の警官- #02

『爆弾魔が銀行襲撃!掲げる信条の激突!』

「S -最後の警官-」最終事件解決手段2一號の説得に爆弾犯の心には届かず甘いやり方に蘇我はお前を認めないと突きつけた

「S -最後の警官-」第2話はデパートで起きた爆破事件で動く事となったNPSは加入したばかりの一號に出動命令が下る。出動を待機していたNPSだったが、その間に銀行が占拠され多数の人 ...

S−最後の警官− 第2話

「爆弾魔が銀行襲撃!掲げる信条の激突!」 内容 第3の“S”特殊急襲捜査班“NPS”に配属された神御蔵(向井理) と同時に、NPSの正式稼働もはじまる。 そんなある日。古橋(池内博之)梶尾(高橋努)から、 合コンのセッティングを命じられる神御蔵。 仕方なく、...

S-最後の警官- 第2話

事件のない日々が続き、一號(CV:向井理)たちは訓練をするだけの毎日でした。 副官の速田(平山浩行)は、嘘の付けない一號に対して特殊部隊に秘密保持出来ているのか不安を口にします。 そして、梶尾(高橋努)からはチーム結束にも繋がる合コンをセッティングするように指令が下るのでしたw 一號が仕方なく、ゆづる(吹石一恵)に合コンのセッティングをお願いしていると、停車したスポーツカー...

S−最後の警官− 第2話★向井理と綾野剛が爆弾犯の前で口論?!

S−最後の警官− 第2話 「爆弾魔が銀行襲撃!掲げる信条の激突!」 不覚にも、初回で見逃していたのですが登場人物名などが、ウルトラマン、ウルトラセブン、ウルトラマンティガなどに由来してるようです。(原作読んで知ってる人は知ってるんだろうなぁ。) 警備犬「ポインター」は、言わずと知れたウルトラ警備隊の車両名。 「一號」ってのは、もしかするとウルトラホーク1号? NSPの速...

S‐最後の警官‐ 第2話:爆弾魔が銀行襲撃!掲げる信条の激突!

蘇我ちん・・・((*≧m≦)ププッ ただ一號に話があって出向いただけなのに、やっぱ蘇我ちんモテモテ 香椎さんは最初から合コンに行く気は無かったのかな? 特殊任務から無事生きて帰るための励みにしようって事で話に乗っただけ? だけどポインターの話しかしない梶尾に、...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR