独身貴族 (第11話 最終回・12/19) 感想

フジテレビ『独身貴族』公式
第11話 最終回『恋の結末』の感想。


姿を消したゆき(北川景子)から退職願が届き、川越(藤ケ谷太輔)や須美花(蓮佛美沙子)は驚く。だが、守(草ナギ剛)は平然と「ゆきの意思だから仕方がない」と言う。同じ頃、進(伊藤英明)は玲子(平岩紙)と対面する。玲子から、星野家の長男の嫁に受け継がれるネックレスの在りかを聞かれた進は、ゆきが持っていることを明かす。一方、ゆきは青森の実家へ帰っていた。明るく振る舞うゆきに、母・さち(市毛良枝)は心配が募る。そこへ、執事を伴い玲子がやって来る。そんな折、ゆきが脚本を書いた映画の主演俳優・山下智久(本人)が、せりふにクレームを付け、ゆきとの面会を求める。ゆきに連絡を取った守は事情を説明し、ゆきが書いた脚本なのだから山下と話すべきでは、と告げる。
---上記のあらすじは[インターネットTVガイド]より引用---

一気に進みすぎ、一気にまとめすぎ!

まさかここまで一気に進んでまとめてくるとは思わなかった。と言うか、こう言う結末になるのは想像できたから、前回の感想でも“「映画の脚本」と「恋バナ」のバランスさえ良ければ!”と書いたのだ。

だから、ゆき(北川景子)の視点からの“恋バナ”をもっとしっかり描くべきだったと思う。最終回を半ば唐突に守(草ナギ剛)とゆきの恋愛ドラマに仕立てるのは勝手だが、それなら最初から三角や四角関係でドタバタやることは無かったと思う。

あとがき

もっと劇中のBGMのようにゆったりとゴージャスに描けば、ベタな内容でも違った印象になったでしょうね。最終回が残念な仕上がりなのは、本当に残念です。ただ、何とかまとまったのは草ナギ剛さんの演技と言うか存在感だったのは認める所です。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


     

★ケータイの方は下記リンクからご購入できます。
フジテレビ系ドラマ「独身貴族」オリジナルサウンドトラック
独身貴族のテーマ(希望)
独身貴族のテーマ(ノスタルジー)
独身貴族 [単行本]


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/5086/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → コメント欄に、ブログ名、記事のタイトル、URLをご記入下れば、確認次第公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
なお、【Seesaaブログ】http://dmesen.seesaa.net/article/383133729.html でも、TB受付けております。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

独身貴族 #11 最終回

『恋の結末』

独身貴族 第11話(最終回)

「恋の結末」 内容 完成した脚本を守(草なぎ剛)たちに残し、ゆき(北川景子)は姿を消した。 その直後、退職願が届けられる。“彼女の意思だから”と守は言うが。。。 そんななか、進(伊藤英明)は、玲子(平岩紙)から呼び出しを受ける。 星野家のネックレスが、ど...

独身貴族最終回感想

周りの御膳立てが凄まじいな!(笑)山ピーまで参加して。。でも、肝心の主人公、草彅剛がごねるごねる!なぜそこまで意固地になるのか、両想いなのに~!!(泣)ポロポロ泣いちゃう北川景子が超可哀想だわ。好きだけど、自分の気持ちがざわついたり浮ついたり制御できなくなるのが嫌だからくっつけません・・とか。。北川目線だと、うれし?悲し?どっち?ああ駄目か的な。。わかりずらいわ!(笑)でもそんなわかりづらい...

独身貴族 #08~#11(最終回)ざっくり感想

公式サイト ずいぶんとさぼってしまいました。本当はリタイア宣言をして、クールまと

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR